日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 参考になる!チラシデザインに活かせるカラーの持つイメージまとめ

クラウドソーシング

  1. 参考になる!チラシデザインに活かせるカラーの持つイメージまとめ


参考になる!チラシデザインに活かせるカラーの持つイメージまとめ


はじめに

a0001_017440

イベントでたくさんの人を集客したい、もっと自分の会社の商品を知ってほしいなどの時の宣伝手段としてチラシを利用する場面は多いと思います。チラシを作る上で重要なポイントの一つがカラーです。ここではなんとなくこのカラーがいいんじゃないかな・・・と曖昧な考えで色を決めるのではなく、お客様の興味を引くチラシを作るためのカラーのイメージ・使い方をご紹介いたします。
引用元: 写真素材 足成

参考になる!チラシデザインに活かせるカラーの持つイメージまとめ

デザインに使う色の組み合わせでチラシやPOPのイメージは大きく変わります。チラシやPOPを作成する際には、相手や季節などを考慮して、カラーを決めていきましょう。それぞれのカラーがもつイメージは下記の通りになりますので参考にしてみてください。

●赤色イメージ:元気・情熱・生命力・エネルギーなど
●青色イメージ:誠実・信頼・理知的・冷静・集中力・クール など
●黄色イメージ:陽気・金運・希望・明るさ・注意力・やる気 など
●緑色イメージ:自然・素直・安らぎ・平和・リラックス・健康 など
●オレンジ色イメージ:好印象・陽気・気分転換・暖かい・若々しい・楽しさ など
●紫色イメージ:高貴・気高い・神秘・妖艶・哀れ・女性的・ミステリー

などこれらのカラーのもつイメージを利用し、このチラシはお客様にどのように見てほしいのかという事を意識してメインのカラーを決めていきます。メインのカラーが決まったら次は配色を決めていきます。配色を決める際にはどういった組み合わせが調和するのか、相性がいいのかを知っておくと上手な配色ができます。赤や黄、青、緑といった色味の違いを色相といいます。色相には循環性があって、色を順に並べていくと丸い環になり、これを色相環と言います。配色を考える際には、色相環をもとにすると簡単です。

イメージ①補色を使う

色相環で正反対の位置にある色の組み合わせを言います。例えば赤&青緑、黄&青紫などの組み合わせがこれにあたります。補色は色相差が最も大きいので、お互いの色を目立たせる効果があります。チラシは目立たせる事が非常に重要なので補色は様々な場面で目にする事ができます。

イメージ②類似色を使う

色相環で隣の位置にある色の組み合わせを言います。例えばオレンジの類似色は赤と黄色です。色の性質が似ている色を利用するため、色同士がぶつかりあうことなくまとまった印象を与えることができます。お客様に安心感を与える事が目的のチラシに利用すると良い効果を得ることができます。

イメージ③同系色を使う

色相環で同じ色だが、色の濃さや彩度差がある組み合わせを言います。イメージとしては赤という色に黒や白の絵具をまぜた色の組み合わせの事を指します。同じ色をメインにしていますので、誰でも使いやすくオーソドックスな印象を与えることができます。

まとめ:チラシでは色を効果的に使おう

a1180_003589
参考になったでしょうか?色の組み合わせを知っておくだけでチラシの出来栄えが全く違ってきますのでぜひ活用してみてください。
引用元: 写真素材 足成

チラシデザインを依頼
フリーデザイナーに依頼!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る