×
  1. マスコットと連携し、現在時刻等の読み上げを設定できるアプリ
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
iPhone・iPadアプリ開発の見積もり・相場に関する相談

マスコットと連携し、現在時刻等の読み上げを設定できるアプリ

回答
受付中
回答数
4
閲覧回数
785

160x160

(退会済み)
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

iPhone・iPadアプリ開発の依頼を検討しており、下記のようなサービスを作りたいと思っているのですが、どれくらいの相場感・費用になるかがわかりません。
下記に要件を書きますので、簡単な見積もりをいただけませんでしょうか。

1.作りたいサービスのイメージ(コンセプトなど)
  -マスコット(ぬいぐるみ)とiPhoneアプリを連携させ、マスコットが現在時刻・その日のスケジュール・天気・運勢を読み上げる。
  -現在時刻の読み上げが最優先で、その日のスケジュール・天気・運勢はいつ読み上げるか(分単位で)設定可能にする。
  -最大1週間分設定できるようにする。
  ※iPhoneに元々入っているリマインダーアプリで1週間分設定できるようなイメージです。

2.必要な機能
  -現在時刻
  -スケジュール
  -天気
  -運勢

連携の仕組みも実現可能性も全く分からない状態で、さらに漠然とした内容で大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。

2014年11月09日 23:44
qsoftさんからの回答

こんにちは。

以前、bluetooth連携ものはやったことがあるので、
たぶん、要素に分けると、こんな感じになります。

1、ぬいぐるみ本体
2、ぬいぐるみに埋め込むハードとソフト部分
3、bluetooth通信するiPhoneアプリ部分

こちらで作るのは2、3だと思いますので、
ざっくりですが、諸々合わせて100万から150万くらいあれば、
やれると思います。

これは1体作るコストですが、
1体作れば、あとはコピーして量産して頂くのは
やり方教えます。

ご参考ください。




2014年11月10日 12:48
ITD Raccoonさんからの回答

お世話になります。 IT Design Raccoon と申します。

ご提示されている内容が現時点だと曖昧ですので、私の経験から回答させて頂きます。

まず、「ぬいぐるみ」の形状にて販売する場合、食品衛生法の指定おもちゃに該当する可能性が高いです。
この場合、定められた規格内での設計・評価が必要となり、応じて開発費がかさみます。
事前に厚生労働省へ確認することをお勧めします。
(同様のぬいぐるみを指定外として扱って販売した企業が罰則を受けた実例を知っています)

この手の話は非常にポピュラーですので、インターネットで検索すれば大量に情報が出てきます。
後の祭りにならないよう、ご自分で事前に調べておくことを強くお勧めします。
(誰かが大丈夫と言っても、何かあった際に責任を負うのはご質問者様です)

さて、費用感についてですが、前述の指定おもちゃに該当するか否か、
仕様(クオリティ)をどこまで求めるかにもよりますが、おおむね以下のような感じかと思います。
(ご提示されている機能をシンプルに実装した場合を想定しています)

■指定おもちゃの場合
マスコット(ぬいぐるみ)開発費 250万~350万
iOSアプリ開発費 20万~50万

■指定おもちゃにならない場合
マスコット(ぬいぐるみ)開発費 100万~150万
iOSアプリ開発費 20万~50万

只、上記は私の経験上ですので、ご参考までに。

2014年11月12日 14:05
100x100
(退会済み)
相談者コメント

qsoft様

ご回答有難うございます。
2,3を作って頂くことになるということですが、できれば量産する場合のコストもどのように計算されるのかお答え頂けると嬉しいです。本当に無知な状態で申し訳ありません…。

2014年11月12日 23:49
100x100
(退会済み)
相談者コメント

IT Design Raccoon 様

法律に関してもご助言下さって有難う御座います。確認させて頂きます。
費用に関してなのですが、できればマスコット開発費の内訳も教えて頂けると嬉しいです。内容が曖昧な上に無知で申し訳ありません…。

2014年11月12日 23:55
ITD Raccoonさんからの回答

費用についてですが、現時点ではこれ以上のことは申し上げられません。
あくまでも、「ご提示頂いた機能をもった実装を行うと全体で少なくともこれぐらいいるだろう」といった参考程度のものです。
つまりはざっくりです。「相場感」として考えて頂ければと思います。

詳細なお見積りをお求めになられる場合、より仕様について具体的にしなければ難しいでしょう。
仕様について詳細な内容が詰められていない中で、根拠の無い見積もりをすることになります。
ご質問者様にとっても、メリットはないと思われます。

一度ご質問者様にて仕様について整理して頂いて、見積もり希望の案件として募集しては如何でしょうか。
こちらでのご質問への回答額を参考に、応募された方とより詳細について詰められるとわかりやすいかもしれません。

応募者各人(スキル・経験・環境などなど)でも異なりますので、条件にあった方をお探しになられるといいと思います。
必ず契約しないといけないわけではありませんので、ご安心下さい。

◇仕様について
ではより詳細な見積もりを出すために必要な情報とは何か?
これまたあくまでも一般的にではありますが、少なくとも以下に示す情報は必要です。

■機械設計(今回だと、マスコットの設計)
・大きさ、形状など外観 (外観によって使える部品の選択肢(難易度)が変わります)
・機能(ぬいぐるみとしての動作)
 口や手などは動かすのか、声は出すのか。
・アプリ連携機能
 アプリと連携したい項目。アプリからなんの情報を受け取って、アプリには何の情報を渡すのか
・その他
 音声データは提供するのか開発者に任せるのか
 他に実装に必須な機能

■アプリ設計(今回だと、iPhone/iPad用アプリ)
・デザイン素材(アイコンなど)について提供されるのか
・画面遷移などのフレームワークは決まっているのか
・マスコットと連携させる際の操作など、どんな風にアプリを操作したいのか
・SNSなどの連携や広告表示など、メイン(マスコット連携)以外で必要な機能は何か

などなど。簡単にではありますが。どんな風に依頼したら良いか、ぐぐってみると色々出てきますので、参考にされてみては如何でしょうか。

とりあえず、仕様については「できるかどうかはおいておいて」、「したいことを具体的にしておく」と、
できる/できないも含めた見積もりをもらえると思います。

ご参考までに。

2014年11月13日 00:43
qsoftさんからの回答


>2,3を作って頂くことになるということですが、できれば量産する場合のコストもどのように計算されるのかお答え頂けると嬉しいです。本当に無知な状態で申し訳ありません…。

量産については、プロトタイプ製作後に、
ハードのロット数を決めて、ベンダーに個別交渉して、仕入れコストを計算することになると思います。
あとは、組み立てコストですが、組み立て人材、ソフト管理の人材を準備して、組み立てプロセスを決めて、
それで、トータルコストになっていくと思います。

というのがいわゆる量産ですが、たぶん今回の場合は、バイトを雇って1個作れるように鍛えて、
毎日10個くらいつくるという感じで間に合わせることも可能です。

でも、そんなに無知なら状態なら、やらない方がいいですよ。大事なお金を損しますから。

ご参考ください。






2014年11月13日 12:42
ご意見箱

× 今後表示しない