日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « チラシデザイン前に知っておきたい!フォントの向き不向き

クラウドソーシング

  1. チラシデザイン前に知っておきたい!フォントの向き不向き


チラシデザイン前に知っておきたい!フォントの向き不向き


はじめに

a0001_013648
チラシを作成していく上でどのフォントを選ぶかというのは売上を左右するほど大切な事です。フォントは数多くの種類が存在しそれぞれのフォントごとに特徴があります。フォントの特徴を理解し反応のいいチラシを作りましょう。
引用元: 写真素材 足成

フォント選びを間違えるとせっかくのチラシも台無しに

チラシというものはまずお客様の目にとまり、読んでもらってはじめて効果があるものです。お客様がチラシを読む場面を想像すると決してそのチラシに興味津々という場面ばかりではないでしょう。そんなお客様に対して文字が読みにくいフォントを使用したり、印象に残らないフォントを使用したりすると読むという事すらしてくれなくなってしまいます。フォント選びをしっかり行えば文字が読みやすくなり、お客様の興味をより引きつけることができますので、フォント選びは念入りに行いましょう。

チラシのタイトルに向いているフォント向いてないフォント

日本語の文字は、「明朝体」と「ゴシック体」に大別することができます。明朝体は、横線に対して縦線が太く、横線の右端、曲り角の右肩に三角形の山(ウロコ)がある書体です。 一方、ゴシック体は、横線と縦線の太さがほぼ同じで、ウロコが(ほどんど)ない書体です。タイトルは通常短文になり、お客様に一番伝えたい事をまとめたものになります。その場合はお客様にインパクトを与えるフォントが向いていますので「ゴシック体」を利用するとよいでしょう。逆に「明朝体」は線が細く読みやすいですが、インパクトという点では劣りますので、タイトルには向いていないフォントだと言えるでしょう。

長文に向いているフォント向いてないフォント

タイトルとは逆に長文の部分はお客様にしっかり読んでいただく必要がある箇所になるため、インパクトを重視するよりも読みやすさを重視したほうが、お客様にストレスを与えず文を読んでもらう事ができます。太いフォントで長い文章を書くと紙面が黒々してしまうので、読みにくい文章になってしまいます。一般に、明朝体はゴシック体に比べて細い書体なので、長い文章には明朝体が適切です。さらに長文の場合は同じ明朝体でも太い明朝体を利用するとあまり読みやすくありませんので、細い明朝体を利用することがベターです。

フォントをうまく利用して、チラシを作成しよう

a1640_000086
以上説明させていただいたようにフォント選びでチラシの読みやすさは大きく変わり、お客様に与える印象が変わります。フォントをうまく利用することでお客様にしっかりと読んでもらい、売上アップにつなげましょう。
引用元: 写真素材 足成

チラシデザインを依頼
フリーデザイナーに依頼!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る