日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 記事作成ツールを使って記事を書ける? 答えはノーです

クラウドソーシング

  1. 記事作成ツールを使って記事を書ける? 答えはノーです


記事作成ツールを使って記事を書ける? 答えはノーです


多くのインターネット利用者は、大手検索サイトから知りたい情報、読みたい記事を探しています。
企業の広告もこのような利用者の動向をよく知っているので、SEOなどの手法が確立されるようになりました。

ならば情報や記事も、ひと思いに一気に提供してくれる文章作成ツール、記事作成ツールがあれば便利なのでは?と思われますが、これがうまくいくはずがありません。

作成ツールについて紹介します。

自動で記事を作成してくれるって本当?

画像1 (30)
引用元:pixabay.com

自動記事作成ツールは、検索ワードとして必要なワードが備わっている既存の記事を流用することで、違った記事に組みなおしてくれるという機能です。

これがうまくいかない理由は、文意が読み取れないに尽きます。

読んでも理解できない記事

自動生成では、入力された元の情報を入れ替える、言い換えるを自動的に行うツールです。
人は、このような単純な入れ替えや言い換えだけでは文意を理解できません。なんの脈絡もない文章が生成されても、それを読む人がいないという状況を作ります。

検索サイトからやってきた人は、おかしな文章を読む意思を持っていません。
よってすぐにそのサイトを離れていきます。

このようなことが繰り返されると、検索サイトも手を打ってきます。自動生成ツールで作成された記事を載せているサイトを上位表示から除外していきます。

発信者が努力なしに情報を提供しようとしても、利用者が拒否し、検索サイトも拒否します。
自動生成された文章には価値が無いということになります。

在宅ワークで記事を書くのはオリジナル勝負

画像2 (27)
引用元:pixabay.com

ライティングの在宅ワークは件数が多く、ちょっと空いた時間を記事作成で稼げるのなら、このようなツールを使えば簡単じゃないのか…そんな風に考えるとまったく仕事になりません。

意味をなさない記事はクライアントがOKを出しません。書き直し、もしくは契約解除になります。

なら自分で記事を入れ替えて言い回しを変えればいいのでは?これもNGです。
クライアントは記事がオリジナルであるかどうかを、独自の検索機能を使ってチェックします。

結論は、記事は文意のあるオリジナルを書くしかないということです。そのオリジナル記事に対してクライアントは初めて報酬を支払います。

校正ツールは使い道あり!

画像3 (28)
引用元:pixabay.com

文章の誤字・脱字、表現などをチェックしてくれる校正ツールならば、使い道の価値があります。
無料で使えるツールが多く提供されていますが、日本語に特化したツールを使えば記事の品質を補強してくれる場合があります。

日本語ならではの日本語校正ツール

インターネットの基本はアルファベット、または半角数字です。
全角の日本語はややイレギュラーで、言語としてもたいへん難しい部類にはいります。

ひらがな、片かな、漢字、数字の共存、言い回しの多様さなどが記事を作成する際には重要になります。
そのような日本語独自の問題点をチェックできるのが、日本語の文章校正ツールです。

単純な例ですが、「さまざま」という言葉あります。「様々」でも意味は伝わります。「いろいろ」と「色々」も同様です。

どちらがより読みやすいか、フラットで文章が伝わりやすいかといった点も、このような校正ツールで判断にかけることができます。

読みやすい? 難易度もチェックできます

文章の読みやすさ、難易度を計るツールもあります。
小学生くらいの利用者でも理解できる文章か、大学生くらいに最適かなど、レベル分けしてくれます。

文章の形態を解析したり、要素を解析してくる校正ツールまであります。総文字数がカウントされるので、記事の文字数のチェック、行数のチェック、ひらがなと片かなの利用率も分かります。

形容詞や名詞、動詞のチェックも行ってくれます。
普段の会話やSNS投稿ではあまり気を配らないこのようなチェックも、しっかりした記事を書く上では必要になります。

さいごに

ここでは全てをご紹介しませんでしたが、自動ツールは多種多様です。
単語の置換だけでなく、複数の他社ページやニュースサイトから記事を流用するものや、元となる記事を分解・単語置換・再構築するものもあります。
どれもGoogleガイドラインに違反する行為となり大変リスクの高い行為です。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る