日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 「俺のハンバーグ山本」と「俺のフレンチ」に学ぶ商標登録の注意点

クラウドソーシング

  1. 「俺のハンバーグ山本」と「俺のフレンチ」に学ぶ商標登録の注意点


「俺のハンバーグ山本」と「俺のフレンチ」に学ぶ商標登録の注意点


はじめに

a0002_009333
引用元: 写真素材 足成

俺のハンバーグ山本、俺のフレンチ、俺のイタリアン、俺のからあげ、俺のおでん、俺の麺など、俺の○○という飲食店は多数あります。どれも同じ経営者であるかというと、実はそうではありません。「俺のハンバーグ山本」と、「俺のフレンチ」は異なる経営者です。しかも、2社とも商標登録を行っているのです。最初に商標登録をすれば、後から経営している飲食店は商標権侵害にはならないの?と疑問を呼びそうですが、ここではなぜこのようなことになったのかについて説明していきたいと思います。

先にできたのは「俺のハンバーグ山本」

no983_1
引用元: 俺のハンバーグ山本

「俺のハンバーグ山本」を経営している会社は俺カンパニーで2005年6月に設立しました。それに対して、「俺のフレンチ」はVALUE CREATEという会社によって経営されて、その会社の設立は2009年11月とされています。飲食店の歴史的に見れば「俺のハンバーグ山本」のほうが古いのです。どちらも東京都内で展開している飲食店ですから、VALUE CREATEは「俺のハンバーグ山本」の存在はわかっていたでしょう。

後から申請した「俺のフレンチ」も登録される

「俺のハンバーグ山本」を経営している俺カンパニーは2007年に「俺のハンバーグ山本」を商標登録したのに対して、VALUE CREATEは「俺のフレンチ」を2009年に商標登録しています。この2つのネーミングはほとんど同じように見えますが、何が異なっているのでしょう。ポイントとなるのは、先に商標登録した「俺のハンバーグ山本」の商標登録の取り方です。「俺のハンバーグ山本」は、一般的な名前(山本)を含めたネーミングでのみ、商標登録と行ったと思われます。実際に登録されているロゴを見てみると、「俺のハンバーグ山本」では、山本をローマ字で記載し、文字も強調したようなロゴになっています。それに対し「俺のフレンチ」は、字体は「俺のハンバーグ山本」と大差はあまりないですが、縦書きか横書きかが異なるだけです。

no983_2
引用元: 俺の株式会社

「俺のハンバーグ山本」は商標登録を貸して収益を得ることもできた

もし先に商標登録した「俺のハンバーグ山本」が「俺の○○」で商標登録していたら、後から運営を開始した「俺のフレンチ」に対して、商標権の侵害を訴えることができ、場合によっては商標登録をレンタルすることで収益を上げることができたのかもしれません。とはいえ、それは後の祭りですよね。後から商標登録した「俺のフレンチ」の経営会社であるVALUE CREATEが上手く商標権を避けて登録したと言えます。

まとめ

このように似たようなフレーズやネーミングで商標登録をされているケースは他にもあると思われます。商標登録をする場合は、ヒットしそうなフレーズや商標権について、あまり限定した形ではなく、幅広く設定することが大切なのではないでしょうか。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

ネーミング募集のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る