1. 「チラシデザイン制作実績」
過去のコンペ採用作品をご紹介!

チラシデザイン制作実績

上場企業からベンチャーまで業界業種問わず
222,000社以上のご利用実績あり!

過去のコンペ採用作品テイスト別にご紹介

クラウドワークスではチラシ制作の依頼が多数成約しています!
過去の制作依頼を種類別にまとめました。チラシ画像をクリックで詳細ページへ飛びます。

代表例一覧

上手くまとまったカラフルなチラシデザイン

受講生募集用のチラシデザイン

キャプチャーと情報で見やすい両面チラシデザイン

爽やか・清潔な青色系チラシデザイン

メニュー表付チラシデザイン

あなたもコンペを依頼しませんか?

過去の例からわかる3つの秘訣

チラシの特徴を整理して、イメージはできるだけ詳細に

制作者にとって、発注者が求めるチラシの特徴や情報が多いほど、作成がしやすくなります。チラシを見る人のターゲットや、訴求内容、イラストや写真の全体的な色合いや雰囲気など、参考となるものがあればある程イメージに近いチラシのデザインが多く寄せられるようになります。「小学生のお子様をお連れのご家族向けに、少人数制で生徒が楽しく学べる英会話スクール」といった詳細情報があれば、チラシの雰囲気も変わってくるでしょう。そこまでイメージが固まっていない場合まずはデザイナーにおまかせして、投稿された案をヒントに後から要望を追加することもできます。

わからない場合は過去のコンペを見てみよう

依頼内容をどうやって書けばよいかわからないときは以前のコンペを参考にしてみましょう。上に掲載されている画像をクリックすると、終了したコンペの詳細を見ることができます。依頼の背景や全体の雰囲気、対象となる層、応募総数や報酬額といった情報がまとめられているので、類似した依頼や好ましいイメージを見つけて、参考にしましょう。

報酬額によって質や量が変わる

報酬額は4つのプランと、金額を任意に設定するカスタムプランから決定します。一般的に提示された金額が多いほど作品のクオリティは上がり、自然と数も多く集まる傾向があります。4つのプランのうち、スタンダード以上のものは提案数が保証され、基準に満たなかった場合は仮払金が返却されますので改めて依頼をかけることができます。依頼内容に応じて、丁度良い金額を設定しましょう。

チラシを制作するときのTIPS

チラシ制作をするにあたって

消費者の感覚でいえば、新聞に挟まれていたり街で配られたりするリーフレットのほとんどは、いらないものとして捨ててしまうことが多いと思います。沢山の情報がつまった大量の広告は見ていて飽きないものではありますが、いずれ積み重なりかさばる前に処分する必要があるからです。その中でたとえ興味のあるチラシがあったとしても、その内容が消費者へ十分に伝わり本懐を果たすことは、全体の何パーセントでしょうか。一時的な関心をそそることができても、そんな魅力あるチラシですら捨てられるとともに忘れ去られてしまうことが多い、というのも皆さんの経験から想像に容易いことと考えられます。では、チラシを作成して内容を伝えるのに、どういったデザインが良いのでしょうか。それはチラシを見る層の特徴を活かし、記憶に残りやすいよう、サービスやイベントに興味を持ってもらえるよう、緻密に計算されたデザインでなくてはなりません。あまりにありふれたものでは、かえって目立つこともあるでしょうが、そのチラシが言わんとしていることに本当に興味をもってもらえるか保証はありません。強烈な印象を残す秀逸なデザインこそ、真に求められる技巧なのです。

クラウドワークスのコンペを利用しましょう

希望に沿った完璧なデザインを得るには、実績のあるデザイナーに発注するのが定石ですが、求める理想が高ければ高いほど制作費用は膨れ上がります。コストを抑えて、質の高いデザインが欲しい…そんなときは、クラウドワークスのコンペを利用してみましょう。費用の設定を含む依頼内容を公開すれば、興味を持ったクラウドワーカーがデザインを提案するようになります。その中で最もイメージに合うものを選び、報酬額をお支払いすればよいので、一つの受注先に依頼するより必然的に高いコストパフォーマンスが見込めるのです。必要があれば選んだデザインに修正をお願いすることも可能ですので、イメージに限りなく近いデザインと巡り合えるでしょう。コンペで良いなと思ったデザイナーはブックマークしておき、次回以降プロジェクト形式で交渉して個人にお願いすることもできます。試しに発注してみるにはお勧めの方式です。

チラシデザイン発注時のポイント

チラシデザインに限らず、デザインの依頼時にはまずクラウドワーカーのポートフォリオを見ましょう。これまでの制作実績から今回の依頼に適したデザイナーの特徴が見えてくると思います。その上で、依頼内容にはそういったデザイナーに興味を持ってもらえそうな工夫をしていくと良いでしょう。チラシ制作ではどれだけの内容を取り入れるのか調整してイラストやテキストを適切に配置し、全体的なバランスを考慮する必要があります。チラシを見た人の意識に働きかけるにはまずどの要素を見させるか、内容を伝えるにはどれだけのスペースが必要か、こればかりは技術だけでなく相性の良し悪しも影響してきます。チラシ制作実績のあるデザイナーのセンスを見極め、相性の良さそうな人を探してみてください。