×
  1. 社会保険労務士事務所の定期的なニュースレター制作(DTP)について
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
DTPの見積もり・相場に関する相談

社会保険労務士事務所の定期的なニュースレター制作(DTP)について

回答
受付中
回答数
2
閲覧回数
237
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

定期的なDTPの依頼を検討中なのですが、どれくらいの相場感・費用になるかがわかりません。

想定しているのは、記事と写真は用意する予定で、全体的なデザインと校正はお願いしたいです。

また、どのような流れでお仕事がいらいできるかご教示ください。


簡単に要件をまとめさせていただきますので、お見積もりをお願いできませんでしょうか。

1.作りたいDTPデザインのイメージ

  -落ち着いた印象
  -シンプル
  -読みやすい
  -親近感がある
  -しっかりした印象

2.ボリューム(パターンなど)
  -A4サイズ
  -両面カラー
  -表紙、裏面込みで8P

3.その他備考(納期など)
  -12月上旬~中旬

よろしくお願い致します。

2018年10月26日 10:58
ソラ君さんからの回答

一般的な相場であれば、ネットで検索すればすぐにでてきますよ。


PageUP
https://pageup.jp/dtp

ここで発注すると多少安くなるかもしれませんが、相場を知りたいなら一般的な企業の見積もりを参考にすればよいと思います。

一般的な依頼の流れで考えるなら、ラフの制作で完成イメージを確認して
納得できたら版下レベルまで落とし込みをして納品となるのではないでしょうかね。

今だとAdobe InDesignなどを利用して納品になるかと思います。
素材はイラストレータやフォトショップ形式で加工することになると思います。

ある程度の相場はネットなどで確認して、希望予算・希望納期などを明記したうえで直接公募するとよいと思います。

ここ「みんなのお仕事相談所」はほとんどのベンダーが見てません。
直接公募をするほうが早く見積もりを上げてもらえるでしょう。

価格だけで発注して後悔しているクライアントは多くいます
実績やポートフォリオなどでスキルなども確認して後悔しない業者に依頼するとよいでしょう

2018年10月26日 11:15
スイスタジオ(渡辺剛)さんからの回答

販促物制作事務所のスイスタジオ 渡辺と申します。
興味のある質問でしたので、いろいろと拝見させていただきました。

紙のニュースレターは、メールよりも目を通して貰われるという声は実際に耳にしています。
しかし、コストで考えれば、編集を誰がやるかというのもありますが、記事コンテンツを貴社にて用意されるにしても、制作、印刷、配布と結構なコストがかかるものです。第三種郵便という方法もありますが、それでも様々にコストはかかると思います。

こういったニュースレターは、ターゲットが欲しい情報提供以外に、毎回続けて発刊している事も大事で冊子1刊の発刊も簡単な仕事ではありません。ネタ不足、執筆者や取材スタッフ不足、ノンプロライターだと字数の調整もままならなかったりするでしょうし、それほど楽な仕事ではないと思います。

貴社サイトを拝見しますと、地域の同業者の方とNPO法人として協力されているようですので、そういうった人数がまとまった団体で共同執筆、寄稿など交代制で繰り返す事をベースにして、一般的に似た業種間で流用できるコンテンツと、各個別の法人に特化した記事のページを切り分けて作ることで、「ニュースレター発刊代行ビジネス」として、全国展開できるアイディアもあると思っています。

実際に歯科医や税理士などは、ベース部分発刊元の編集部が作成した冊子コンテンツを各法人が買い受け、社名差し替えや、1枚ペラの自社情報を挟む形で、作成労務をなくしてニュースレター発刊をされている事例がございます。

1社で発刊は、メルマガと違ってコストも労力もかかって結構しんどいですが、それを全国のコンテンツを共有できる企業様に販売するというビジネスも私どもではご提案できます。

ご興味ありましたら、個別にご連絡ください。

2018年10月28日 15:18
ご意見箱

× 今後表示しない