×
  1. クライアントからの追加支払いについて【困っています】
みんなのお仕事相談所
受注者からの相談
トラブルに関する相談

クライアントからの追加支払いについて【困っています】

回答
受付中
回答数
4
閲覧回数
1861
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

クライアントからレビュー記事のライティングを2件依頼され、どちらも記事は納品済みでお支払いも頂きました。
レビューはウォーターサーバを利用するもので、契約にかかる費用や解約費はすべてクライアント負担との募集記事を確認して契約しました。しかしその後、1件目の案件が終了すると解約金は払わないので代わりに2件目の案件で乗り換えキャンペーンを利用してキャッシュバックしてもらうよう指示がありました。こうすれば自己負担金がないと案内されたのです。
そして2件目のサーバも使用料が余分にかかるのでと一ヵ月で解約するよう指示をされましたので、そのまま解約し契約終了となりキャッシュバックのお振込みを待っていました。お振込みには3か月かかる旨書かれていたので、しばらく待っていたのですが、3か月が経過しても振り込みがなかったため、メーカーに問い合わせると、キャッシュバックは解約されたあとでは振り込みができないとの回答を頂きました。たしかに、HPを良く確認すると「キャッシュバックの振り込み時に解約されているお客様は対象外」と書かれていたので、メーカーの言い分はもっともです。

ここで私はクライアントにこのようなトラブルで支払いがいただけないので、当初の契約通り解約金をお支払いお願いしますと伝えたのですが、
「確認を怠ったので責任はそちらにある」
「もっと早くに言わないといけない」
「メーカーから支払いがないのに納品してはいけない」
などと、理由をつけて応じてもらえません。

確かに私にも非があります。きちんとメーカーやクライアントに確認するべきでした。その時はクライアント様を信用していたので指示の通りに動いてしまいました。反省して次回に生かさなければと勉強になりました。

そこで、
今回はこの解約料、約10000円を泣き寝入りするしかないのでしょうか?
せめて痛み分けで半額でもお支払いいただきたいですが、勉強代と思って諦めるのが良いのでしょうか・・・。
すでにクライアント様に【★5つ】の評価もしていますので、できれば契約通りにお支払いいただきたいです。

みなさまお忙しいとは思われますが、なにか良い対処法などあれば教えていただけると嬉しいです。

2017年03月31日 16:16
Ctrlさんからの回答

eri.thebestさま、同じワーカーとして一言アドバイスをさせて下さい。

厳し言い方をすれば全て自己責任です。

優しい言い方をすれば、誰も教えてくれない中、クライアントさまの期待に答えるべく頑張った。と言えます。

ただ、知らなかったということであったとしても、報酬を貰う為に、身銭を切ることは、基本的にはアウトです。

それはなぜ、報酬をもらうためとはいえ、先に、10000円払うのか、そういうことです。10000円返ってくる保証?約束?確約?全て言葉だけです。

eri.thebestさまが思うこととは別で、クライアントの立場を利用して、悪質なこと、不快、不愉快なことをされる人間は世の中に山ほどいます。

それは知らないから、相手を信じて、行動に移した結果と言えるでしょう。eri.thebestさまに必ずしも非がある、とは自分は思いません。むしろ良い人だったからこそ、そういったクライアントが足元を見て、ずうずうしく契約をしたのでしょう。

クラウドという顔が見えない、個人情報も見えない、自分を追跡できない立場だと勘違いしているクライアントはたくさんいます。だから、悪いことが平気で出来るんですね。

そして、実際には泣き寝入りしないで済む方法もありますが、疲れます。時間も、更にお金や労力、ストレスも増えるのではと思います。

良い勉強になったと思ってほしいとは思いません。少しでも、相手に制裁を加えたい、もしくはお金が返ってきてほしいと思うのであれば、法律の専門家に相談するべき事柄だと思います。

そして、このことで気に病むのはもう終わりにしましょう。済んだことは済んだこと。1万円くらい、クラウドワークスですぐに稼げますし、悩んでいる時間を仕事をする時間に変換すれば、すぐにペイ出来ます。

今後、また、困ったことがあれば個別に、無償で相談に乗ります。ですから、悩んでいること、困ってしまっている気持ちを、少しでも落ち着けて頂けたらと自分はそう思います。

2017年03月31日 17:40
CodeLabさんからの回答

まず、基本的には自己責任ですので、あなたに非があると思います。
クライアントから言われたことをうのみにせず、自分でよく調べるべきであったと思います。

ただ、立証するのはほぼ無理ですが、詐欺的な行為だった可能性もあります。
たとえば
契約が成約したらキャッシュバックがもらえるようなもの(もしくはそもそも依頼者が契約先業者)で、レビューや記事作成など目的で「解約でお金がかかりません」というような嘘をついて契約させるという手法はありえることです。

1万程度でそんな面倒なことをするとはちょっと思いませんが、念のためクラウドワークスのほうにご相談、通報されたほうがよろしいかと思います。

2017年03月31日 21:14
Ctrlさんからの回答

eri.thebestさま

2012年05月10日に登録し、プロジェクトの実績もないアカウントからの回答を信じるかどうかについてはお任せしますが、非があるのはクライアントであり、ワーカーには無いという前提を忘れないでくださいね。

2017年03月31日 21:19
相談者コメント

みなさまありがとうございます。
後程お一人ずつお返事させていただきます。

2017年03月31日 21:50
ソラ君さんからの回答

ライディングの仕事は、僕はしていませんが。
ビジネスは「契約内容と法律が全てだと思います。」

>>> HPを良く確認すると「キャッシュバックの振り込み時に解約されているお客様は対象外」と書かれていたので、メーカーの言い分はもっともです。

読む限り、メーカーの主張は正論に見えます。
「痛み分け」はこの内容だと難しいと思います。

>>> 勉強代と思って諦めるのが良いのでしょうか・・・。

それが利口だと思います。
相手の主張が「正論」だとお感じになっているのであれば、騒いでも貴方の信用がなるなる「トラブルメーカーのレッテルをつけられる」可能性が高いです。

信用も大事だと思いますので、変なレッテルや評価を付けられることはされた方が良いと思います。

2017年03月31日 22:29
ご意見箱

× 今後表示しない