日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « コンテンツマーケティング関連、人気の本5冊を紹介します

クラウドソーシング

  1. コンテンツマーケティング関連、人気の本5冊を紹介します


コンテンツマーケティング関連、人気の本5冊を紹介します


マーケティング業界で一大ムーブメントなっているコンテンツマーケティング。ここではこの注目が集まっていますコンテンツマーケティング本をご紹介します。

コンテンツマーケティングとは何でしょうか?名前は知っているけど、実際にそれはどんなことを意味しているのか説明までは出来ない人も、多いのではないでしょうか?また、実際にどんなことをしたらコンテンツマーケティングになるのでしょうか?

コンテンツマーケティングの意味が曖昧だったり、またはこれから勉強したいという人も多いはずです。
コンテンツマーケティングの基礎学習に使える本を紹介します。

初心者にお勧め! 図解多め、ちょっとくだけた本

画像1
引用元:pixabay.com

最初はやはり、絵が多い本から初めてみましょう。一目瞭然という言葉あるように、イラストや図は理解の助けになります。

商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

Link:商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

タイトルはわりと過激ですが、内容は初心者に向いています。
またはコンテンツマーケティングという新しいやり方を学習したいミドル世代が、読者層のターゲットになっています。

コンテンツマーケティングについてプレゼンテーション風の図解が多用されています。基本的なことの繰り返しで、使われている言葉の意味やその解説などをを行っています。

事例の紹介も多いので、初心者の方が広く浅く学習するのに向いています。

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

Link:広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

爆発的な話題を呼んだ人気コンテンツの仕掛け人による、くだけた文章も魅力です。
誰もが知っているSNSのプロデューサーが著者です。

コンテンツマーケティングの「受ける」というポイントについて、実例や実績をもとに紹介されています。面白いことをどうやって展開するのかといった論理的な手段の解説です。

文書がライトなので非常に読みやすく、実例も「これ知ってる」という話題が取り上げられているので、コンテンツマーケティングをイメージしやすい本になっています。

ウェブライティングやSEO対策 中級者向け

画像2 (25)
引用元:pixabay.com

特定の分野のコンテンツマーケティングを勉強したい人には、分野に特化した本もお勧めです。

SEO対策のための Webライティング実践講座

Link:SEO対策のための Webライティング実践講座

Web専門の記事のありかたや、ウェブだからこその記事の書き方にポイントを絞って解説してあります。
SEOについても実践的内容が提案されています。

最新の基礎知識の学習、Webコンテンツの作成の仕方や、キャッチャーなコピーライティングなど、一通りのWebライティングについての学習本です。

実際に本書の実践通りにやってみたらPV数やCTRが上がって来たと、いう例もあります。
改めてSEOについて復習したい方にも向いています。

ランディングページ・デザインメソッド

Link:ランディングページ・デザインメソッド

Web制作のプロによるランディングページの考え方や設計の基本、コーディングやコンテンツの制作に関するガイド本です。

リスティング広告からのユーザーに何らかの行動をとってもらうにはどうするか?といった実践目線でコンテツ全体を理解することができます。ランディングページについて多くのページが割かれている点で、優れています。
ユーザーにうまくヒットするデザインとは何か、良質なコンテンツとは何か、といった分野について解説されています。デザイン系を志向している人にお勧めです。

実践的内容が濃い!上級者向け

画像3 (26)
引用元:pixabay.com

コンテンツマーケティングについてよく知っている人に向けた、実践的指南書です。

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略

Link:いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略

成長戦略グロースハックの業界第一人者が執筆しています。
アプリ、またはインターネットビジネスで起業を考えている人に適しています。これまでのサービスへの新しい一手の紹介や、グロースハックの解説だけでなく実践についても紹介されています。

プロセスも体系的に説明されているため、読み込むには事前知識が必要です。
タイトルには優しいとありますが、内容はマーケティングの経験豊富なレベルの人に向いています。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る