日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 作ってみたい!誰もがかっこいいと思うチラシを作るための3つの秘訣

クラウドソーシング

  1. 作ってみたい!誰もがかっこいいと思うチラシを作るための3つの秘訣


作ってみたい!誰もがかっこいいと思うチラシを作るための3つの秘訣


はじめに

スクリーンショット 2013-04-30 10.28.05 PM
引用元:国公率100%、国公立展公式ブ国グ
ここでは特にターゲットが定まっていないという場合に、例えば「とりあえずなんでもいいからデザイン案出してよ」などと言われたらデザイナーはどのように対応するべきなのか、について一般論としてご紹介します。これを基本として、他の参考情報が入って来たらそれに応じて工夫を加えていくのが良いでしょう。

①基本的にイラストベース

一般的に世の中の人々は、自分たちが制作したチラシを積極的に読んではくれません。そこでパッと見でわかりやすいものが無難になってきます。では具体的にどんな要素で構成するべきかというと、イラストベースが最もお勧めできます。小さい子ども~大人~お年寄り、男女問わず抵抗が無いようなテイストのものを使用しましょう。
イラストを使用する際のメリットは、方向性を修正したい際に簡単に描き直しがきくというところです。撮影が必要ですとスタジオが空いているとも限りませんし、場合によっては撮り直しが要求される場合がありますので、そのぶんイラストは楽だと言えます。「なんでもいいから作って・・・」といったぼんやりした指示の後はどんな案を上げても否定されがちですので、まずはイラストを使って「害の無い」ていすとのもので仕上げてみて、そこを基準としてどちらの方向に修正が欲しいのかを指示してもらうと良いでしょう。

②コピーに印象の残る言葉を使っている

チラシには、ぱっと目に入った瞬間に強く印象に残るコピーが必要です。文字の大きさやフォント、太さ、色を工夫して目立つようにデザインすることはもちろん重要ですが、それ以前の問題としてコピー自体をどんな言葉で表現するのかということが非常に重要です。特に最も大きな文字で表現するメインコピーには印象に残る言葉を使いましょう。メインコピーには「そのチラシで最も訴求したいこと」を鋭く・感覚的に伝えるという役割を求められます。同時に必ず注力して欲しいのが「その商品・サービスがユーザーに対してどのようなベネフィットを与えることができるのか」を表現するということです。これがきちんと表現されると、チラシを見たユーザーが「ああこれは自分向けの商品・サービスなんだな」と感じ、注視してくれるようになります。
つまり、ここで言う印象に残る言葉とは奇抜なものという意味ではなく、あくまでユーザー側から見て「自分に呼びかけてくるような内容のコピー」と感じさせるもの、という意味です。
a1640_000080
引用元:足成

③一見斬新なデザインだがちゃんと意味がこもっている

これもあくまで、奇抜なものを制作するという意味ではありません。ユーザーのベネフィットとなる要素を追求し、余分を削ってシンプルにしていけばいくほど、行き着く表現が鋭く斬新なものになっていく場合があります。「加えていく」のではなく「削いでいく」のが最大のポイントです。チラシに訴求力を持たせることが最終目的ですので、その本質を追求した結果、無駄が省かれて表現が鋭くなり、斬新なデザインができることがあるのです。この場合、その文章は商品・サービスや会社の「カラー」となってくれるようなものでなくてはなりません。

まとめ:チラシをかっこよく作ろう

ターゲットが明確にならない時点では、イラストベースのデザインが最も無難です。そしてかっこいいチラシを目指す基本は「訴求ポイントを絞り、余分な部分を削ぎ落とす」ことです。それにより表現が鋭くなり、シンプルとなり、自然とかっこいいチラシに仕上がるのです。

チラシデザインを依頼
フリーデザイナーに依頼!チラシデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

チラシデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
チラシデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る