日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 本当のところ、どれくらいかかるの?ネットショップ作成のための費用

クラウドソーシング

  1. 本当のところ、どれくらいかかるの?ネットショップ作成のための費用


本当のところ、どれくらいかかるの?ネットショップ作成のための費用


ネットショップを作成するための費用の準備はできていますか?

1_comp
写真AC
「ネットショップを開店したい!」という方であれば、
「ネットショップを作るならば、簡単に、ハイクオリティなサイトを作りたい」と、考えている方は少なくないでしょう。

運営をするなら、美しく、機能的なショップのほうが、運営する側にもお客様にも扱いやすいからです。
そして、ショップ作成は簡単で、作成にかかるコストも低ければ安心です。

それでは、ネットショップを作成するにあたってどのくらい費用がかかるのでしょうか。

今回は、低コストでネットショップを作成する方法や、
知識のない方でも簡単・きれいにショップを作成するサービスなどをご紹介いたします。
ぜひ、この記事を参考に、開店までの準備を進めてみてください。

オープンソースで自由度の高い「EC-CUBE」

2_comp
写真AC
「ECオープンプラットフォームEC-CUBE」
オリジナリティ溢れるネットショップを作成できることが魅力の「EC-CUBE」は、
EC構築パッケージを無料で利用、改変できる「オープンソース」として公開している画期的なネットショップ支援サービスです。

オープンソースですが、無料で利用できるサポートフォーラムも充実しており、過去の質問を閲覧したり、
質問をすることができるのが運営する側にはありがたいところです。

例えば、デザイン編集はもちろん、帳票出力や売り上げ集計、メルマガ配信など、
ネットショップを運営するうえで必要なことの大半は無料でできてしまいます。

ただし、集客のためのプラグインや、会員ランク付けのためのプラグイン、有料テンプレートの追加などを希望する場合は、
必要に応じて費用が掛かります。
人気のプラグインで見てみると、会員ランクプラグインは54,000円
有料デザインテンプレートは173,100円からとなっています。(2015年12月現在)

それでも低コストで自由度の高いネットショップを開設できる優良CMSといえます。
必要な時に購入できる仕組みも明確でこだわって思い通りのネットショップを開きたい方、
開発が自社内でできる方には、おすすめのサービスです。

ショッピングカートASPを活用してネットショップを構築する

そもそも「ショッピングカートASP」とは、何を指すのでしょうか?

「ショッピングカートASP」とは、ネットショップの来店したお客様が、
商品を選び、買い物かごに入れ、決算を行うまでの作業の仕組みを貸し出すサービスを指します。

つまり、専門知識がなくても、このサービスを活用すればネットショップを運用できるという優れものです。
「ショッピングカートASP」は、あらかじめショップサイトのテンプレートが用意されており、
そこにデータをはめ込んでいくだけでネットショップを構築することができます。
有名なサービスとしては、

カラーミーショップ
Eカラーミーショップ – ネットショップ運営サービス
初期費用3,240円、月額使用料1,332円から(2015年12月現在)

MakeShop
ネットショップ開業・ショッピングカートなら【MakeShop】
初期費用10,000円、月額使用料0円から(2015年12月現在)

などのサイトがあります。
誰でも扱える内容である分、独自性を出したいショップには自由度の足りなさがマイナスポイントです。

しかし、初めてショップ運営に携わるのであれば、十分なサポートを得られるサービスと言えます。
立ち上げ時のデザインカスタマイズは少し難易度が高い作業です。

クラウドワークス等のクラウドソーシングで立ち上げ時のデザインカスタマイズだけ依頼すると、
費用を抑えつつもオリジナルなショップの開店が出来るでしょう。

自身の予算と技術にあったサービスを選ぼう

3_comp
写真AC
ネットショップを気軽に作成できる2種のサービスをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
大切なことは、ショップ作成に充てられる予算と、運営者の技術を考慮した上で、適切なサービスを選ぶことです。
どちらのサービスも、低コストでネットショップを始められるサービスですが、それぞれに一長一短、特徴があります。

オープンソースを使用する場合であれば、自由度が高い反面、インターネットに関する知識が十分になければ対応しきれませんし、
ショッピングカートASPを利用する場合は、簡単に扱えますが、自由なショップを作りたい方には不向きかもしれません。

メリットもデメリットもきちんと把握して、自身にあったショップを作成するのがベストです。
ショップ作成は、運営の基礎です。しっかりと各サービスを調べて自身の方針にあったショップを作っていってください。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ECサイト・ネットショップ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る