日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 看板屋は看板を出さない?看板業界の真実!

クラウドソーシング

  1. 看板屋は看板を出さない?看板業界の真実!


看板屋は看板を出さない?看板業界の真実!


日本における看板屋は3種類に分類される。

02_1

日本では看板屋というのは、広告代理店と店舗装飾業者そして看板製作会社の3種類に分類されます。「看板製作会社」が実際に看板の制作を行う事が多く、他の2社からの下請けとして看板制作をすることも珍しくありません。そこで今回は、看板制作において知っておきたい、「看板屋」のご紹介をします。ぜひ看板制作の参考にして下さい。

引用元:ぱくたそ

看板屋は細分化された専門家の会社

ひとことで「看板屋」といっても、細分化された専門の会社になっています。それぞれ得意な看板があり、看板の素材や種類そして得意なデザイン等を看板にあわせて選ぶ必要があります。例えば印刷屋では、紙媒体だけでは無くのぼりなどの布地にも印刷することが可能で、ネオン屋は、ネオンサインを利用した看板制作の専門家ということになります。また、特殊な形状のディスプレイ看板ならアクリル屋ですし、特殊な溶接が必要な看板は鉄骨屋が専門となります。それぞれの特徴を理解して依頼する会社を選ぶことで、よりイメージに近い看板を制作することが可能です。

優れた看板は右脳に訴えかける!

02_2

引用元:freepik

看板で一番大切なことは「注目されること」です。優れた看板は、インパクトがあるデザインだけでなく、オリジナリティのある印象的なキャッチコピーも必要です。見た人が思わずアクションを取ってしまう看板とは、奇抜なカラーリングや、奇をてらったデザインでは無く、「右脳に訴えかける」ものです。ただ綺麗なだけでは無く、判りやすく見た人にメリットを提示できる看板が、優れた看板と言えます。キャッチコピーをデザインするという考え方も看板作成の大事な要素の一つです。

看板業界全体の落ち込みは激しい

02_3

引用元:freepik

看板は見る人の視覚に訴えかける、効果的な広告ツールですが、年々看板の制作をする企業が少なくなってきています。看板制作会社の多くは、零細企業で営業力が無いことも珍しくありません。需要の減少の煽りを受け、営業力の無い企業が別の事業を始めるケースもあります。看板業界全体で落ち込みが激しく、他社との差別化のために、更なるデザイン力や技術力が求められるケースも多くあります。看板業界の人材不足もあり、技術を高めるだけではなく、看板の新しい方向性を模索する動きもあります。看板だけでは無く、様々な販促ツールを手がける会社も増えてきました。

終わりに

看板業界全体が落ち込んでいる状態とされている今こそ、看板を活用してみましょう。周囲が看板を使わない今だからこそ、デザイン性の優れた看板を製作すれば、その分目をひくことが出来ます。ここで注意したいのが、ただ看板を制作するのでは無く、「効果的な看板を制作する」ということです。オリジナリティがあり、訴求力の高い看板を制作して、集客力UPを目指しましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

看板制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る