フリーランスはいくらから確定申告が必要!?

Pocket

「フリーランス始めるんやったら、自分で確定申告しなあかんのやで」

「う、うん知ってる」

「しかしやなぁ、フリーランス始めた人みんなが確定申告せないかん、ゆうことでもないんや」

「う、うん知ってる」

「じゃ、じゃあフリーランスはいくらから確定申告が必要!?やと思とるんや?」

「うん、だからそれを今から説明するんでしょ!?」

「たまにはワイにもかっこつけさせてくれやー」


個人事業主として働くフリーランスには、確定申告の義務があります。しかし、フリーランスとして働き始めたばかり、またお小遣い程度の収入しかないという場合、申告をする必要があるのか疑問に思うかもしれません。

そこで、ここではどのくらいの収入を得たら確定申告をしなければいけないのか、また、申告の義務を怠ったらどうなるのか説明していきます。確定申告の具体的なやり方については、下記のページに用意しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

一度覚えれば忘れない!フリーランスのための確定申告

確定申告が必要な所得とは

~目次~

  • 1,個人事業主として確定申告が必要な収入とは
  • 2,申告しない場合にも伝票類を保存
  • 3,確定申告をしないとどうなる?

では、実際にフリーランスで確定申告が必要な収入についてみていきましょう。

 

1.個人事業主として確定申告が必要な収入とは

1引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

個人事業主として確定申告が必要なのは、1年間の事業所得が38万円を超える人です。38万円というのは、所得税の基礎控除額にあたります。この基礎控除とは働いている人なら誰でも受けられる控除で、38万円は所得から差し引いてもいいということになっています。

つまり、所得がちょうど38万円の人は、38万-38万=0円ということで所得税を払う必要がなく、確定申告も必要ないということになります。

ただし、ここでいう事業所得とは、フリーランスとして営んでいる事業で得た収入から必要経費を引いたものになります。

収入―必要経費=所得

例えば収入が40万円あっても、経費が5万円かかっていると、

〔収入〕40万円-〔経費〕5万円=〔所得〕35万円

所得は35万円になります。つまり、事業所得から経費を引いたものが38万円を超えた場合に、初めて納税の義務が生じます。

 

2.申告しない場合にも伝票を保存

2引用元:写真素材 足成

確定申告の必要がない人でも、いずれ確定申告が必要になるほどの所得を目指している方がほとんどだと思います。白色申告(所得が少ない人がする簡易的な申告)でも売上や経費を証明できる帳簿付けや伝票類の保管義務があります。収入が多くなってからでいいや!ということではありませんので、注意しましょう。

また、青色申告での帳簿付けを行っていれば、赤字だった(所得税を払う必要がなかった)年の差額分を来年以降に繰越することができます(個人事業主で3年、法人で9年分)。

例えば、その年の収入が50万で経費が70万だったとしましょう。そうするとその年の所得は-20万となります。

しかし、次の年の収入が100万で、経費が50万だった場合、その年の所得は50万となり、通常、基礎控除38万円を超えるので所得税を払わなければなりませんが、前年が-20万だったので、その年の所得は50万-20万=30万となり、基礎控除38万円以下になるのでその年も所得税を払わなくていいことになるのです。

 

3.申告しなかったらどうなる?

3引用元:無料写真素材 写真AC

確定申告の義務がありながら、申告をしていないことが税務署の調査で発覚すると、追徴課税を徴収されます。本来支払うべき税金にプラスして、税負担が増すことになります。

追徴課税は無申告税の場合、50万円までは15%50万円を超える部分に対しては20%となっていますが、税務署に隠ぺいが行われたと判断された場合には、重加算税の40%が加味される恐れもあります。

さらに、本来支払うべき税額に対して、延滞税もかかります。延滞税は、所得税の納期限の2カ月後までは年7.3%の税率ですが、2カ月を経過する日の翌日以降は年14.6%もの税率が課せられます。

また、本来は必要経費を収入から差し引いて所得を計算しますが、伝票類を保存していない場合には、経費を控除できないことも想定されますので、確定申告をしないリスクは非常に大きいのです。

 

確定申告は必ずしよう

確定申告の義務があるにも関わらず、申告を行なわなかった場合、追加で支払わなければならない金額は多大なものがあります。また、支払元であるクライアントにも税務署から問い合わせが入り迷惑を掛けてしまい、今後の仕事にも影響を及ぼすかもしれません。

確定申告について分からないことがあれば、税務署や税理士などで(※一部有料)無料で相談することができます。また既にフリーランスで仕事を始めている方は、みなさん確定申告の経験を持っているはずですので、SNSや各種セミナー等で横のつながりを増やして聞いてみることも有益です。確定申告の義務がある人は、必ず期限内に申告しましょう。

 

面倒な確定申告・・・。簡単に済ます方法はあるの?

確定申告は必ずやったほうがいい。しかし、手間がかかる。確定申告ってどうやってすればいいの?と頭を悩ませている人も少なくないかもしれません。そんな確定申告を簡単に済ます方法なんてあるのかな。と誰しもが考えたあるでしょう。そこで、今多くの個人事業主の方やフリーランスの方が実際に活用しているのが、クラウド上で確定申告に必要な書類をまとめてしまう。というものです。それは、やよいの青色申告オンライン無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を用いて、確定申告を済ませているのです。会計ソフトの多くは、始めは無料のことが多いので、実際に使ってみてみるのもいいかもしれません。

会計ソフトをうまく使って、確定申告の手間を削減するのも良い手段です。自分に合った会計ソフトを見つけてみましょう。

 

Pocket

フリーランスの求人・案件サービス!クラウドテック フリーランス案件・求人(クラウドテック)

スポンサーリンク