日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 知らなきゃ損!イラストデザインを保存するときの形式!PNGの特徴とは?

クラウドソーシング

  1. 知らなきゃ損!イラストデザインを保存するときの形式!PNGの特徴とは?


知らなきゃ損!イラストデザインを保存するときの形式!PNGの特徴とは?


はじめに

イラストをファイルで保存する際、
代表的な保存形式が「GIF(ジフ)」と「PNG(ピング)」です。

どちらも特徴は似ていますが、PNGの場合、GIFよりも優れた点がいくつかあります。

それについて、今回は詳しくご説明します。



画質の劣化がない

PNG形式を選んで画像を保存した場合、「可逆圧縮」といって、
データのサイズを圧縮しても元の画像情報が保持されるため、画質の劣化がありません。

GIFも同じく可逆圧縮でデータを保存出来ますが、PNGの場合はGIFよりも圧縮率が高く、
また、イラストだけでなくフルカラーの写真なども画質を落とすことなく保存することが可能です。

色の数が多い

PAK85_color20141206204808500
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材
ホームページなどにイラストを貼りつける場合、
一般的にはGIF形式で保存されたデータが用いられてきました。

しかし、GIFの場合は8bit(256色)までしか対応しておらず、色の数が多く複雑なイラストに関しては、
GIF形式で画像を保存すると画質が落ちてしまうという問題点があります。

それと比較し、PNGの場合はGIFと同様8bit(256色)でのイラスト保存が出来る上、
さらにフルカラーの24bit(約1678色)での表現も可能です。

そのため、PNGで保存されたイラストは、GIFよりも繊細な色表現を残すことが出来ます。

また、PNG形式でのイラストは、透過GIFのように画像の1色を指定しその部分を透明化させたり、
アルファチャンネルを使った半透明の表現が出来たりするため、多彩な画質を保存するのに適した方法と言えます。

プログレッシブに対応できる

C789_keitaitomba500
引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材
プログレッシブとは、インターネット上で画像などのデータをダウンロードする際、
画像を少しずつ鮮明に表示していく方法です。

この方法を用いると、ホームーページなどで
ページ全体を読み込むのにかかる時間が抑えられる効果があります。

まとめ(特徴を知ってPNGを使ってみよう)

これまで説明してきたPNGの特徴を生かし、画像を保存してみましょう。

PNGの場合は扱える色の数が多いため、
例えば、ベタ塗りのイラストとグラデーションがひとつの画像に混在しているものなどは、
PNG形式だと画質を落とさずにデータを保存出来ます。

また、写真などにベタ塗りの文字を入れた場合も、
JPEG形式で保存すると文字の部分が荒れてしまいますが、
PNG形式のファイルで保存した場合は、
写真と文字の両方をきれいな画像で保存することが可能となります。

このように、イラストを保存する上でPNG形式は非常に便利ですが、
注意しなければならない点がひとつあります。

それは、イラストによっては、PNG形式で保存したファイルの容量が大きくなり過ぎてしまうことです。

また、PNGはGIFのようにイラストにアニメーションをつけることが出来ません。

時には、GIFやJPEG形式の画像の方が扱いやすい場合もあるため、
使用目的などに合わせて最適な保存方法を選択するようにしましょう。



※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

イラストデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

イラストデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る