1. ロゴマーク・ロゴデザインコンペ特集

ロゴマーク・ロゴデザインのコンペ特集:会社ロゴやお店のロゴ制作など全国10万社が活用するコンペの特徴と実績をご紹介

2万円で平均70提案も集まるロゴマークのデザインコンペがおすすめ!

ご希望予算が決まっている方は、すぐにコンペを開催できます。

あなたのサイトやオンラインショップのロゴを作成するなら
クラウドワークスのコンペで決まり!

コンペを開催する!

ロゴコンペとは

会社やウェブサービス、飲食店などのロゴデザインを1社のデザイン会社に依頼するのではなく、多数のデザイナーから希望にあったロゴデザインを集め、その中から一つを採用する形式をコンペ形式といいます。
多くのデザイナーが参加するため、多彩なデザインやアイデアから選択できることが最大の魅力です。
インターネット環境の発達に伴い、ロゴやキャラクターデザイン、キャッチコピーの分野で特に活用が広がっています。

気に入ったデザインが無かったらどうしよう...
ロゴを頼んだことのない私でも大丈夫だろうか...

コンペ形式でロゴデザインを募集するも、希望にピッタリと合うデザインが集まらなかったら?
依頼は難しいのでは?とご心配される場合もあるかと思います。

クラウドワークスのロゴコンペなら

  • 依頼フォームをうめていくだけで
    希望イメージが明確になる!

  • 全国13万人の
    経験豊富なデザイナー!

  • 集まったデザイン案から
    採用デザインを選ぶだけ!

それでも集まらなかったら?
その場合、お預かりした仮払い金を返金しキャンセルといたします。
集まった提案数に応じて、20%~50%のキャンセル手数料がかかります点、ご注意ください。
(例、2万円でコンペ開催し、40人から提案があったが、ロゴを採用しない場合のキャンセル料は1万円です。)キャンセルについては、こちらを御覧ください。
お金は何回支払うの?
1度だけです。コンペ開催の費用が総額です。(デザイン買取費なども含まれています。)

ロゴマークコンペご利用事例

信頼性を重要視するビジネス系のロゴからお子様に人気のカラフルなロゴまで、用途やイメージに合った提案が集まると定評のロゴマークコンペ。 行政機関や老舗メーカー様のサービスロゴや、人気菓子店のパッケージ用ロゴまで、約8000社のご利用実績があります。

