日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 想像以上!ネットショップの仕事は大変?現場からみる真実

クラウドソーシング

  1. 想像以上!ネットショップの仕事は大変?現場からみる真実


想像以上!ネットショップの仕事は大変?現場からみる真実


ネットショップの仕事を簡単なものと考えていませんか

インターネットショッピングが買い物の手段の主流になりつつある今、

  • ネットショップは簡単に運営できる
  • 簡単に儲けられる
  • 実際に接客する訳ではないから気楽

と、ネットショップを安易に開業しようとする方も少なくないかもしれません。
では、実際にネットショップの運営は本当に「ラク」なのでしょうか。
リアルな現場の声を集めてみました。

苦労1「来客数を伸ばすための努力」

1_comp
写真AC
ネットショップを開業してすぐに直面する問題としてありがちなものが、
「来客数が想像以上に少ない」というものです。

インターネット上には、地域や国境の垣根なく何千、何万といったショッピングサイトが存在しています。
その中から、自分のサイトを見つけ出して買い物をしてくれる可能性を考えれば、どれだけ大変なことか想像できると思います。

まずは、自身のショップを売り込み、ゲストに来店してもらえるようになるまでの創意工夫が大変な苦労です。
対策方法がわからずに、来客がない状態が続いた場合、せっかくオープンしても、すぐに閉店に追い込まれる可能性もあるのです。

また、来客数が上がり、運営が軌道に乗ってきてからも、この問題はずっと付きまといます。
ネットショップを運営してる以上は、常に来客数に意識を配り、この対策に頭をひねり続けなければならないのです。

苦労2「クレーム対応が難しい」

2_comp
写真AC
ネットショップの運営をしていて気が付くのはお客様からのクレーム対応の難しさです。
一般的な接客と違い、メールでのやり取りが多くを占め、
表情やニュアンス、ボディランゲージで伝えられる情報がないため、誤解を生みやすいからです。

「申し訳ございません」の文面だけでお客様が納得する場合ばかりではありません。
そんな時は、メールや電話などで、お客様が納得してくれるまでやりとりをするしかないのです。

また、直接顔を合わせて取り引きをしないせいか、時々理不尽なクレームを言われる場合もあります。
この割合は実店舗より多いかもしれません。このような問題も、ネットショップの大変な部分です。

苦労3「情報が広がりやすい」

インターネットは、様々な情報が伝わりやすいのも特徴です。
ショップの良い情報が広がるのは嬉しいことですが、残念なことに悪い情報が広がってしまう場合もあります。

しかも、ネガティブな情報は、ポジティブな情報より参考にされやすいのが実状です。

例えば、ショップのレビューに悪い評価があった場合、良いレビューと比べて、参考にするゲストが多くなります。
また、そういった情報を操ることは公平を欠くため見守ることしかできないということも、運営者のつらいところです。

情報の拡散を止めることは実質不可能なので、ネガティブな情報が発信されるような事態が起こらないよう、
普段からお客様対応に細かく気を配る必要があるのです。

苦労だけではない、ネットショップ運営

3_comp
写真AC
このように、ネットショップ運営は実店舗とはまた違った苦労が多くあります。
ネットショップの運営は決して簡単でないということはお分かりいただけたかと思います。

しかし、運営は苦労ばかりではありません。
一般的な接客販売と同様に、喜びを感じる場面も数多く存在します。

例えば、自分が良品だと感じで打ち出した商品が評価され、多くのお客様に買い求められるようなシーンでは、
「おすすめして良かった!」と喜びを感じることができます。

心を込めた対応をしていれば、お客様から、「また利用したい」という嬉しい声をいただくこともあります。
売り上げがぐんと上がれば、忙しくてもやる気がわいてきます。
はっきりと数字や評価が出やすく、データを正確に分析しやすい分、やりがいにつながるのはネットショップならではの面白さです。

充実したネットショップを築いていくためにも、大変さも喜びも把握して、開業に備えることがベストと言えるでしょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
ECサイト・ネットショップ作成のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る