日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ブログ記事の書き方を知っておこう PV数の桁が変わります

クラウドソーシング

  1. ブログ記事の書き方を知っておこう PV数の桁が変わります


ブログ記事の書き方を知っておこう PV数の桁が変わります


手軽に情報を発信する手法は色々とありますが、ブログも人気ツールです。
かつては自分のものだった日記も、ブログの記事として公開することで多くの人に読んでもらうことができ、新しい繋がりを作ることも出来ます。

しかしブログは、書いたら読んでもらえる!とは限らないのが難しいところです。
PV数桁ちがいのブログ記事を書くためのコツを紹介します。

桁違いの秘訣 タイトル

画像1 (29)
引用元:pixabay.com

ブログ記事はタイトルがPV数(ページビュー)の8割を決めるともいわれるほど、大切な要素です。
500文字の記事でも1,000文字の記事でも、そのエッセンスをタイトルにつぎ込みます。

記事の顔(=タイトル)を作る

向こうから知らない人がやって来たとき、その人全体を観察しているつもりでも、意識の多くは顔に向かっているはずです。ブログ記事のタイトルは、人の顔と同じ要素とインパクトがあります。

どんな記事を書こうとしていても、必ずタイトルから考えます。
次に、タイトルにうまくぶら下げられる見出しを3つくらい考えます。その見出しのなかで強調したい要素を1~2個用意して、小見出しにします。

最初に記事の顔になるタイトルを作り、見出しを3つ用意し、見出しのエッセンスになる小見出しをさらに3つ用意する。記事は、これらの見出しに肉付けする形で膨らませていきます。

優れたブログは、おおむねこの形式を踏んでいます。

タイトルは30文字を意識する

検索サイトの上位に表示されたり、SNSでトップにあがってくる記事のタイトルは、30文字以内です。
タイトルが一行で表示されること、キャッチーでパワーのあるタイトルであることが必須です。

32文字以内が定番ですが、見た目のインパクトを損なわないためには一行で表示される31文字を目指します。30文字以内で抑えることを意識すれば、見た目の良さが違います。

アイキャッチ画像と配置

画像2 (26)
引用元:pixabay.com

タイトルと記事の用意ができたら、その記事を飾る写真と、記事を読みやすくする構成を考えます。

写真はオリジナルでもフリーでも構いませんが、記事内容をズバリ語ってくれるものであることがベターです。
写真と記事の配置は、ブログ内ではかならず統一します。

大見出し、アイキャッチ画像は用意されているか。
見出しと、見出しの入れ子になっている小見出しの繰り返しは保たれているか。
記事の配置は、初めて訪れる人でも見やすい配置になっているか。

ブログは、ぱっと見も勝負です。ブログ全体をコーディネートするつもりで構成を考えてください。

記事で注意する点

記事の注意点は多くありませんが、多くない分だけ力量を問われます。

自己紹介は、さりげなく挿入しておく
自分が誰であるかの自己紹介は、最初の方でさりげなく触れておきます。初めてブログを読む人のために、誰が書こうとしている記事なのかを宣言してください。

内輪ネタは避ける
特定の人にしか受けない、分からない記事は書きません。面白いと思っているのは内輪の人たちだけです。ブログ記事にしたいのなら、誰が読んでも意味が分かる程度にまで話を組み当てなおします。

文章の改行はスマートに
やたら短い改行は控えます。文節で目が飛ぶのが面倒になる人がいます。
やたら長い文も控えます。読むのに疲れたり、文章を理解するまで時間がかかると、読むのをやめてしまう人もいます。

強調したい一文は、短めにすぱっと切ります。
説明が必要な文は、「誰が、なにを、どうした」などのサイクルで一度改行します。続けて、「だから誰が、こうして、こうなった」のように、適切な区切りをつけるようにしましょう。

伝えたい人をイメージして書く

画像3 (27)
引用元:pixabay.com

最後の仕上げに、以下の点を再点検してください。

誰に向けて書こうとしてるかはっきりしてるか
ターゲットとなる人に向けて書いているかどうか、読み返します

翌日にもう一度、読み返す
一日おいて、翌日にもう一度読み返します。頭が冷静になっているので、昨日は気づかなかったような可笑しな文章や、こう書いたらもっと分かりやすい、という点がよく見えてきます。
このようなことを繰り返して、PVのカウンターを伸ばしてみてください。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る