みんなのお仕事相談所

「みんなのお仕事相談所」では、ユーザーさまのご依頼の相場や製作期間、
契約書やお金に関する悩みを気軽に相談できるQ&Aコミュニティです。
違反案件についてはよくある質問の「【共通】違反のお仕事とは」をご覧ください。
また、違反報告についてはよくある質問の「【共通】違反報告とは」をご確認ください。

発注者からの相談
Windowsアプリケーション開発の見積もり・相場に関する相談

契約後の固定報酬について

解決済
回答数
3
閲覧回数
227
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

Windowsアプリケーション開発の契約をしたのですが
要件が満たされていないツールを納品されました。

その人の能力上なのか、これが限界と言われています。

ツール作成の工数がかかってるのは理解しますが、
要件満たされていないものを納品と扱い、支払うことは私としても認められず
もめています。

このようなケースではどのように対応すべきでしょうか。


よろしくお願い致します。

2024年04月21日 23:38

ベストアンサーに選ばれた回答

ezukiさんからの回答

こんにちは。
それは大変な思いをなさいましたね。

(Q)Windowsアプリケーション開発の契約をしたのですが
要件が満たされていないツールを納品されました。
その人の能力上なのか、これが限界と言われています。

(A)残念ながら、そういうことはたまに見聞きしますよ。
私自身も、過去にかなりの回数、仕事の募集要項の条件に満たさないのに応募しているワーカーさん達を見かけました。
見抜くにはプロフィールの言葉や応募メッセージの意気込みではなくて、単純にプロフィール欄の「☆、プロジェクト完了率、過去の評価コメント、過去にやってきた仕事」で見るしかないです。
ツール作成など責任重大な仕事は、すでに同様の仕事を十件以上こなしているワーカー様が望ましいかもしれません。

しかし中にはかなり悪質で、最初から狙ったのか、ほとんど仕事もしないでお金だけ要求する悪徳ワーカーもいるようです。
過去の被害者の方が言っていたのは、「その悪徳ワーカーは日本語が不自然だった」とのことです。
普段のメッセージのやりとりに、おかしな言葉遣いなどはありませんでしたか?


(Q)このようなケースではどのように対応すべきでしょうか。

(A)良心的なワーカー様なら、実力不足と分かった時点で契約途中終了リクエストを出すか、時間をかけて勉強して修正して頑張ろうとするか、納期前に真実を話してどうすべきか相談してくると思います。
でも、相手はそんな感じではないのでしょうね。
もし契約してお金もらうのが目的のワーカーに狙われてしまったのなら、クラウドワークス側に仲介をお願いしても動いてくれないと思うので、どうしようもできないと思います。
そういう場合は、最終的には泣き寝入りになってしまうみたいですね。

ただそこまで悪質でもなく、ある程度まともに話ができそうなワーカーなら、あくまで一案ですがこの2つを検討できます。

【パターン1・条件変更リクエストでお金を渡して終了】
成果物が完成しなかった、ということで、減額交渉で手を打つのはいかがでしょうか。
・要件が満たされていないツールであり、使用できないため開発は中止せざるを得ない
・これが限界で要件を満たせないのなら納品時ではなく、そう理解した時点で相談してほしかった
という2点を冷静に主張し、
・今回は納品不可とするが、減額をお願いしたい
・「条件変更リクエスト」にて金額を半額程度、もしくは進行した割合分の金額をこちらから提示
・条件変更でOKしてもらえるなら条件変更リクエストに同意の上で、再納品してもらい検収する
という形でいいか打診し、OKなら双方痛み分けという形で手を打ってはいかがでしょうか。
契約終了後には評価の☆と評価コメントにて、きちんと真実をありのまま書いてもいいでしょう。
ただ反省して謝罪しているようなら、辛口コメントはせず、評価も良いか評価無しで終わるのもいいと思います。
要するに、相手の態度次第ですよね。

【パターン2・修正して再納品してもらう】
やる気があり、かつあなた様も納期に余裕がある状態なら、要件を満たすまで頑張って修正してもらうといいと思います。
この場合は、検収不可で、相手が再納品する形ですね。
頑張ってくれたなら、たとえ最終的に要件を満たさない成果物でも、検収して悪い評価ではなく頑張りを認めたコメントを書いてあげてもいいでしょう。


態度が悪いワーカーなら、↓の2つしかないと思います。

【パターン3・契約途中終了リクエスト】
態度が最悪なら、これでもいいと思います。
ただ散々ごねられそうなので、何度もリクエスト出して放置か、パターン4になるかのどちらかになりそうですが。

【パターン4・諦める】
検収して支払い、今まであった経緯をすべて評価コメントに書いて☆オール1をつけるのもいいかもしれません。
完全敗北ですが、あなた様の貴重な時間を減らすことはなくなるはずです。
結局、別の人の発注し直しをしないといけない状態では、これ以上関わることは時間の無駄になるので、多少のお金を渡して手を切るしかないと思います。
そうしないと、次に進めませんしね。
一方的にこちらが損をしてしまいますが、相手と関わり続けると「あなたの時間的損失」「あなたの時給分の損」の方も大きくなるはずです。
本当に悩ましい話ですが、あなた様の労働時間のロスと天秤にかけてもいいと思いますよ。


あなた様も大変でしたね。
心中お察しいたします。
今後、良いワーカー様と出会えるよう、心よりお祈りいたします。

2024年04月22日 08:50
相談者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。
悩んだ結果、減額調整を行うことにします。

