日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ロゴの変更による企業のメリット

クラウドソーシング

  1. ロゴの変更による企業のメリット


ロゴの変更による企業のメリット


はじめに

皆さんこんにちは。旬な業界情報をお届けするクラウドワークスブログです。本日のテーマは「ロゴの変更による企業のメリット」です。
皆さんのロゴ作成の参考になれば幸いです。

ロゴを変更するタイミングとは

近年では、既存のロゴから新しいロゴへデザインを変更する会社が増えています。ロゴの変更に加えて、社名変更を伴うケースもあります。
創業当時とは、ビジネスモデルが変わってしまった場合では、会社名とともに、ロゴも変更するケースが多いでしょう。また、新規事業の立ち上げに伴って、ロゴを変更するケースもあります。あるいは、創業○○周年を機に、ロゴを一新する会社もあります。

 

 


引用元: DeNA
(事業拡大に伴いロゴを変更した例)

引用元: Starbucks Coffe
(40周年を機に、事業内容の拡大に伴いロゴを変更した例)

消費者に慣れ親しまれたロゴを変更するには、リスクが伴います。以前のロゴの方がよかった、ということになれば、会社やサービスのイメージの低下につながります。広く周知を行わなければ、ビジネスのチャンスを失う結果になりかねません。新しいロゴが、明確にこれからの方向性を伝えられるデザインである必要があります。メッセージ性も重要ですが、何の会社やサービスかわかりやすいデザインであるようにしましょう。単にイメージの刷新というような安易なロゴのデザインの変更は、避けた方が賢明です。ロゴの変更の意図が、既存のロゴと新しいとロゴを比べたときに、わかるようなデザインがよいでしょう。

ロゴを変更するときの注意点

古いイメージを持たれやすいデザインのロゴを、デザイン性の高いロゴに変更する場合にも、注意する点があります。モダンであることやスタイリッシュであることのみを優先してしまうと、会社のイメージとはかけ離れたロゴになる可能性があります。ロゴのデザインが一人歩きしないように、ブランディング戦略とロゴのデザインが、一致するようなロゴをデザインしましょう。

創業時とビジネスモデルが異なる場合には、ロゴの変更が消費者に受け入れられやすいでしょう。社名の変更を伴う場合には、リスクもあります。しかし、現在の事業内容に即したロゴに変更する場合や、新規事業の立ち上げに伴いロゴを変更する場合には、ロゴの周知がビジネスモデルの周知にもつながります。これからの会社やサービスの方向性を消費者などに伝える上で、ロゴの変更は有益な手段になります。

まとめ:ロゴの変更はビジネスチャンスになりうる

ロゴの変更は、充分にブランディング戦略を練った上で、消費者にロゴの変更の目的が伝わるようなロゴになるようにしましょう。そのためには、ロゴのデザインを依頼する際には、デザイナーにロゴの変更の目的を伝え、デザイン戦略をよく打ち合わせます。既存のロゴから新しいロゴへの変更が、メッセージ性を持ったものになるようにします。ロゴの変更によって、新たなビジネスチャンスの獲得につなげましょう。

ロゴ作成を依頼
簡単発注!ロゴマークデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

ロゴマーク・ロゴデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

ロゴマーク・ロゴデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る