  • 立ち上がる人のシンボルが成長を表現

    経済産業省

    新規事業のロゴデザイン
    8万円で143提案

    「トップレベルの支援者の能力を活用して、日本を担う企業を育てる」という事業コンセプトを表現。5日で143提案も集まりました。

  • 社名をモチーフに先進的なイメージを醸し出す

    YJキャピタル株式会社

    会社のロゴデザイン
    3万円で247提案

    社名の略称である「YJC」文字と、曲線で描かれた赤いキューブが目を引きます。シンプルなデザインで洗練された印象を与えるロゴです。

  • 懐かしさと独創性が共存するモチーフ使い

    映像コンテンツ制作会社

    会社のロゴデザイン
    3万円で99提案

    「クラシカルな装いでありながらも独創的な印象に」というご依頼を見事に表現。カラフルな組木細工のモチーフとレトロな書体が特徴のロゴです。

  • 暖色系のグラデーションが印象的

    日の出屋製菓産業株式会社

    老舗菓子メーカーのロゴデザイン
    2万円で84提案

    創業1924年の老舗米菓メーカーがFacebook用ロゴをコンペで募集。お茶碗に盛られた米を象徴的にデザインした、先進性とインパクトを兼ね備えるロゴです。

  • 野菜のある食卓をシンボリックに表現

    体験型農園サービスのロゴデザイン

    2万円で142提案

    「畑を味わう食卓へ」というコンセプトをシンプルかつ上品に表現。お皿に盛られた野菜たちとカトラリーが愛らしいロゴデザインです。

  • リボンが包み込むおもてなしの心

    ギフト用高級スイーツのブランドロゴ

    3.5万円で122提案

    一流パティシエの手作りスイーツのパッケージ用ロゴデザインです。幅広い年代の女性が好むリボンのモチーフを優美に仕上げました。

  • オンライン保険紹介サイト

    ウェブサービスのロゴデザイン
    5万円で38提案
  • 女性社員が活躍する企業

    企業のロゴデザイン
    2万円で60提案
  • ヤマハ株式会社

    ウェブサイトのロゴデザイン
    5万円で147提案
  • 子育てママ向けの事業ロゴ

    ママが集うスタジオのロゴデザイン
    3万円で67提案

デザインの公募というと行政による募集やコンテンスト、大企業のキャンペーンをイメージされる方も多いかと思います。
しかし最近では、中小企業や個人事業主、スタートアップベンチャーなどが手軽に利用できるサービスとなりました。
ここでご紹介しましたご利用事例は行政機関や大手企業が中心となっておりますが、多くの中小企業様にもご利用いただいております。
というのも、依頼金額2万円や3万円で100件を超える提案が集まるケースも多く、低予算で満足いくデザイン提案を得られることがロゴコンペの利用を促進していると言えます。合わせてキャラクターデザインやチラシデザインでも言えることですが、デザインを「コンペ形式」で頼むことが一般化したことも一役買っていると言えるでしょう。

多くのメディアでもご紹介いただいています。

クラウドワークスはテレビ、新聞、雑誌をはじめとした数多くのメディアにてご紹介いただいております。
クラウドソーシング・クラウドワーキングは近年新しい働き方、ライフスタイルとして注目されており首都圏以外の地域にお住まいの方も、デザイン力や技術力が優れていれば希望する業務を受注出来るとあって実力のあるワーカー様による登録が増加傾向にあります。
特にロゴマークデザインのコンペは、提案者の地理的条件が採用に影響なく、北は北海道、南は沖縄まで多くのデザイナーが提案されています。発注者側にとってもこの魅力は大きく、アナログな取引では出会うことが難しかった他エリアに住む実力派のデザイナーからロゴマークの提案を受けることが可能です。

ロゴコンペご利用の流れ

クラウドワークスの利用はとても簡単に始められます。数十秒で完了する会員登録の後、制作を依頼するロゴの情報を入力します。 会社ロゴであれば会社名を、サービスサイトロゴであればサービス名を、店舗のロゴであれば店舗名を含めることが一般的でしょう。「頭文字ロゴ」や「筆文字ロゴ」など希望するロゴイメージを8種類から選びます。希望イメージが固まっている場合にはひとつを選択しますし、イメージがぼんやりとしている場合には複数タイプを選択します。企業のメインカラーや取り入れて欲しい色、参考にして欲しいデザインなどがあれば記載し募集詳細の入力は完了です。
次のステップで、依頼金額を仮払いします。仮払いとは、発注時点でクライアントが仮支払いをし、希望にあったロゴマークデザインが提案され、クライアントがそのデザインを採用した際に支払われる仕組みを言います。
この仕組みにより、デザインを採択するまで料金が支払われることはありませんし、デザイナーにすると支払いの保証となります。
募集開始後は、集まった提案をご確認いただき、募集締切後14日以内に採用案を決定します。これ!というロゴデザインを決めたら、後はデザイナーからロゴデータが納品されるのを待ちます。ここまでが一般的な依頼~納品までの流れとなります。

クラウドワークスは10万社が利用するクラウドソーシングサービスです

発注クライアント10万社

100,000!

受注メンバー71万名

710,000!

日本最大級のサービスだからこそ全国の優秀なデザイナーが登録し、多くの企業様にご利用いただいています。

経験豊富なデザイナー/活躍するプロフェッショナル

クラウドワークスはロゴデザインに対応できるデザイナー・クリエイターがたくさん登録しています。登録したデザイナーは、IllustratorからPhotoshopなどのスキルを持つだけでなく、大手企業のDTP案件やイラスト・キャラクター作成案件など分野を超えて活躍するプロフェッショナルです。
多くの企業様に満足いただけているのは、このクリエイター・デザイナーの質の高さにあります。ここでは特にクライアント様からの評価が高いデザイナーをご紹介します。
発注の際に参考になさってください。

