日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « PSD?拡張子?Photoshopで使う2つの単語を知っておこう

クラウドソーシング

  1. PSD?拡張子?Photoshopで使う2つの単語を知っておこう


PSD?拡張子?Photoshopで使う2つの単語を知っておこう


■拡張子PSDとは?

10998-1
引用元:写真素材 足成

出来上がったイラストデータをクライアントに納品する際に気を付ける事の1つとして、データのファイル形式が挙げられます。

せっかく納品したデータも、クライアント側で見られなければ意味がありません。イラストのファイル形式はいくつかありますが、その中の1つにPSDファイルなるものがあります。ファイル形式というのは普段あまり馴染みのないものですが、クライアントにデータを納品する際には意識しておく必要があります。今回はそんなPSDファイルについての紹介をしていきます。

まずPSDファイルについて説明する前に、ファイルの拡張子というものについてご説明いたします。拡張子というのは、ファイルの種類を示す、ファイル名の末尾にある「.◯◯◯(英数字」の事です。この末尾につく英数字によってどんなファイルかがわかるようになっており、例えば表計算のエクセルであれば「.xlsx」であり、ワードであれば「.docx」といった具合です。PSDファイルのPSDも、ファイルの末尾につく「.psd」という拡張子の事を指しています。

PSDファイルは、Adobe Photoshopというソフトで使用されているファイルのことです。基本的に、ファイルはその拡張子に対応するソフトがないと開くことができない為、納品先のクライアントが対応するソフトを持っていなければ、受け取っても開くことができません。データの納品を行う際には、双方で使用可能なファイル形式を確認しておきましょう。

■PSDファイルの特徴

PSDのファイル形式で保存されたイラストは、レイヤーと呼ばれる階層情報を後で調整することができるのが特徴です。例えば、ここの線の太さをちょっと変えたい、文字の大きさをちょっと変更したいなど、JPGファイルでは後々での修正変更が効かないような箇所でも、作成者以外の人が自由に修正可能になっています。このように、PSDファイルは後からでも自由自在に修正が可能なため、制作過程をクライアントに見てもらって方向性が間違っていないか、確認してもらう事が可能です。また、ファイルの保存方式がJPGファイルなどと異なり、画像を保存するときにファイル容量を圧縮しつつ、元の画像データは保持しているため、圧縮後でもJPGのような画質の乱れはありません。

可逆圧縮で元データを保存していてファイルの容量が大きい上に、開くのに専用のソフトが必要となる為、WEB上にそのままのデータを掲載する事はできません。PSDファイルとして作成したイラスト画像は、JPGファイルなど、WEB上で表示可能な別のファイル形式に変換した上で、WEBサイトへ掲載する事になります。

■ファイルの取り扱いに注意

10997-1
引用元:写真素材 足成

以上のことから、PSDファイルは取り扱いにちょっとした制限がありますが、写真イラスト作成には、非常に有用なファイル形式と言えます。他の画像ファイル、JPGやGIFファイルと組み合わせながら、PSDファイルを活用してみてはいかがでしょうか。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

イラストデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

イラストデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る