フリーランスとは

Pocket

「何かを理解するためには、まず基礎を知ることからよね」

「千里の道も一歩から!ってことだね」

「得意げになっちゃって!じゃあ千里ってどれくらいか知ってる?」

「千里、千里…かあちゃんを探しにいく相場が三千里だから…」

「一里が約4キロだから4000kmよ!」

「ふへぇ、ってことは三千里だと1万2000km…頑張ったなぁ、マルk」

「ただし!フリーランスへの道はそう遠くはないみたいよ!」

「じゃあ俺にもできるかな?」

「…ま、まずは知って、学ぶことね!」

フリーランスとは

フリーランスとは、一つの会社や組織のみに属せず、複数の会社・クライアントとの間で仕事毎に契約を行って仕事をする働き方のことです。
会社員のような月給制、アルバイトのような時給制ではなく、一つのお仕事が完了する毎にお給料が入る報酬制であることから、働く時間帯や一日で働く量などの調整がしやすく、働いた分だけ報酬が入るという特徴があります。

従来は芸能やデザイン、作曲など、ある一定以上のスキルを持った人のための働き方という傾向が強くありました。しかし、昨今ではPCやスマホ、ネット環境やサービス(クラウドソーシングなど)の充実により、主婦やシニアなど自宅を離れられない事情のある人、仕事の少ない地方に住んでいる人などからも、場所を選ばずに仕事ができる新しい働き方として注目を集めています。

もっとフリーランスという働き方について

フリーランスとはどのような働き方なのか?という根本的な知識から、フリーランスとして働くことのメリットやデメリットなど、フリーランスについての基本的な知識をご紹介しています。
なぜ今フリーランスなのか、そしてこれからのフリーランス市場・人口がどうなっていくのかなど、フリーランスの全体像がイメージしやすいコンテンツをご用意しています。

フリーランスって何?という人のための働き方ガイド

写真撮影

フリーランスとして働くためには、まず「フリーランスが何か」ということを理解しなければなりません。あなたはSOHO、ノマドワーカー、派遣とフリーランスの違いが言えますか?

国内で増えるフリーランスの人口!人気の理由とは?

上昇矢印

アメリカでは人口の約3割がフリーランスとして働いています。では日本国内のフリーランス人口は?現在・これからの職種別の人口、フリーランス市場の規模とは!?

メリットがいっぱい!フリーランスだからこそできる自由な働き方

パソコンの前に座る女性

フリーランスという働き方が気になっている方、まずはフリーランスで働くことのメリットを知ってください。会社員・サラリーマンにはない魅力がそこにはあります。

本当!?フリーランスのデメリットといわれることを検証してみた

頭をかかえる女性

フリーランスは不安定だ!将来の見込みがない!など、デメリットが大きい働き方のように思われがちですが本当にそうなのでしょうか!?デメリットの正体を徹底検証!

あなたにぴったりのフリーランスとは?お仕事種類別スキル・年収

macを前に座る男女

フリーランスに求められているスキルにはどのようなものがあるでしょうか?フリーランスを目指すなら知っておくべき、職業別お仕事の特徴!気になる平均年収情報も!

人生を変えるなら今!フリーターからフリーランスへの転向のススメ

フリーランス

フリーランスとフリーターの違いはどこにあるのでしょうか。フリーターからフリーランスへ転進するために必要なスキルや得意先の探し方など、メリット・デメリットの説明はこちら。

フリーランスで働く意味と何か。始める前に考えておくべきこと。

考える

フリーランスとして働くとはどういうことなのでしょうか。どのような人がフリーランスとして働いているのでしょうか。報酬やスキルからフリーランスを考えます。

知らないと損をする?!フリーランスなら知っておきたい業務委託の心得

ハート

業務委託でお仕事を契約することが多いフリーランス。基本的な流れから気を付けておきたい注意点を理解し、円滑にフリーランスを始めましょう!

フリーランスと個人事業主、どう違うの?

靴

フリーランスと個人事業主の違いはどこのあるのでしょうか。違いが分かればフリーランスの全体像が見えてくる?フリーランスの基本事項を抑えておきましょう!

今日はどこで仕事する?フリーランスのためのノマド実践術

ハート

フリーランス同様、その働き方に注目が集まっているノマド。フリーランスとノマドの違いからどんな選択肢、どんな人がノマドに向いているかなど徹底分析!

フリーランスは儲かる?儲からない?報酬と働き方の現実

良い、悪い

働き方が魅力的だと言われるフリーランス。でも実際、フリーランスって儲かるの?フリーランスの働き方と報酬の現実、成功の方法をみていきましょう。

Pocket