日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 必見!女性に支持されるネーミングを作る3つのコツ

クラウドソーシング

  1. 必見!女性に支持されるネーミングを作る3つのコツ


必見!女性に支持されるネーミングを作る3つのコツ


はじめに

MAR86_agabansasu500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ

ネーミングのポイントは、語感と商品のイメージとのマッチング。
語感とその商品のコンセプトとの一致です。

ターゲットに向けて効果的にネーミングを作らないと効果が薄い

さらに、その商品(サービス)のターゲットを絞り込んだネーミング開発が必要です。
商品の特性(やわらかい/ごつごつした、冷たい/あたたかい、リーズナブル/高級感など)
や年齢層、性別など、ターゲットにあったイメージであるかを確認します。

コツ①濁点をあまり付けない

ひとが心地よさを受ける「感性」には、女性ホルモン/男性ホルモンが作用していると考えられています。
思春期を過ぎたころから、男性は重低音系の濁音「G」「B」「D」「H」を含む力強い音感に共感します。
逆にこの濁音は、女性にとっては身体にだるく感じるため受け入れられません。

コツ②「サ行」「ラ行」の音感が好まれる

一般的な女性向け商品には、「S」=サ行「R/L」=ラ行系の軽やかな音が含まれるネーミングが多く見られます。
「サラ」(シャンプー)「ルナルナ」(女性サイト)「シャルレ」(下着メーカー)など、比較的清潔感やさわやかなイメージを訴求する商品に多く見られます。
また、雑誌では「LEE」「Ray」「Sweet」など、20〜30代のナチュラル・フェミニン系の雑誌に使われています。

コツ③流行を取り入れる

ネーミングにも流行があります。
一時期のネーミングは意味がわかりやすい英語が定番でしたが。
しだいに、フランス語や英語とフランス語等を組み合わせた造語「AQUA(水) ME(私に)=アクアミー」(シャンプー)「Vision(映像)era(時代)=ビエラ」(テレビ)など、また、説明的でなく音の響きでイメージを感じられるもの「サラサーティ」(生理用品)(「Wooo」(AV機器)、そして、また日本語の音をそのまま英語表記するパターンとして「Cawaii」「SAKURA」(雑誌)「キララ」(水の販売)などなど、ネーミングにもその時代の流行が取り入れられています。

まとめ:ターゲットごとのコツを押さえるとより効果的

雑誌のネーミングを例に取り上げても、そのターゲットと趣向は細かくセグメントされていることがわかります。
年齢別(10代—20代—30代—40代…)ファッションタイプ(ティーン・ギャル・ストリート・カジュアル・ナチュラル・フェミニン・コンサバ・セレブ・モード…)趣向(ヘアメイク・ライフスタイル・ダイエット・ブライダル・…)生活環境(学生・社会人・キャリア・主婦…)好きな色は?お花にたとえると?などなど。
これらを分析していき、イメージを絞り込んでいきましょう。

おわりに

C777_retoronakameratojyosei500
引用元: PAKUTASO/ぱくたそ

3つのポイントのおさらいです。
① 濁点を使わない。
② 「サ行」「ラ行」を使用。
③ ネーミングの流行を意識する。
これらを絞り込んだイメージにあてはめていきます。
ネーミングは感性です。イメージで言葉を組み立ていくうちに、心地のよい語感にたどり着くはず!

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る