日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 癒し系!ほんわか親しみのあるアイコンデザインについて考えてみる

クラウドソーシング

  1. 癒し系!ほんわか親しみのあるアイコンデザインについて考えてみる


癒し系!ほんわか親しみのあるアイコンデザインについて考えてみる


https---www.pakutaso.com-assets_c-2012-11-N811_enoguset500-thumb-1000xauto-2189
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

はじめに

アイコンは、機能を表すわかりやすい目印のようなもので、そのアイコンをパッと見て、人は「電話する」「メールする」などの動作を瞬間的に連想します。新しいパソコンやスマホを操作する時にもアイコンにかなりお世話になりますよね。皆がわかる、好感度の高いデザインがアイコンには求められます。

とっつきやすいデザインって何だろう?

では、とっつきやすいデザインとは具体的にどのようなものでしょうか。例えば、封筒のアイコンを見れば「これはメールボックスかな」とか、電卓のアイコンを見れば「これタップすれば電卓使える」と頭が認識します。長く親しまれるアイコンはこういった身近にあるもの、すでに生活に深く浸透しているものがモチーフに使われています。そういう親しまれるデザインのヒントになるようなサイトをまとめてみました。

色使いが優しいサイト

095562
引用元:イラストがすべて無料「イラストAC」

色はやはり優しい色のものの方が親しみやすく感じます。
http://essence.shop-pro.jp/
食器やテーブルウェアを販売しているサイト。ベースカラーは白で、ロゴが緑です。
http://www.blinc.co.jp/index.html
おしゃれなメガネのセレクトショップのサイト。優しい黄色がベースカラーで、メガネのおしゃれなデザインを引き立てています。
http://www.yogaworks.co.jp/
ヨガグッズのブランドのサイト。うすい茶色がベースカラーでヨガのリラックス感を連想させてくれます。

コミカルなサイト

思わずクスっと笑ってしまうデザインにも親近感がわきます。
http://sugobun.com/
雑誌「すごい文房具」のサイト。おもしろい文房具や高性能文房具を追究する雑誌のサイトだけあって、フォントからサイトに引き込まれてしまいます。
http://www.bigjohn-denimschool.jp/
デニムに関する情報サイト。デニムがこれでもかと言うほどモチーフとして使われています。
http://www.j-milk.jp/supplement/
Jミルクのサイト。牛乳のデザインをクリックすると色々と遊べる。シンプルでかわいいです。

食べ物系サイト

おいしい食べ物のモチーフは好感度が高いです。
http://himitsudo.com/
とにかくレトロな感じが懐かしい!かき氷を食べたくなるかわいいサイト。
http://www.pancakedays.jp/
パンケーキのお店のサイト。外国風でポップな感じがかわいいです。
http://nico-donut.jp/
白ベースでとてもシンプル、フォントもフリーハンド風でナチュラル。茶色のドーナツがおいしそうです。

動物系サイト

動物モチーフは圧倒的に親しみやすく好まれます。

http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/
福岡市動物園のサイト。白黒ベースで動物の動きがかわいいです。
http://www.bird-friendly-coffee.jp/
カラフルな森と鳥のシルエットが見ていて楽しいです。
http://www.sinkyone.com/
動物のシルエットが木を中心に動いていて、緑の色使いも含めてオシャレです。

おわりに

親しみやすい、ほんわかしたデザインだなと感じるものは、やっぱり身近にあるものをモチーフに使っています。おいしいものを連想させるもの、見て笑みがこぼれるようなかわいいものがモチーフとして使われていると、なんだかずっと見ていたくなります。また、やさしい色、フリーハンド調の味のあるやわらかいフォントなど、モチーフだけでなく色やフォントもほんわか癒されるデザインには大事な要素だと思います。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

アイコンデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

アイコンデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る