主張を変えるクライアント - みんなのお仕事相談所 « エンジニア・デザイナーのクラウドソーシング

×
みんなのお仕事相談所
受注者からの相談
トラブルに関する相談

主張を変えるクライアント

解決済
回答数
2
閲覧回数
381
困ってます  : 困ってます

11月30日に就活についてのトライアル記事を依頼されまして、依頼主から「トライアル記事だが、出来れば長めに書いてほしい。超過文字分は支払う」との説明を受け承諾し、契約に至りましたが、
納品後に突然クライエント側が主張を変え「トライアル記事だから超過分は支払うことができない、超過分を支払うといったのは間違えだ」という回答をしてきました。

この依頼主に仕事を提出後、連絡が止まるなどの行為が見られたので怪しいと思っていたのですが
報酬について後から言っていることを変えるというのはルールに反しないのでしょうか?
一応CWにも報告はしたのですが。。皆様はどう思われますか?ご見解をうかがえたら幸いです。

2018年12月07日 15:02

ベストアンサーに選ばれた回答

ControlBoxさんからの回答

基本的には、クライアント様が条件変更についてお知らせいただいた時点で 条件変更リクエストを行っても良いか確認の上「条件変更リクエスト」→「同意」→「仮払い」という手順を踏んでおいて 契約条件(何を納品とするか)をお互い認識違いの無いように議事録を作成しておきます。

この手順を怠ると、クライアント様側でも忙しいなか「記憶違い」みたいなことが起こりやすくなります。
 
私もその昔、口頭ベースの約束で痛い目にあった事があるので、契約前に議事録に残るようにして
双方で確認したあとに、契約する手順で 後から「話が違う」のようになっても 過去にさかのぼって
事実ベースで認識の齟齬を解決できるようになりました。

今回は勉強のつもりで、今後は契約条件が変わった時点で 「条件変更リクエスト」するように心がけてください。

お互いがんばりましょうね

2018年12月13日 02:20
相談者からのお礼コメント

ありがとうございます!とても参考になりました。

2018年12月13日 19:21

すべての回答

shiasaさんからの回答

クラウドワークス上での報酬に関する支払いは手順が決まっています。
それ以外の金銭に関する合意も「契約」には違いないのですが、
そのような債権を回収するには法的手続きが必要になるかもしれません。

ここでは、検収後、仮払いされた金額が手数料を差し引かれて報酬にプールされます。
超過文字分を支払わなければならないという手順は存在しないです。
条件変更による契約金額の変更はありますが、仮払いのタイミングに問題がありそうです。

クライアント側の任意による追加支払いというのもありますが、ワーカーが期待してよいものとは限りません。

ただ、記載された内容では事実上の詐欺の一種かと思います。

2018年12月07日 15:25
ControlBoxさんからの回答

基本的には、クライアント様が条件変更についてお知らせいただいた時点で 条件変更リクエストを行っても良いか確認の上「条件変更リクエスト」→「同意」→「仮払い」という手順を踏んでおいて 契約条件(何を納品とするか)をお互い認識違いの無いように議事録を作成しておきます。

この手順を怠ると、クライアント様側でも忙しいなか「記憶違い」みたいなことが起こりやすくなります。
 
私もその昔、口頭ベースの約束で痛い目にあった事があるので、契約前に議事録に残るようにして
双方で確認したあとに、契約する手順で 後から「話が違う」のようになっても 過去にさかのぼって
事実ベースで認識の齟齬を解決できるようになりました。

今回は勉強のつもりで、今後は契約条件が変わった時点で 「条件変更リクエスト」するように心がけてください。

お互いがんばりましょうね

2018年12月13日 02:20
ご意見箱

× 今後表示しない