日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 国民的アニメにみる親しみのあるキャラクターをデザインするコツ

クラウドソーシング

  1. 国民的アニメにみる親しみのあるキャラクターをデザインするコツ


国民的アニメにみる親しみのあるキャラクターをデザインするコツ


はじめに

親しみやすいキャラクターとはどんなものでしょうか?
長い間日曜日の顔として親しまれているサザエさんやちびまる子ちゃんのキャラクターを分析してみましょう。

昔から愛され続けているキャラクター(サザエさん・ちびまる子ちゃん)

サザエさんとちびまる子ちゃん。どちらも長寿番組です。内容的には時代にそぐわない点も多いのに、子どもから大人まで今も広く愛されている理由はどこにあるのでしょうか。
やはり一番は身近で親近感のあるキャラクター達ではないでしょうか。いつも明るく元気で少しおっちょこちょいのサザエさん。勉強やめんどくさいことが嫌いで、楽して楽しく生きようというカツオ君やまるちゃんに共感を抱く人は多いでしょう。

ストーリー性を感じるキャラクター設定

厳格な父親の波平さんやいつも家族のことを考えているフネさん。優しく少し気の弱そうなマスオさん。
まるちゃんでいえば、まじめそうなたまちゃんや、いかにも暗そうな永沢君など、キャラクターを見ただけでその人の人柄や背景がなんとなく伝わる。キャラクターにストーリー性があるのです。このためいちいち状況説明やキャラクター紹介をしなくても、初めて見た人でも分かりやすくアニメをたのしむことができます。

シンプルな色使い

明るく、落ち着いた色使いで、ほのぼのとした雰囲気が表現されています。全体的に線や書き込みは少なく、シンプルに描かれていますね。まるちゃんの赤いスカートやフネさんの白い割烹着、女の子やお母さんといったイメージ通りの色が使われています。

流行に流されないビジュアル

サザエさんは原作とは大分雰囲気が違っていますが、アニメでは丸い顔に目や鼻、耳といったパーツも丸く簡略化されたかたちで描かれています。ちびまる子ちゃんも同様ですね。
後は、顔や体に凹凸がないこともポイントだと思います。凹凸がないイコール陰がない、ということで明るく人を安心させる効果につながっています。
まるちゃんがショックを受けた時などは顔に縦線が入ったりしますが、そんな場面でもどこか微笑ましさを感じさせます。これらの点は時代が変わっても多くの人に好意を持って受け入れられるのです。

まとめ キャラクター設定が親しみやすさを生むポイントになる

まるちゃん、サザエさん、カツオ君。またその周りの人たち。自分や周りの誰かに似ている、そんなキャラクターたちだから身近に感じられます。暗いとか卑怯といったネガティブな性格を持った永沢君や藤木君さえなんとなく憎めない。この身近さがキャラクターに親しみやすさを感じるポイントになっているのです。キャラクターの設定は見る人が共感を持てるものにすることが大切です。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

キャラクターデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
キャラクターデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る