日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 万能なキャラクター!ガチャピンの人気の秘密を分析してみた

クラウドソーシング

  1. 万能なキャラクター!ガチャピンの人気の秘密を分析してみた


万能なキャラクター!ガチャピンの人気の秘密を分析してみた


はじめに

1490_2
画像:BSフジホームページ 

皆さんは、40年も続いているテレビのキャラクターをご存知ですか?そのキャラクターはキティちゃんより、アンパンマンより早い1973年から続いているのです。しかも、番組名こそ変わっても、(最近ではチャンネルも変わっても)まだまだ続いている現役それがガチャピンなのです。

ガチャピンのデザインの特徴

子どもがいなくてひらけ!ポンキッキを一度も見たことが無くても、なんとなくこのキャラクターは見たことある人が多いのではないでしょうか。丸い緑の頭に、大きな半開きのたれ目、黄色とピンクの縞々のおなかのキャラクター、ガチャピン。腕についているイボイボはエネルギーボールだそうで、チャレンジの時に「勇気と力」を与えてくれます。体は正面から見ると凹凸のない筒状体系。恐竜なので背中には背びれがついていますが、尻尾は二足歩行の際に地面に着くほどは長くはありません。

ガチャピンの設定

さてこの、なんとも不思議な緑のキャラクターは、実は恐竜の子どもだそうです。4月2日生まれの永遠の5歳。そうです、来年も再来年も4月2日は5歳の誕生日なのです。実は番組開始当初は、番組と一緒に誕生し、毎年1歳づつ歳をとっていたそうですが現在では永遠の5歳となったようです。本当のところは40歳というところでしょうか。恐竜というからには全長というべきなのかもしれませんが、身長165cm。体重は恐竜にしては控えめな80kg。結構細かい設定が決まっています。

なんでも体を張ってやるオールラウンダー

南の島からやってきた不思議な卵から生まれたガチャピンですが、育つにつれ好奇心旺盛なスポーツマンに育ったようでいろんな事にチャレンジしています。スキューバダイビング、水上スキー、スノーボード、フィギュアスケートなど、かなりのチャレンジャー精神です。

いろんな同局の番組とタイアップして露出が多いのもこのキャラクターの特徴ですね。そこでまたいろんんらスポーツに挑戦したりするので、注目度があがるのでしょう。なんとヒマラヤ山脈まで登ってしまったのですから!

因みに最近はTwitterもやっているそうですよ。

ガチャピンの人気は大人が支えている

1490_1
画像:がちゃぴん日記 

昨今の日本はゆるキャラブームですが、私はガチャピンこそ元祖ゆるキャラだと思っています。でもこのガチャピン、半開きのたれ目の見た目ほどゆるくありませんよね。

こんな見た目でいろんなものにチャレンジして成功しちゃう姿がなぜか印象的で憎めないキャラクターという絶対的な位置をキープしているツワモノだと思ってしまうわけです。

確かに子どもも好きだと思いますが、子どもの頃に見ていて大人になっても観て、改めて気ぐるみの辛さを理解した大人があのチャレンジを見て感動する、というそういう背景も含めてこのキャラクターの人気は成り立っているのだと思います。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

キャラクターデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

キャラクターデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る