日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ゆるキャラから学ぶ!流行るキャラクターデザインの作り方のコツ

クラウドソーシング

  1. ゆるキャラから学ぶ!流行るキャラクターデザインの作り方のコツ


ゆるキャラから学ぶ!流行るキャラクターデザインの作り方のコツ


はじめに

10941-1

企業のピーアールや、商品のマスコットとして欠かせない存在になりつつある「キャラクター」。中でも企業によるソーシャルメディア運営において、「中の人」という位置づけでキャラクターを作るということも多くなり、業種を問わず、企業がキャラクターを作り上げることは非常に多くなってきました。キャラクターの世間での認知度を上げるために、どの企業でも試行錯誤が行われていますが、マーケティングやソーシャルメディア運営において効果的なキャラクターを作る場合、キャラクターデザインにもそれなりの戦略やコツが必要になってきます。

引用元:写真素材 足成

キャラクターに何を求めているか定義しよう

まず、キャラクターを作る際には、コンセプトづくりと同時に「何をさせたいのか」ということを明確にしておきます。キャラクターを、企業全体の広告塔として大々的に売り出したいのか、はたまた1つの商品のマスコットとしてその商品のアドバイザー役や象徴に留まるのかで、キャラクターデザインの仕方も変わってきます。企業として、キャラクターに何をどこまで担わせるのかを明確にしておかないと、コンセプトづくりも難しくなってきます。

キャラクターを作るときは性格まで定義しよう

10941-2

引用元:写真素材 足成

また、単に見た目だけを考えるだけではなく、細かい部分まで設定をしましょう。そのキャラクターの「人物像」を考えるのです。人形でなくとも必要です。どこの出身で、どんな食べ物が好物で、どんな趣味があって、普段どんなことを考えているのか、家族構成まで事細かく設定します。キャラクターをいい意味で一人歩きさせて流行らせるには、細かい設定が不可欠です。はっきりと性格づけされたキャラクターは、流行に乗るとどんどん成長していきます。キャラクターを生むのは企業でも、育てるのは一般のユーザーたちであるといえます。

キャラクターは愛着が持てるイメージを備え付けよう

また、親近感が湧くようなイメージを持たせることも、キャラクターを育てる上で必要な要素です。とっつきやすさは、見た目なのか、性格なのか、それは自由です。ユーザーが親しみやすさを感じ、愛着が持てるデザインや性格にすることが大事です。その親しみやすさが、キャラクターのデザインからもにじみ出ているとなおよいでしょう。全国のご当地ゆるキャラを見てみても、この親しみやすさは非常に重要視されているのが分かります。それぞれで細かい設定もされているキャラが多いので、大いに参考になるでしょう。

おわりに

9742-1

引用元:写真素材 足成

日本には、非常に多くのキャラクターが存在します。マンガ文化の活発な国ですので、キャラクターの市場も非常に競争が激しい世界です。納得のいくキャラクターを作ったら、地道に育てていくことが必要になってきます。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

キャラクターデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
キャラクターデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る