ロゴデザインコンペのご利用実績

クラウドワークスのロゴコンペご利用実績とご利用者様の声をご紹介します。

  • ヤマハ株式会社

    • 依頼金額50,000円
    • 提案112件
    • 募集期間9日間

    想定を越える数のご提案があり、チーム一同感謝しております。
    また、ご提案いただいた内容はどれも甲乙つけがたく、選考にあたっては慎重に検討をさせていただきました。本当にありがとうございました。

  • 株式会社コウゾウ様

    • 依頼金額20,000円
    • 提案186件
    • 募集期間7日間

    かなり多くの応募をいただき、驚きました。応募いただいたものを一覧で見て、社内のデザイナーにも意見を聞きながら最終的に決めました。非対面で仕事が完結する点が魅力的で、仕事を獲得するツールとしてのクラウドワークスに対して非常に興味を持っていました!また使わせて頂きたいですね。

  • ラクスル株式会社様 Webサービスのロゴマーク

    • 依頼金額50,000円
    • 提案69件
    • 募集期間16日間

    弊社サービスの名称変更に当たりロゴマークを依頼致しました。予想以上に素晴らしいロゴ提案がたくさん集まってよかったです。ロゴの実際のトーンなども見れるので継続的に委託・依頼したいデザイナーさんを探すのにも便利だと思いました。また使わせていただきます!

  • ものづくり図書館様 図書館のロゴマーク

    • 依頼金額20,000円
    • 提案25件
    • 募集期間2週間

    多数の中から気に入ったロゴマークだけ買い取れるコンペ形式に魅力を感じて利用しましたが、実際にもご提案のクオリティーおよびご提案件数が多く、利用して良かったです。多くの要望にも柔軟にご対応いただき大変感謝しています。この度は本当にありがとうございました。このロゴを大切に使い続けたいと思います。

クラウドワークスでのロゴコンペご利用実績数は数千件を超え、上場企業の新サービスロゴや商品ロゴからベンチャー企業ロゴや店舗ロゴまで幅広くご利用いただいております。お寄せいただくお声に、「想像を超える提案数が集まった」「考えもしなかったデザインがいくつもあった」など多くのデザイナーが登録するクラウドワークスならではのお喜びの声をいただくことも多くございます。お考えのご予算と同額程度での提案数やハイクオリティーな提案デザインをご覧いただきまして、ご希望にあうかご判断頂けるとよろしいかと思います。

一般的なロゴデザインサービスとの比較

CrowdWorksのロゴデザインコンペとデザイン会社によるロゴデザインサービス、安価なロゴデザインサービスを4つの視点で比較してみました。

クラウドワークス A社 B社
金額

2万円など(※自由設定)

10万円

2万円

提案数

平均70提案

5提案

1提案

制作日数

3日〜

2週間

1週間

対応エリア

どこでもOK

都内

国内

提案数で圧倒的な差が確認できます。ロゴデザインの依頼が初めての方や希望イメージがぼんやりとしている場合にこそコンペ形式が最適です。
制作日数が数日しか取れない場合にもコンペ形式が向いています。閑散期・繁忙期は登録デザイナーにより様々です。
その為コンペでは、少ない納期であってもその時即座に対応できるデザイナーからの応募が得られるため、一定数の提案を確保することが出来ます。

多くのデザイン提案から選びたいなら、コンペ形式がおすすめ!
CrowdWorksのロゴコンペは会員登録無料!発注手数料も無料!

あなたのサイトやオンラインショップのロゴを作成するなら
クラウドワークスのコンペで決まり!

コンペを開催する!

よくあるご質問

いくらから頼めますか?

下限依頼金額は1,000円です。少額予算での依頼ですと提案数が増えなかったり、経験豊富なデザイナーからの提案を得にくい傾向にあります。20,000円、35,000円、50,000円、80,000円でのご依頼を多くいただいています。

希望するデザインイメージが明確でなくても頼めますか?

イメージがない、固まっていない場合でもご依頼いただけます。社名と扱っている事業内容からイメージを膨らませてもらい、幅広くデザインを募集されるケースも多くあります。最低限、業種と主要サービスについては説明できると良いでしょう。

新サービスロゴのため、募集詳細を限定公開とすることは出来ますか?

オプションを指定することで仕事詳細を検索エンジンや未ログインユーザーに非公開とします。募集終了後も集まったロゴデザイン一覧を非公開とすることも可能です。会員限定公開(+提案非公開)オプションまたは会員限定公開オプションをご検討ください。

作ってもらったロゴを商標登録は出来ますか?

