日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 意外と多い!?企業がネーミングを変える3つの理由

クラウドソーシング

  1. 意外と多い!?企業がネーミングを変える3つの理由


意外と多い!?企業がネーミングを変える3つの理由


はじめに

PAK12_10naname500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ
会社名、あなたは今、努める会社の名前を一日何回言葉にしますか?OLさんであれば電話を取るたびに。営業さんであれば、訪問する度、名刺を渡すタイミング、会社名を語る事は多く、そして「語られる側」として考えた場合、その「言葉にされる数」はいかほどのものなのでしょうか?これが商品のネーミングともなれば、「言葉にされる数」は一体?ネーミングの持つ宣伝効果は大きいのです。そのネーミングを変える際の企業の考え方を整理したいと思います。

理由①これまでのネガティブなイメージを一新させるため

冒頭で話しましたとおり、ネーミングを語ったり語られたりする数を換算すると物凄い数になります。もし、そのネーミングに「ネガティブな要素」があれば、数の分だけ「ネガティブ感」も広がる事になります。今、あなたが売っている商品はいかがですか?ネガティブ感はありませんか?ネーミングの変更でイメージを一新させた成功例は多々あるのです。

理由②事業展開に伴い、環境の変化に合わせるため

また、ネガティブ感がネーミングに無くても、その企業、商品が示す展開や環境に合致したネーミングでなければ、語ったり語られた数だけマイナスに作用する事もあります。環境が変化しているにも拘らず、環境に合わないネーミングを語る事はプラスに作用する事はありません。売りたい、広めたい、認めて頂き利用して頂きたい。そう思えば思うほどネーミングも環境に合っていなくてはいけないのです。利用者はそのネーミングを利用する以上、言葉として発するのですから。企業名(ネーミング)の事例ですが、現在のベネッセコーポレーションの旧社名は福武書店です。この例は20世紀後半に21世紀を見据えた社名変更戦略を行い成功した例ではないでしょうか?

理由③売り上げや新規ユーザーの獲得のため

今以上の売上を狙う為には、新たな市場、新たなユーザーを開拓していく事は必須条件です。しかし、従来のやり方で状況が変わらないのですから、何かしらの手を打たなくてはいけません。その中で「ネーミングの変更」は新規顧客獲得、新規市場開拓に大きく貢献出来る戦略です。あなたの商品の名前に実は限界が来ている事もあるのです。

まとめ、ネーミングを変えるのはブランド認知度をアップするチャンス

N811_notepcwosawarubiz500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ
ブランド認知度がある商品、無い商品、様々あると思います。ブランド認知度があり、うまく行っている商品にはうまく行っているなりの戦略があり理由があります。しかしブランド認知度の無い商品の認知度をどう上げるのかは、至難の業と言うものです。せっかく良い商品でも売れない。戦略を変えネーミングを変える事はブランド認知度をアップするチャンスです。あなたが売る商品、ネーミングの見直しを考えてみてはいかがでしょうか?

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る