日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 意外!農業機械に人名ネーミングが多い理由

クラウドソーシング

  1. 意外!農業機械に人名ネーミングが多い理由


意外!農業機械に人名ネーミングが多い理由


はじめに

HIRA92_kyabetubatake500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ

ターゲットは農業機械に人名ネーミングが多い。それは何故なのか。知られざる農業機械のネーミングについてご紹介したいと思います。

農業機械は「〇〇くん」「〇〇ちゃん」など、特徴的なネーミングが多い

そういえば自分が知っている農業機械のCMで「僕の名前はヤン坊。僕の名前はマー坊二人合わせてヤンマーだー♪きーみと僕とでヤンマーだー♪小さな物から大きな物まで動かす力だヤンマーディーゼル♪」と歌う歌詞のある農業ディーゼル社があるのを思い出した。あれも確かに人名をモチーフにしているなと思い納得です。
中には「タラちゃん MTR-1型」や「しずかちゃんII MP-X型」「草刈機MASAO」「ピンクレディ」のような国民的アニメのキャラ名や芸能人「ショットくん ST-1型」「三男・のっぽ三男・エアー三男」「「高圧(たかあつ)くん」等様と分かりにくいものや「にら坊 MMD型」と言う直接的なものもある。

ターゲットは高齢者→すぐ覚えられるネーミングがベター

ネーミングにとって大事な事は狙っているターゲットに受けやすいネーミングをしなくてはなりません。そして今回のターゲットは高齢者で、かつ若者人口が少ない農業だからこそ、親しみやすさが必要であり「MP-X型」の様な高齢者には堅苦しくとっつきにくい型番よりも「草とりバイオくん」や「魔法の土カチカチ君」「まぜ太くん」の様な何の用途に使うのかすぐ分かるネーミングは「こまめ」「サ・ラ・ダ」「プチな」の様な可愛く分かりやすい必要になると思います。

メディアにも取り上げられやすくなる

まずメディアに取り上げられやすくなるネーミングとは何なのかを考えるべきである。まず考えられる事は機能的な農業機械に奇抜且つ親しみやすいネーミングをする事で注目を集めることができマスコミやテレビの方達を呼び込んで売り込む事で色々な媒体で農業機械を売り込む事が出来、多くの人の目に触れる事が出来ます。ただ売り込むだけでなくじっくりその商品についてわかってもらうことが必要になる。更にはそれに伴い更に知名度を上げることが出来るのです

まとめ

N853_kouunnki500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ
ただ闇雲にネーミングするのではなくネーミングをする際にターゲットにあった親しみの込め方や覚えやすい物にする事で着実に知名度を上げることが出来る筈です。
赤ちゃんや高齢者は覚えやすかったりシンプルな物がいいし、10台~20台においてカッコイイや可愛いをはっきりさせておくといいという感じに変えていく様にすることが一番いいのではないでしょうか。
そして何よりその商品を売り込もうとするアイディアと機転が更にその商品の明暗を分けるのではないかと思います。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る