直面する厳しい5つの現実~それでもやめられないのがフリーランス!

Pocket

「っしゃーコラー!!隼人!!覚悟せいやー」

「ちょ、ちょっと、ふとし、や、やめてって!俺が何したって言うんだよ?そうやって、人にあたってストレス発散はよくないって!」

「うるせー!あのクライアントめ!報酬がまだ振り込まれてねぇんだよ!そのくせ新しい仕事だけ振ってきやがって!!」

「ちょ、ちょっとー、それ俺関係ないじゃーん。その怒り、直接そのクライアントにぶつければいいだろ?」

「うるせー!そしたら次の仕事もらえなくなるかもしれないだろうがー!フリーランスはそんなに甘くないんだよー」

「いやいや、仕事もらえてもお金もらえないんじゃやったってしょうがないじゃん。フリーランスの厳しさはそういう一つ一つのことに向き合わなきゃいけないことだろ?逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!」

「う、うん……俺、がんばるよ……」

フリーランスは理想的な働き方だけど現実は…?

1引用元:pixabay

自由に自分の好きな仕事ができる…。多くの人はフリーランスに憧れを持ち、理想的な働き方と考えています。しかし実際にフリーランスとして活動を始めると、理想とは違う厳しい現実に直面してしまう人がほとんどです。

今回はtwitterでつぶやかれているフリーランスのリアルな声をもとに、フリーランスの何が大変でつらいのか、そしてその状況を打開する方法はあるのかどうかについて考えてみます。

 

厳しい現実その1 仕事がない!

2引用元:PAKUTASO


  • 「いくら優秀でも、営業しないと仕事がない」
  • 「フリーランスで一番つらいのは、仕事がないこと」

在籍しているだけで給与が保障されているサラリーマンと違い、フリーランスは実績に応じて収入を得られる成果報酬です。いくらスキルがあっても、仕事の見込みがなければ収入はゼロ。フリーランスである以上、営業は必要不可欠です。中にはフリーランスになる前のつながりで仕事の依頼があり、特に営業しなくても大丈夫、と思う人もいるかもしれません。しかし、同じ相手から継続して仕事をもらえる、という保障は今の世の中にはありません。

フリーランスの一番の課題…「営業」をしっかりこなすコツとは』で紹介しているように、営業が苦手でも何らかの対策を取っていかなければ無一文になってしまう危険性があるのです。また『仕事がないときに考える!フリーランスのアクション一覧』や、『探し方一つで仕事の質が変わる!今注目したいフリーランスの仕事探し』も参考にしながら、「仕事がない!」というフリーランス最大の危機にどう対処すべきか、普段からよく考えておきましょう。

 

厳しい現実その2 仕事を引き受けすぎてオーバーワーク

3引用元:写真AC


  • 「仕事がなくなるのが怖くて、どんな仕事でも引き受けてしまう。予定が空いていると不安でたまらないので、スケジュール帳はびっちり埋めている」
  • 「オーバーワーク気味で身体がもたなくなってきた。受注体制を見直さなければ

仕事をいただけるのはありがたいことですが、“一人親方”のフリーランスは時間も、労力も限られています。すでに抱えている案件があっても、新規の依頼があると「断ったらクライアントに嫌われるのではないか」、「この単価の仕事を見逃したら損するのではないか」など迷った挙句、無理して引き受けてしまう人も多いでしょう。

しかし、負荷がかかった状態で行う仕事は能率もクォリティーも上がりません。結局は自分自身を追い詰め、最悪、クライアントにも迷惑をかけて信頼をなくす、という事態も想定されます。

予期せぬハプニングが起こる可能性もあるので、仕事を引き受けるときは若干少なめの量を意識し、マージンのある状態がちょうど良いでしょう。案件をお断りすることについては、「頑張れ、フリーランス!ありがちな5つの不安を検証しようでも対処法を紹介しているので参考にしてください。

 

厳しい現実その3 休みがない!

