日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « キャラクターにはこんな効果がある!企業のマーケティング戦略

クラウドソーシング

  1. キャラクターにはこんな効果がある!企業のマーケティング戦略


キャラクターにはこんな効果がある!企業のマーケティング戦略


はじめに

a0003_001839
引用元:写真素材 足成

マーケティング戦略におけるキャラクター使用は、古くから使われてきた手法で、もはや定番ともいえるでしょう。しかし近年におけるキャラクターのもつ役割は非常に多様化してきており、商品を目立たせるための「アイキャッチ」、商品やサービスの紹介役としての「ナビゲーター」、さらにユーザーとの対話や社会的な活動を担う「ソーシャルコミュニケーター」などへの活用が注目されてきています。

注目を集める「アイキャッチ」

まず、昔からキャラクターがマーケティングに使われてきた大きな目的が、「アイキャッチ」としての利用です。人気のマンガやアニメで既に人気が確立されたキャラクターであれば、店頭での視認性・注目度は非常に大きく、商品を売るためのアテンションゲッターとして即戦力になれます。
新商品や新サービスの立ち上げなどでうまくハマれば、スタートダッシュの手段として非常に効果的です。
a0003_001899
引用元:写真素材 足成

わかりやすく伝える「ナビゲーター」

次に重要な役割として、キャラクターは商品やサービスの「ナビゲーター」になるということが挙げられます。商品やサービスについて、特に類似のものがない新商品の場合、ユーザーへの詳しい説明が必要になってくる場合が多いですが、そういった時にキャラクターがユーザーと商品の橋渡し役になってくれます。
特に難解な説明が必要な保険商品などの場合、各社であらゆるオリジナルキャラクターを考案し、ユーザーに「説明を聞いてみたい」という気にさせる試みを行っています。
キャラクターにガイド役をさせることで、商品に安心感を与え、ひいては企業に対する信頼感にも繋げることに成功しているといえるでしょう。

環境に働きかける「ソーシャルコミュニケーター」

3つ目に注目されてきているのが、「ソーシャルコミュニケーター」としてのキャラクター利用です。
企業や団体が行っている社会的活動や、福祉活動などのシンボルとして、一般ユーザーとのコミュニケーションを行ったり、広報活動をしたりする役割としてキャラクターを使用する手法ですが、企業そのものの名前や個人名などで活動するよりも受け入れられやすくなります。

まとめ(キャラクターは企業と消費者を結ぶ良い効果がある)

このように、現在ではキャラクターの担う役割がとても大きくなっています。ソーシャルメディアの発達で、あらゆる場面にキャラクターが登場するようになっていますが、企業とユーザー、商品とユーザーとのメッセージのやりとりには欠かせない存在となっています。
商売や打算などのイメージから遠い存在である楽しいキャラクターを使うことで、口コミも広まりやすく、マスメディアを使ったマーケティングよりも、より少ない予算で大きなブームを作ることも不可能ではなくなってきたのです。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

キャラクターデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
キャラクターデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る