可能です。(商標登録を保証するサービスではありません。ご注意ください。)ご依頼時に商標登録を「予定あり」としてください。コンペの開催にあわせて商標調査を行うことも可能です。詳しくは、「商標調査・登録オプション」をご覧ください。

ロゴの重要性
会社、webサービス、アプリなど、ロゴは世の中に溢れていますが、文字やマークを組み合わせてつくりあげ、会社やサービスの特徴・理念を直感的に理解してもらうことは難しい。最近では、webサービスやアプリが続々とリリースされており、様々な場面でロゴマークのニーズが高まってきていると思います。また、サービスはロゴのデザインで認知されることも多いので、シンボルにもなりえます。そういった意味で、ロゴはブランドの一つとして非常に重要になってきています。
ロゴ作成の依頼のむずかしさ・悩み
上記のような状況から、ロゴマークに凝りたいこと方も多いのではないかと思います。ただ、制作会社にロゴの仕事を依頼すると結構高い。しかも、初発注の企業だと、デザインの品質もどの程度かわかりにくい。相対的に品質を比較することができません。また、ロゴマークのテイストを1社1社に伝えて、各担当者に連絡して、修正して、ということを繰り返す作業プロセスが非常に煩雑です。ロゴを1つ制作するのに、非常にコストが発生します。そもそも、ロゴを作成するの際、illustrator(イラストレーター)さえあれば、誰でも制作可能です。ただ、どの色を組み合わせるのか、フォントは何を使うのか、画像は何を挿入するか、など、細かいデザイン部分は感覚的なものであり、経験的なものです。実質的にはillustrator(イラストレーター)以外の部分がデザイナーのスキルであり、そのレベルは作り手により千差万別です。よってロゴを制作するデザイナーのスキルを見極めるのは実際に一緒に仕事をしてみないと難しいものがあります。ロゴの仕事を依頼する際には、そのクリエイタースキルを見極めるのが非常に難しいし、面倒な訳です。
ロゴマークの外注のポイント
そんな従来の外注の悩みを解決するのが、クラウドワークスコンペです。従来の従来とは異なり、1万名を超えるフリーランスデザイナー(またはデザイン会社)が登録していますので、コンペ形式を利用してロゴの仕事を依頼すれば、テイストやイメージ、利用目的を一回記入するだけです。あとは複数の受注者の方から、多くのロゴマークの提案を受けることが可能です。実績として、予算2万円で70のロゴマーク案を集めることが可能で、その中から一番良いデザインを採用することができます。もちろん、気に入ったロゴを提案してくれたデザイナーさんに、追加で修正依頼をかけて品質をあげることも可能です。1人のデザイナー・1社の制作会社にロゴマークを依頼するよりも、圧倒的に多くのデザイナーにリーチすることができるので、イメージにマッチした、納得のいくロゴマークを採用できる可能性が非常に高いです。また、予算以上にお金がかからないので、費用も安く抑えることが可能です。発注の概念が変わります。
クラウドワークスコンペでロゴマークを依頼する際のコツ
そんなクラウドワークスのコンペ方式を使ってロゴの案件を依頼する際、より多くの、そしてより質の高い提案を受けるコツが2つあります。1つ目のコツは、依頼金額の設定です。ロゴマークのコンペ方式は、集まった多くの提案の中から良いデザインを採用し、その提案に対してのみ、報酬をお支払いする仕組みです。よって、まず報酬を設定していただく必要があります。この報酬金額があまりに少ないと、提案は集まってきません。逆に、依頼金額を少し高めに設定すると、よりスキルをもった優秀なデザイナーから提案が多く集まってきます。ロゴマークの仕事の平均単価は約2万円で、上記でお伝えした通り約70のロゴマーク案が集まります。もちろん価格だけがロゴ提案数を決める要素ではありませんが、いいロゴを制作したい、いいデザイナーに委託したいとお考えでしたら、このぐらいの費用を目安に考えていただければと思います。2つ目のコツは、ロゴマークのイメージを出来るだけ具体的に書くということです。クラウドワークスではロゴの利用目的、イメージ、色(カラー)、などを選択することが出来ます。何に使用するのか、そのロゴにどういうメッセージを込めたいのか、といった内容を記していただくと、デザイナーに希望イメージが深く伝わります。