日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « コンテンツマーケティングとはそもそも何?概要と種類について

クラウドソーシング

  1. コンテンツマーケティングとはそもそも何?概要と種類について


コンテンツマーケティングとはそもそも何?概要と種類について


コンテンツマーケティングとは、潜在顧客や見込み顧客との接点を増やすために作られる記事や画像、動画などの情報や、
これらを活用し行われるマーケティング手法の総称です。

多くの企業は、コンテンツを活用し利益を確保したり、売り上げを拡大しようと考えています。
ここではコンテンツマーケティングの概要についてご紹介します。

コンテンツってなに?

画像1_comp
pixabay.com
最初に、コンテンツの定義や、その意味合いを把握しておきましょう。
コンテンツには、ブログ記事や動画、ソーシャルメディアでの情報のやり取り、商品や企業の広告など、多くのものを含みます。

見た目には多彩ですが、中身はひとつです。
意味のある情報を提供しているものなら、それはコンテンツとなります。

コンテンツとは、中身のことです。
中身をどのように表現するかで、記事になったり動画になったりと、姿を変えていきます。

コンテンツをユーザーに届ける手法の種類

画像2_comp
pixabay.com
コンテンツを活用したマーケティングを行うには、コンテンツをユーザーに届ける必要があります。
そのための方法がいくつかあります

その① 有料広告

サービスを提供する側が費用を支払いある媒体の枠を購入することで掲載できる広告のことを、有料広告といいます。
身近な例を挙げてみると、検索エンジンの上部に表示されるリスティング広告がわかりやすいでしょう。
リスティング広告とは、ユーザーの検索結果に連動して表示される「検索連動型広告」のことを指します。

リスティング広告にはターゲットとしている顧客に対してダイレクトにアピールすることが出来る、という利点があります。
検索エンジンを利用したユーザーの関心があるキーワードに連動することで、
広告をみて欲しいという人に狙いを絞ることが出来るため、注目を集めることが出来ます。

その② 自然検索

自然検索(オーガニックサーチ)とは、検索エンジンの中から先ほど説明した有料広告を除いた部分を指します。
ユーザーが気になる検索ワードをエンジンに入力することで表示されるのがこの自然検索ですが
最も重要なことは、いかにこの自然検索の中で自分のコンテンツを上位に表示させるかということです。

検索エンジンは入力されたキーワードからユーザーに有益な情報であると判断したコンテンツを上から順番に表示します。

逆に言えば、SEO対策などによって検索上位にコンテンツを表示することが出来れば、
有料広告のように費用をかけなくても莫大なページ流入を実現することが出来ます。

その③ SNS

画像3_comppixabay.com
Facebookのユーザー数は全世界で9億人、Instagramは月間アクティブユーザーが3億人、
Twitterの日本国内のユーザーは3500万人以上いると言われています。

SNSを活用したサイトでは、飛びぬけたSNS経由でのアクセスを獲得しています。
デジタルネットワーク社会となった現代においてコミュニケーションのハブとしての役割を担うSNSは、
優秀なコンテンツマーケティングツールとも言い換えられます。

より広いリーチを得るには、facebook広告やtwitter広告といったSNS広告が挙げられます。
SNS広告では、コンテンツを自然に届け、拡散させる効果が期待できます。
実際に多くの企業がコンテンツマーケティングにおいて、SNS広告を採用しています。

その④ 既存顧客

ここまで紹介してきた3つは、新規のユーザーや各媒体上で接点をもったユーザーが中心となりますが、
この「既存顧客」は異色で、過去に既存サービスや商品を購入したユーザーへのリーチとなります。
馴染みあるもので、DMやメールマガジン等が挙げられます。

過去の取引実績を元にアプローチ手法を変えたり、消費財を扱う企業であれば、
定期購入のPRを行うなど、これも立派な届ける手法の一つです。

さいごに

多数のコンテンツマーケティングをうまく活用すれば、回りまわってビジネスゴールに結びつくことになります。
ひとつのアプローチ導線にこだわる必要はなく、届けたいコンテンツごとに最良の手法を考えられると良いでしょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る