4引用元:pixabay


  • 「週明けが締め切りの仕事があると、週末は子どもと遊べない」
  • 「ゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィーク、年末年始…。すべてフリーランスには関係ないこと」

フリーランスは自由な身分のはずなのに、「休みがない!」と感じている人は意外と多いようです。たとえば引き受けた仕事が終わらず休み返上で取り組むケースもあれば、急な依頼に対応するため休めなくなるケースもあるでしょう。

会社員と違って有給休暇がない分、長期休暇を取ると収入が減る、という現実も休みを取りにくくする要因です。また経理や請求書発送などの事務作業もあるため、案件に取り組んでいないときでも、やらねばならないことは山ほどあります。

しかし働き続けるのは疲弊を招くもと。時には休養が必要ですし、旅や遊びで気持ちがリフレッシュすれば仕事の能率が上がる、という効果も期待できます。休暇を取りたいときはスケジュール管理をしっかり行うことが必用です。継続案件を持ちながら数日間の休みを必要とするときは、休暇中でも常に連絡のとれる体制にしておく、必要に応じて旅先でも納品や修正を行う、などで対処しましょう。

 

厳しい現実その4 単価が安い!

5引用元:写真AC


  • 「物価はどんどん上がっているのに、原稿料は低いまま。しかもどんどん下落傾向にあるようで本当に厳しい。印税で生活、なんて夢のまた夢」
  • 「安い単価なのに、最高のパフォーマンスを求められてしんどい」

安い単価の案件でも数をこなせば収入になりますし、実績作りのためと割り切ることもできます。しかし時間単価換算してあまりに安いと生活を続けるのが困難になりますし、経費を差し引けば赤字になることも考えられます。

フリーランスは「仕事の選択」ができるかどうか、が大きなキーポイントです。何でも安請け合いをせず、応募や契約の段階で「請けるべき案件なのか」熟考する癖を付けましょう。

詳しくは『手当たり次第の応募はダメ?フリーランスが狙うべき好条件の募集とは?』にも記載していますので参考にしてください。

 

厳しい現実その5 報酬未払いの恐怖

6引用元:pixabay


  • 「クライアントにいくらお願いしても支払いをしてくれない。つらい仕事だったのに、まさかの未払い。フリーランスは怖いと真剣に思いました」
  • 「トラブルがあっても、フリーランスは後ろ盾がないからつらい」

何もトラブルなく仕事できれば良いのですが、中には納品物に理不尽なクレームを付けたり、クライアントが営業不振に陥ったりして、最悪、報酬が支払われない、というケースも時々、見受けられます。問題が勃発しても、対処するのは自分自身。フリーランスである以上、このようなリスクもあり得るということを覚悟しておかなければいけません。

報酬未払いのリスクを最小限に減らすために、

①会社の実態を把握する(会社名、所在地、電話番号など)
②契約書の内容をしっかり確認する
(契約書について詳しくは、フリーランスが知っておきたい契約書の書き方&テンプレートをご覧ください)
③契約書がないときでも、やりとりしたメールなどは記録として残しておく

といったことを普段から心がけておきましょう。もし万が一、不払いが発生した場合は契約書やメールの記録などをもとに、専門家に相談し冷静に対処するようにしたいものです。一方でクラウドソーシングでは、案件を始める前にクライアントから仮払いが行われるので未払いとなる心配はないでしょう。

また、フリーランス向けの請求代行サービス「フィークル」などを使うと、請求業務を任せ、サービス運営企業から確実に、早く報酬相当額を受け取れるため、未払いの不安なく取引を行えます。

それでもやめられないのがフリーランス!

7引用元:pixabay

夢のような生活ではなく、厳しい現実も垣間見られたフリーランス。しかし、以下のようなつぶやきも見られました。


  • 「やりたいことしかやらないフリーランスだとスキルが磨けないし、仕事範囲も広がらない。自分の苦手と思う仕事を克服したときこそ、報酬以外のもっと大事なものを得た実感がある」
  • 「自分の頑張りは全部自分の収入になる、というフリーランスの働き方はとてもシンプルで好き。会社にいたころは、どうして私ばっかりしんどい思いをしているのか、ストレスが貯まっていた。つらいこともあるけれど、愚痴を言わないようにしよう」

いまフリーランスとして頑張っている人は「自由で好きな仕事ができる」という理由より、「やりがいを求め、充実した人生を送る」ため、あえて厳しい道を選んでいるのかもしれません。サラリーマン時代のような安定感はなくても、フリーランスには新しい道を自分で切り開いてく面白さがあるのは事実でしょう。

浮き沈みがあるのも、また人生。厳しい現実に直面することで創意工夫が生まれ、今まで以上に世の中をよく見るきっかけにもなるはずです。あなたの働き方にも、「フリーランス」という選択肢を加えてみませんか。

Pocket

フリーランスの求人・案件サービス!クラウドテック フリーランス案件・求人(クラウドテック)

スポンサーリンク