日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ロゴデザインを外注で制作依頼する時の相場は?

クラウドソーシング

  1. ロゴデザインを外注で制作依頼する時の相場は?


ロゴデザインを外注で制作依頼する時の相場は?


1 (8)
引用元:写真AC

商品における企業そのもののトレードマークとなるロゴはビジネスを成功させるか否かにおいて意外と重要です。
もちろんその商材や企業が本質的に優れている、ということは大前提です。しかしビジネスマンにとって第一印象は非常に重要である、という理屈と同様で、ロゴはその商品や企業の顔となり、良くも悪くも顧客が抱くイメージの大きなウェイトを占めるでしょう。

では実際にロゴを外注で作成依頼する場合はどのような選択肢があり、相場はどれくらいなのでしょうか?

依頼するのはデザイナー?制作会社?

いざロゴを作ろうと思ったら、その道のプロに依頼するのは悪い投資ではありません。
もちろんデザイナーによって依頼料はピンキリ、日本の中小企業が世界的に有名なデザイナーに依頼するのはほぼ不可能です。
個人の、いわゆるフリーのデザイナーの依頼料はかなりピンキリなので相場を試算するのは難しく、またそれを定義する意味合いも薄いと思われます。そのためよほど予算に余裕がない限りは名指しでデザイナーを指名して依頼、という形は取りづらいです。

ロゴに限らずデザイナーにデザインを依頼する場合の相場なんてあるようで無いもの、と考えるべきです。しかしWebデザインの外注依頼を請け負う、いわゆる制作会社ならば値段はかなり明確に提示してくれます。そのため予算をそこそこで抑えたい場合は専門の制作会社にデザインを依頼するのが何かとわかりやすいでしょう。日頃から中小企業を顧客とする制作会社ならば不慣れな顧客に対する営業ノウハウも高いのでオススメです。

基本的に一つのロゴデザインの依頼に対していくつかのデザイン案を提示してくれて、細かい修正依頼も何回まで、と事前の契約段階で提示してくれる会社がほとんどです。相場は安くて3万円~、高くても数十万円までといったところで、百万円を超えるようなところは稀です。とにかく事前に明朗会計してくれるのが制作会社に依頼するアドバンテージの一つです。

基本的にそれなりに名の通ったデザイナーを抱える制作会社は値段が高くなる傾向にあります。上記で解説した、フリーのデザイナーに直接依頼するのは制作会社に依頼する以上にデザイン料が変動すると考えていいでしょう。フリーのデザイナーは自分の名前で仕事を取れるから制作会社に所属せずに仕事をしているわけですから。

限られた予算だけど、多くの提案から選びたいなら【クラウドワークス】コンペ形式がオススメです

制作会社への依頼以外の選択肢としてクラウドソージングサイトでロゴデザインを行ってくれるデザイナーを募集するという選択肢もあります。こちらは今回紹介する選択肢のなかでもっとも費用を抑えることができる選択肢です。

クラウドワークスはクラウドソージングサイトでも大手の存在であり、様々な職種のフリーワーカーが登録しています。登録しているフリーランスのデザイナー数も日本最大級の規模です。

クラウドソージングでの応募形式でデザイナーを募集するので、ロゴデザインをしてくれるデザイナーを募集する場合でも希望デザインの傾向を細かく記載できるため、自身のデザインイメージに近いもの作成できるデザイナーを見つけることができます。
相場はおよそ2万円~8万円程度、稀に10万円をこえる案件を見かけるくらい、となっているため制作会社に依頼するよりも費用を安く抑えられるでしょう。クラウドワークスの場合なら登録も依頼者側の仲介手数料もかからないためにとりあえず登録してデザイナーを募集してみる価値はあります。

コンペ形式で応募すれば時間の節約にもなります

上記で解説したクラウドワークスの活用法は【プロジェクト形式】と呼ばれるスタンダードな募集方法です。
クラウドワークスにはもう一つの募集形式として【コンペ形式】があります。

コンペ形式とは、例えば今回のようにロゴデザインを依頼したい場合は、ロゴの完成品を募集して、集まった作品の中から採用したい作品を選び、事前に決めた報酬を支払うという非常にシンプルな依頼形式です。
制作会社に依頼したりプロジェクト形式で一人のデザイナーに依頼したりするとどうしてもある程度話し合いを重ねる必要があるために時間的なコストがかかってしまいます。そういったプロセスを省いて最初から完成品を募集できるのがコンペ形式の一番のメリットです。

相場はプロジェクト形式とほぼ同じか、やや上回る場合が多いです。急募の場合はそのぶん報酬を高めに設定する場合も多くみられます。
コンペに応募するワーカー側も採用されなければ報酬は得られないわけなので仕事に対する高いモチベーションが期待できます
このようにコンペ形式は良質な仕事を行うために依頼側と受注側、双方にメリットがある優れた依頼形式
といえます。
このような形式がとれるのもクラウドワークスが日本屈指の登録ワーカー数を有する大手のクラウドソージングサービス運営会社だからこそといえます。

まとめ・気軽に依頼が出来るクラウドワークスは便利な存在です

ロゴデザインの作成を外注で依頼する場合にとれる選択肢は一般的に、

  • 個人のデザイナーに依頼
  • 制作会社に依頼
  • クラウドソージングサイトでの募集

の3つが考えられます。

個人のデザイナーに依頼する場合は非常に費用が読めないですが、名の通ったデザイナーならばブランドイメージの+αも期待できます。

制作会社に依頼する場合はデザインに対する細かい注文も話し合うことができるためにある程度時間はかかりますが思い通りのロゴデザインを期待できます。費用が少し高めであることと複数のデザインテイストで提案を受けることが出来ない点はマイナスポイントです。

3つ目の選択肢はクラウドソージングサイトに登録してデザイナーを募集することです。こちらもデザイナーとの話合いは充分にできるためにイメージに近いロゴデザインが期待出来て、費用は制作会社に依頼するよりも安く済みます。

クラウドソージングサイトの大手であるクラウドワークスが提供する【コンペ形式】で募集すれば完成したロゴデザインを集められるため、時間的なコスト節約になります。クラウドワークスは登録しているワーカー数も豊富なためにコンペ形式でも良質な作品の投稿が期待できます。

ロゴ作成を依頼
簡単発注!ロゴマークデザイン特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

ロゴマーク・ロゴデザイン詳細をみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
ロゴマーク・ロゴデザインのお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る