日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 秘密があった!人気が出るキャラクターの3つの条件とは?

クラウドソーシング

  1. 秘密があった!人気が出るキャラクターの3つの条件とは?


秘密があった!人気が出るキャラクターの3つの条件とは?


はじめに

1

キャラクターを作るとき、どういった狙いで作るでしょうか。漫画やアニメやゲーム等のキャラクターを除いて、ほとんどの場合「広めるため」「親しんでもらうため」「人気を呼びたいため」など、広告の役割を負うのがキャラクターの仕事だと思います。そのためにキャラクターを作る側は、人々に愛されるキャラクター作りに励むわけですが、やはり人気のあるキャラ・さほど人気の出ないキャラと、差が出て来てしまうのは仕方ないことです。でもどうせ作るのならば、人気が出るようなキャラクターを作りたいですよね。それには最低3つの条件があるようなんです。ここではそのことについて述べてみます。

至る所で眼にするキャラクターたち

今日、キャラクター人気は留まるところを知りません。あらゆる企業、団体、サービス、商品等の普及のために、さまざまなキャラクターが日々生み出されています。特に2000年代に生まれ始めたご当地PRキャラのブームでいっせいに全国の地方自治体や公共機関がマスコットキャラクターを作ったことは、面白い現象としてメディアに広く取り上げられましたよね。子供や若者のものだと思っていたら、いつのまにか中年・お年寄りのかたもキャラクターグッズを集めていたり等、キャラクターを目にしない日はないほどです。キャラクター関連市場は約1億6000万と言われています。
そんな厳しい競争のなか、特に人気を集めていくキャラクターにはある共通点があるようです。

条件1 キャラクターのコンセプトが明確にある

人気のあるキャラクターにはコンセプトがあります。コンセプトとは基本となる考え方、理念、主張などを指しますが、キャラクターにおけるそれは、容姿や名前、性格、声や口調などにあらわれてくるのではないでしょうか。ただ「可愛いから」「かっこいいから」などの適当な理由ではなく、「なぜこのキャラクターになったのか」「なぜこのモチーフなのか」など、きちんと考えられて説明がされていることで、単純な造形物だったキャラクターに深みが出て感情移入ができ、ファンになってもらえるのです。どのようなコンセプトにすれば人々に愛されるか、じっくり考えてみることが必要です。

条件2 キャラクターに負わせる任務(使用目的)が明確にある

先にも述べたように、キャラクターの役割はほとんどの場合「広告塔」です。つまり「売るため・広めるため」のキャラクターです。そのことを制作側がしっかり認識することで、受け手にはっきりと伝わることにつながりますし、それが実現できていないと「こいつ何のためにいるの?」「こんなの作って、一体何がしたいの?」と疑問に思われてしまいます。ほとんどの場合、役に立っていないものには人々は良い印象を受けません。(まあキャラクターの場合、いるだけで可愛くて和むので役に立っている、なんてことも往々にしてありそうですが…)役割を背負って頑張っているキャラクターの姿を見せれば、人々の心をがっちり掴めることうけあいです。

2
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材
 

 

 

条件3 キャラクターを受け入れてくれるターゲットが明確

キャラクターのターゲットは即ち、そのキャラクターが「売りたいもの・広めたいもの」のターゲットです。言うまでもありませんね。言うまでもないんですが、ここがずれてしまっている例をよく見かけるような気がするのは自分だけでしょうか…。キャラクターの主要ターゲットは若い女性ですが、女性の心を掴むことはなかなか難しいことなので、キャラクター開発でも紆余曲折を経て残念な結果になってしまうのかも知れません。女性の心を掴むために一番いいのは「女性が作り、女性が選び決定する」ことだと思いませんか?女性がターゲットである場合以外にも、子供がターゲットだったり、お年寄りがターゲットだったりする場合でも、やはり同じことが言えるのではないでしょうか。どのみち、ターゲットに合わせてキャラクターを開発する考えは必須です。

まとめ キャラクターのコンセプトが最も重要

3つの条件を挙げましたが、1つめの「コンセプト」が最も重要なことだと結論づけたいと思います。なぜなら、「使用目的」と「ターゲット設定」を受けて決めるものだからです。ここがキャラクターデザイン、キャラクター開発の肝と言っても過言ではないでしょう。「使用目的」と「ターゲット設定」は、そもそもの「売りたいもの・広めたいもの」に準じて自ずと決まってくることです。この二項目に関しては、しっかりと深く的確に把握することが最重要です。ですが、「コンセプト」は開発側の発想やセンスによりいかようにも差がつきます。最高の、あるいは最適なキャラクターにたどり着けるかの岐路なのかもしれません。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

キャラクターデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

キャラクターデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る