日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 記事広告とは? 広告と記事の中間型で集客するには

クラウドソーシング

  1. 記事広告とは? 広告と記事の中間型で集客するには


記事広告とは? 広告と記事の中間型で集客するには


記事広告は、一般的には広告と記事が一緒になったような形態をしています。
目的は、特定のブランドや商品、サービスなどを記事のようにみせかけて広告するという、ちょっと複雑な手段を使って行われます。

どうしてそんなことをわざわざするのでしょうか?
広告らしくしないのは、なぜでしょうか?

記事広告についてその概念、特徴などを紹介します。

アドバトリアル 広告と記事の融合

画像1 (31)
引用元:pixabay.com

アドバトリアル、すなわち記事広告の英語表記です。
アドバタイズメント=広告と、エディショナル=出版物・記事をくっつけた言葉です。

広告は本来、特定の商品や会社をPRするのに使われますが、記事は一般に公共性や公平性があることを前提にしています。なのでこれらがくっつくと、やや複雑な作り込みが必要となります。

ウェブ利用者は広告が好きじゃない

スマホやインターネットでSNSを利用していたり、知りたい情報を読んでいる最中に現れる広告は、利用者にとって目障りな場合があります。

画面が占領されたり、余計なポップアップを思わずクリックしてしまったりと、ユーザーは広告を好ましく思わない傾向があります。

しかしサイト運営側は広告の収入によって運営しているので、ユーザーと利害が一致しません。
そこで登場するのが記事広告です。

コンテンツに溶け込む記事広告

画像2 (28)
引用元:pixabay.com

これは面白い記事ですよ、といった感じで各種コンテンツに記事広告を同列で並べます。
ユーザーは、なにかの記事かと思ってそのコンテンツを楽しむためにクリックしたりします。

記事のような、それでいて何かの商品をアピールしているようなこのような記事広告は、インフォード型と呼ばれます。SNS、キュレーションメディアでよく見かけるタイプの記事広告です。

お勧め記事や、関連記事と並ぶ記事広告もあります。主体となる記事の下部などに「PR」などとちょこっと表示されていることが多いので、ユーザーにとって煩わしさがありません。レコメンドウィジェット型と呼ばれます。

ネイティブアドには条件あり

広告だけど、読み物だよという微妙なニュアンスを保つ理由は、広告だと分かってしまえばユーザーが素通りしてしまう傾向があるので、これを避けるためです。

よって記事広告としてクオリティを高めるには、一定の条件が必要となります。

ユーザーによく見てもらうには

まずはデザインが比較的フラットである必要があります。
「広告です!」という主張をせずに、さりげない記事の形をとります。「読んでみたら広告だったのね」というフラットさが求められます。

サイトの他のコンテンツと、ほぼ同様の作りになります。
目立たせずに、均一なスペースにさりげなく配置されています。周りのコンテンツから浮かないような配慮がされています。

効果測定は、クリック数やコンバージョンによらず、閲覧時間、滞在時間、シェアの回数などによって測られます。通常の、一般的な記事と同様の効果測定を用います。

効果はあるの?

画像3 (29)
引用元:pixabay.com

記事広告の効果は、いかにユーザーに見てもらうかの一点に尽きます。
記事広告の記事内容がうまくないと、ユーザーは一瞬で見るのをやめてしまいます。

たとえば売り込みのトーンが強すぎたり、広告と関連が無さすぎるといった記事だと、ユーザーが見ようとしません。広告だと気づけば、さっと離れていきます。
何を言いたいのかよく分からない場合でも、ユーザーがとる行動は同じです。

このような記事広告では、売り込みたい商品を文章によっていかに売ることが出来るか、という施策です。

例として、健康によいお茶があったとします。
このお茶は希少です!〇〇〇でしか収穫できません。しかも収穫量はわずかです。
美肌の成分がこんなに含まれています。有名な〇〇〇さんも飲んでいますよ!と、お茶の良いところを勧めます。

こうして記事の最後に、お茶の販売について紹介があり、じゃあ買ってみようかなという気にさせる。
これが、ネイティブアドが目指すゴールです。

中には、商品の認知を目的にした記事広告もあるため、全てが上記の型にあてはまるとは限りませんが、よくある一例として、理解頂けると良いでしょう。

さいごに

記事広告の扱い、表示方法については多くの議論があり、広告であることを隠すことは悪であるとの考え方が一般的です。
商品やサービスの認知を高める目的で記事広告を採用したにも関わらず、ブランド力を毀損する結果とならないよう、注意が必要な広告種類と言えるでしょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る