日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 意外なコツが!いいネーミングを作りたいときに使える3つの方法

クラウドソーシング

  1. 意外なコツが!いいネーミングを作りたいときに使える3つの方法


意外なコツが!いいネーミングを作りたいときに使える3つの方法


はじめに

勉強_子ども
引用元:写真素材 足成

ネーミングを考える事が好き。又は得意。そう言う方もいらっしゃるかと思いますが、これを職業とするとなると、いつまでも「感覚感性」だけでひらめく事はありません。売れる商品のネーミングには考えるに当たりポイントやコツがあるものです。

①二つの言葉を組み合わせる

「お~いお茶」は「お~い」と「お茶」を組み合わせたものです。売りたいものは「お~い」ではありませんよね?「お茶」です。二つの言葉を組み合わせる方法の一つは「売るもの」です。鉛筆が売りたいのであればまずは「鉛筆・エンピツ・えんぴつ」という売りたい商品を描き、次に何を組み合わせるか?を考えてネーミングを加工していきます。

②言葉を変形させる

言葉を変形させると言われてもイメージが難しいかと思います。ネーミングとは別の事例ですが分かりやすい例でご紹介致します。例えば携帯電話のメール。「了解」「OK」「オッケー!」どれも同じ意味です。言葉を変形させて伝える手法という視点で解説します。会社の上司が部下にする返事が「おっけ~♪」とはならず「了解」と言う返事になる。伝えたい意図は同じでも、伝える形を変形させる事を指します。ネーミングもその環境、ターゲットに合わせ伝える言葉を変形させる事も考える上では必要な事です。

③複数の言葉の頭文字をつなげる

親子
引用元:写真素材 足成

外国語を例にすると、よく分かると思います。例えばFBI(アメリカ連邦捜査局)はFederal Bureau of Investigation。WHO(世界保健機関)はWorld Health Organizationのようにイニシャルを組み合わせたイニシャリズムという手法。これは代表的な例です。認知度はFBIやWHOという表現が圧倒的に浸透していて「何と言う単語の略称なのか?」を知っている人の方が少ないです。もし、ネーミングが長くなるような場合に、このような形で簡略化して考えてみるのも手法の一つです。

色々な方法でネーミングを考えてみよう

ネーミングを一般公募で募集する方法も一つです。行政機関では市民に街のスローガンを公募し、一体感を呼びかける手法を用いている所もあります。ビジネスの場合は目的は一つで「覚えて頂く=売上につながる事」なのです。今回の例は行政的な例で記していますが、ネーミングの考案方法は各企業が企業秘密にしたいという要素の一つではないでしょうか?それくらい売上に関る要素が高いものなのです。

おわりに

ネーミングは日頃身近なものだけに、あまり疑問を持たないものでもあります。それだけに変更には勇気ある決断が必要です。成功例もあれば失敗例もあります。ネーミングを考案するときに必要なのは「徹底した分析」です。その分析に時間を費やすからこそ、ヒットした時の反響も計り知れないのです。あなたの商品を10年後に知る人は今より増えているのでしょうか?それとも忘れ去られ減っているのでしょうか?ネーミングは考案から世に知られ、その後知られ続ける努力を経て、最後に成功の是非が問われる戦略です。今一度、今ある商品のネーミングに疑問を投げかけてみて下さい。ネーミングの変更以外にも何かが見えてくるかもしれません。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る