2024年04月25日 22:20

すべての回答

ezukiさんからの回答

こんにちは。
それは大変な思いをなさいましたね。

(Q)Windowsアプリケーション開発の契約をしたのですが
要件が満たされていないツールを納品されました。
その人の能力上なのか、これが限界と言われています。

(A)残念ながら、そういうことはたまに見聞きしますよ。
私自身も、過去にかなりの回数、仕事の募集要項の条件に満たさないのに応募しているワーカーさん達を見かけました。
見抜くにはプロフィールの言葉や応募メッセージの意気込みではなくて、単純にプロフィール欄の「☆、プロジェクト完了率、過去の評価コメント、過去にやってきた仕事」で見るしかないです。
ツール作成など責任重大な仕事は、すでに同様の仕事を十件以上こなしているワーカー様が望ましいかもしれません。

しかし中にはかなり悪質で、最初から狙ったのか、ほとんど仕事もしないでお金だけ要求する悪徳ワーカーもいるようです。
過去の被害者の方が言っていたのは、「その悪徳ワーカーは日本語が不自然だった」とのことです。
普段のメッセージのやりとりに、おかしな言葉遣いなどはありませんでしたか?


(Q)このようなケースではどのように対応すべきでしょうか。

(A)良心的なワーカー様なら、実力不足と分かった時点で契約途中終了リクエストを出すか、時間をかけて勉強して修正して頑張ろうとするか、納期前に真実を話してどうすべきか相談してくると思います。
でも、相手はそんな感じではないのでしょうね。
もし契約してお金もらうのが目的のワーカーに狙われてしまったのなら、クラウドワークス側に仲介をお願いしても動いてくれないと思うので、どうしようもできないと思います。
そういう場合は、最終的には泣き寝入りになってしまうみたいですね。

ただそこまで悪質でもなく、ある程度まともに話ができそうなワーカーなら、あくまで一案ですがこの2つを検討できます。

【パターン1・条件変更リクエストでお金を渡して終了】
成果物が完成しなかった、ということで、減額交渉で手を打つのはいかがでしょうか。
・要件が満たされていないツールであり、使用できないため開発は中止せざるを得ない
・これが限界で要件を満たせないのなら納品時ではなく、そう理解した時点で相談してほしかった
という2点を冷静に主張し、
・今回は納品不可とするが、減額をお願いしたい
・「条件変更リクエスト」にて金額を半額程度、もしくは進行した割合分の金額をこちらから提示
・条件変更でOKしてもらえるなら条件変更リクエストに同意の上で、再納品してもらい検収する
という形でいいか打診し、OKなら双方痛み分けという形で手を打ってはいかがでしょうか。
契約終了後には評価の☆と評価コメントにて、きちんと真実をありのまま書いてもいいでしょう。
ただ反省して謝罪しているようなら、辛口コメントはせず、評価も良いか評価無しで終わるのもいいと思います。
要するに、相手の態度次第ですよね。

【パターン2・修正して再納品してもらう】
やる気があり、かつあなた様も納期に余裕がある状態なら、要件を満たすまで頑張って修正してもらうといいと思います。
この場合は、検収不可で、相手が再納品する形ですね。
頑張ってくれたなら、たとえ最終的に要件を満たさない成果物でも、検収して悪い評価ではなく頑張りを認めたコメントを書いてあげてもいいでしょう。


態度が悪いワーカーなら、↓の2つしかないと思います。

【パターン3・契約途中終了リクエスト】
態度が最悪なら、これでもいいと思います。
ただ散々ごねられそうなので、何度もリクエスト出して放置か、パターン4になるかのどちらかになりそうですが。

【パターン4・諦める】
検収して支払い、今まであった経緯をすべて評価コメントに書いて☆オール1をつけるのもいいかもしれません。
完全敗北ですが、あなた様の貴重な時間を減らすことはなくなるはずです。
結局、別の人の発注し直しをしないといけない状態では、これ以上関わることは時間の無駄になるので、多少のお金を渡して手を切るしかないと思います。
そうしないと、次に進めませんしね。
一方的にこちらが損をしてしまいますが、相手と関わり続けると「あなたの時間的損失」「あなたの時給分の損」の方も大きくなるはずです。
本当に悩ましい話ですが、あなた様の労働時間のロスと天秤にかけてもいいと思いますよ。


あなた様も大変でしたね。
心中お察しいたします。
今後、良いワーカー様と出会えるよう、心よりお祈りいたします。

2024年04月22日 08:50
shinkakuさんからの回答

スポーツ施設の自動予約の件でしょうか?
東京都側としても利用権の転売や、他の利用者との公平性の問題から、botからの操作を制限している可能性があります。
もしそのような事が原因の場合は依頼内容自体に無理があったことになりますので、発注者責任として損切りした方が良いです。

2024年04月22日 09:43
wateronoさんからの回答

tennis777様。
·東京スポーツ施設予約サイトのツール改修(Python)の案件ですか?
·必要ツールの確認は東京都にしまさたか?
·東京都スポーツ施設サービス
·区によってサービス施設には制限があります。
>その人の能力上なのか、これが限界と言われています。
※それでツール制作限界の成果物納品したのではないですか?
※スポーツ施設各区に制限違反罰則があります。
·発注者に不備があると、報酬は払った方がいいです。
※制限違反罰則の対象者のtennis777様になります。
※ツール制作の限界であればスキルが無かったと諦めるしか無いと思います。
·契約途中終了リクエスト送信して下さい。
・支払うか契約途中終了リクエストです。
判断は僕には出来ませんので、2点の中からtennis777様判断して下さい。
・個人的にはそれも踏まえて契約してるので
契約途中終了リクエストでもいいと思います。
踏まえたうえでの契約ですからお疲れ様です。

2024年04月24日 01:24
不安や疑問に真摯に向き合い改善につとめます クラウドワークス安心安全宣言