日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « キャラクターネーミングはこうして出来た!ご当地ゆるキャラの名前の由来まとめ

クラウドソーシング

  1. キャラクターネーミングはこうして出来た!ご当地ゆるキャラの名前の由来まとめ


キャラクターネーミングはこうして出来た!ご当地ゆるキャラの名前の由来まとめ


はじめに

a0782_000433
引用元: 写真素材 足成

最近よく聞く、大人気のゆるキャラたち。でも、実際ゆるキャラたちののネーミングにはどういう由来があるのでしょう。今回は、誰でも知っている人気のゆるキャラを事例に由来をまとめてみました。

くまモン

今や、大人気の熊本県のサプライズキャラクターを務めるくまモン。彼は2011度のゆるキャラグランプリの王者です。で、その由来は「熊本の人」を意味する「熊本者」これを「くまもともん」と読むそうで、そこから「くまモン」と命名されたようです。「モン」とう音がとてもかわいいです。彼のグッズの人気は他のゆるキャラの群を抜いております。元気でやんちゃなキャラなのはもちろんのこと、このネーミングの語尾に「モン」をつけたかわいいらしいネーミングがこの大人気の一端を担っているのです。

バリィさん

こちらは、ゆるキャラグランプリ、2012王者、愛媛県は今治市のキャラクター、その名もバリィさんです。今治だから「バリィさん」こちらもそのままの市名をもじっただけのネーミングです。今治市は焼き鳥が有名ということでこの鳥のキャラクターです。そして「バリィちゃん」ではなく、「バリィさん」なのはその風貌を見ていただければおわかりの通り、はらまきをした今治育ちのおじさん風キャラクターなのです。だから「ちゃん」ではなく「さん」です。一見すると聞き逃してしまいそうなことですが、いろいろなコンセプトがあるのです。

 

せんとくん

いわずと知れた奈良県の元祖ゆるキャラ、せんとくん。こちらも有名なゆるキャラです。奈良県のゆるキャラになって今や、人気者の彼ですが、ネーミングに関してはいろいろありました。実はこの奈良県からイメージする童子にシカの角が生えたキャラクターですが、最初は平城「遷都」1300年祭のマスコットでした。その上で、名前を一般公募で募集したのですが、少々のもめ事もあったのですが、そのまま「遷都」で、「せんとくん」に決定しました。そういった要因が話題となりニュースなどにも取り上げられ、知名度は急速に広がりました。なにがきっかけで人気が広まるかわからないものですね。

 

ご当地キャラクターのネーミングの共通点

a1180_003603
引用元: 写真素材 足成

どのゆるキャラもその県、市名などをもじっています。これが一番の共通点です。あと時代を反映してか、ゆるキャラの名前でフェイスブックやツイッターなどもかなりの数でやっています。そういった要素でもどこの街のキャラクターか、わかりやすいネーミングのほうが、すぐにファンにもなってもらえるのです。

キャラクターのネーミングに大事なこと

まずそのキャラが何県や何市のキャラなのかわかりやすいこと、呼びやすいことが一番大事なのです。

おわりに

一般的にゆるキャラのネーミングはわかりやすく、可愛らしいネーミングが親しみやすくて共感を呼ぶのです。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る