感覚的な言葉であってもそれを形にするのが、優秀なデザイナーの仕事です。クラウドワークスには、そんな優秀なデザイナーが多くいます。強くわかりやすいメッセージを記載してロゴマークの仕事を依頼してみてください。「ロゴを作りたいけど、費用はできる限り安く抑えたい、でもロゴの品質は落としたくない」そんな方のために、気軽にロゴマークの仕事を発注できる方法として、コンペ方式を開始しました。従来のロゴマークの外注とは、スピード感、費用、コミュニケーションロスが、全く違います。いいロゴマークが欲しい、少しでもそう思っていらしたら、是非、クラウドワークスのコンペ方式で依頼してみてください。
ロゴデザインの価値とロゴデザインを考える時のポイント
ロゴとはロゴタイプの略称で、団体、ブランド、商品などのシンボルのことです。名前と同じように、ロゴは団体や商品そのものを指すようになります。企業・会社、大学、病院など様々な団 体がロゴを作成・制作し、多くのブランドと商品にロゴがつけられています。ロゴの印象は、団体や商品のイメージに影響を与えます。ロゴにより名前を覚えやすくなり、団体や商品の知名度が上がります。そのようにしてロゴはブランド価値を作り、ブランディングにつながります。
ロゴを商標登録するか、ロゴが広く知られるようになると、知的財産権が生じます。商標法や不正競争防止法によって保護されると、競争で有利になります。このようにロゴデザインは、ビジネスにおいて重要な役割を果たします。
ロゴデザインを自分で作成するとき、デザインが思いつかない、思いついたロゴを法律上使用して良いか分からない、きれいなデザインが作成できないという難しさがあります。1点目はアイデアが出てこないとか、イメージと違うという悩みです。デザインに慣れていないと、形がなかなか思いつかないものです。2点目は思いついたロゴを使用しても、他社の知的財産権を侵害しないかを確認するのが難しいということです。データベースなどで他者のロゴやフォントを調べなければなりませんが、似ているものがないかを調べるのは、手間がかかる作業です。3点目は、作図が思いどおりにできないということです。デザインソフトを持っていなければ、そのためにソフトを購入するのは経済的ではありません。また使い方に慣れていないと、思いとおりの仕上がりになりません。
ロゴデザインを外注すると、プロにロゴを作ってもらえるので、これらの悩みが解決します。ロゴの受注者は発想力が豊かなので、自分では思いつかなかったロゴデザインを提案してもらえます。そして、ロゴデザインの受注者は他者の商標権や著作権について調べてロゴを作成するので、法律上問題なく使用できるロゴを作成してもらえます。さらにロゴデザインの受注者は、専門のデザインソフトでロゴを作成するので、きれいなロゴができます。ロゴデザインを外注するポイントは、作りたいロゴの条件を明確に受注者に伝えることです。表現したい意味、使いたい色、文字、用途などです。ロゴデザインを外注するには、デザイン会社に依頼するか、コンペで募集する方法があります。デザイン会社にロゴデザインを外注するときは、まず外注先とプランを決め、打ち合わせをして、納品を受けるという流れです。
デザイン会社を決めてロゴ制作を依頼すると、提案されたロゴの中に気に入るものがなかったら困ると心配になることがあると思います。それから、もっと色々な案を見てみたいと思うこともあるでしょう。しかし多くのプランで修正できるのは数回までで、複数のデザイン会社にロゴを作成してもらうことは予算上困難です。ロゴデザインをコンペで募集すると、たくさんの案をもらえます。クラウドソーシングサイトで募集すると広告を出すより効果的で、募集の閲覧回数が多いです。そしてそれぞれの応募者が考えたロゴデザインは、バラエティに富んでいます。 クラウドソーシングサイトには経験豊富なデザイナーが登録しているため、コンペでロゴデザインを募集すると、納得できるロゴに出会える可能性が高まります。

日本最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」
提案数・品質・価格で選ばれています!ロゴデザインコンペをご活用ください。

あなたのサイトやオンラインショップのロゴを作成するなら
クラウドワークスのコンペで決まり!

コンペを開催する!