どんな仕事も、簡単ネット発注。まずは会員登録から!
  1. クラウドソーシングTOP
  2. みんなのお仕事相談所
  3. A3より少し大きな用紙への印刷
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
チラシ作成の見積もり・相場に関する相談

A3より少し大きな用紙への印刷

解決済
回答数
2
閲覧回数
3590
時間があるときに  : 時間があるときに

以下に、簡単に要件をまとめさせていただきますので、
お見積もりをお願いできませんでしょうか。


・最終的に作りたいもの
 
  顧客へ提出用のきれいに綴じられた冊子

・現在の綴じ方法:
 
  A4用紙に印刷した資料を約10~30枚束ね、
  2つ折りにしたA3用紙を表紙・背表紙にし、
  それでもってA4束を挟みこみ、
  折り目の側に、3か所ホッチキス留めし綴じています。
  
  ただ、この方法だと、挟みこむA4の厚みが出てくると、
  A3では納まりきらず、内側のA4用紙が見えてしまいます。

・ご提案・お見積もり願いたいモノ

  通常のA3用紙より、長辺が3mm、短辺が1mm大きな用紙へ、
  弊社既定の表紙・背表紙絵を印刷。(データはPDFでお渡し。)

そもそも、そのような、用紙はあるのでしょうか。
良いアイデアがありましたら、助かります。

★御見積は、下記の書式でご提示願います。
---------------------------------------------------
サンプル2枚 + 原本100枚印刷 及び弊社まで郵送 = 〇〇〇円
---------------------------------------------------

よろしくお願い致します。 
(株)フクカミ 前川

2016年04月26日 17:09

”最終的に作りたい冊子”というのは、
顧客へ提出する見積書になります。
なので、1部づつ内容は異なるもので、
今回の依頼物は、その外側(表紙・裏表紙)になります。

2016年04月26日 18:28 追記
bluetoseeさんからの回答

(株)フクカミ 前川さま

はじめまして。

通常、そのような形の場合は印刷会社で冊子印刷を依頼します。

商業ベースの原稿にトンボと呼ばれる裁ち落としのガイドを入れるのは、仕上がりサイズよりも大きな紙に印刷するからです。

http://www.nik-prt.co.jp/tech/dtp/size/

基本的に、冊子を制作する際には、データをIllustratorの形式で作成し、印刷会社が配布するテンプレートに沿って入稿(ファイルをアップ)します。

PDF入稿に対応した会社も多くありますので、印刷会社に個別に見積もり依頼をしていただくのが得策です。

ラクスル
http://raksul.com/guide/25/
http://raksul.com/booklet/
http://raksul.com/contact/

電話対応窓口がある印刷会社ならば、御社内での作業が少なく済みます。

入稿自体は慣れれば難しいことはないので、社員やスタッフの方でも十分対応可能ではないでしょうか。

bluetosee

2016年04月26日 17:40
うま工房さんからの回答

A3サイズは 297 × 420 ミリ です。
A4をくるむには、それよりやや大きな A3ノビというサイズがあります。
大きさは大体329×483mmくらいです。
データがあるならキンコースなどで自分でプリントすることができます。
http://www.kinkos.co.jp/price/copy_print01.html
不要な部分は裁ち落として使います。

◎ここ、クラウドワークスで発注していただいて、A3ノビ2枚印刷して郵便で送るとプリント料金+手数料+郵送料で2,000円くらいです。
A3ノビの用紙は中身の厚さに合わせてそちらでカットしていただくことになります。郵送料はA4、100枚、関東として計算しています。

◎A3ノビ2枚と見積もり内容100ページを印刷して郵送するとそれに100ページ分の印刷と手数料が乗ります。
白黒で2,000円くらい カラーで7000円くらい?

●しかし中身の印刷や製本も依頼したいのなら、ページ数が多いので、小ロット無線綴じで印刷会社に依頼すると安く、しっかり作れます。
http://www.printpac.co.jp/contents/ondemandmusen_outline.html
厚みを計算しないと背表紙の部分がずれる場合があります。

プリントパックで
一部のみ、全て白黒、で2000円くらい
二部   カラー  で8,000円くらいです

表紙を厚い紙で作り、中を薄い紙にするときれいにできます。用紙の選定やカラーにするか白黒にするか、といったことで費用は変わってきます。

◎データをお預かりして、チェックしたり印刷会社とやりとりしたり、見本をチェックして直すところがあれば直してもらい、OKならそちらに郵送する、という作業だけを請け負うこともできます。背表紙の厚みを計算したり、紙をどれにするか、といったことをお任せいただければ、適当な組み合わせで指定し、サンプルをお送りするまでを実費+5,000円で受けます。

上記の◎の部分は私が受けるならこのくらい、という個人的な考えで出した金額です。キンコースに出かけたり、印刷会社と打ち合わせをしたりが主な仕事になりますので、ほとんど手間賃とお考えください。

●はそちらですると安いですよという方法です。

A3ノビ用紙に印刷して郵送のみなら、もっと安く受けてくれる人もいるかもしれません。

2016年04月27日 00:29
相談者コメント

ご回答で教えて頂いたラクスル社に、
特注として依頼する方針となりました。
ご助言頂いたbluetosee様、うま工房様、
大変ありがとうございました。

また、お仕事させて頂く機会がありましたら、
その時はどうぞ宜しくお願い致します。

(株)フクカミ 前川

2016年04月29日 15:05

× 今後表示しない