日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 記事作成のまえに! バズる秘訣3つを押さえておく

クラウドソーシング

  1. 記事作成のまえに! バズる秘訣3つを押さえておく


記事作成のまえに! バズる秘訣3つを押さえておく


ソーシャルネットワークでは、話題や投稿画像、映像をいかにバズらせるかがユーザー流入の秘訣です。マーケティング用語に「Buzz」という単語があります。ハチがブンブン飛んでる、みんなで集まって噂話をしている表現として用いられていて、バズ・マーケティングという手法となっています。

どうやったらバズる記事を書けるのか?
テクニックやアイディアには、基準となるルールがあります。バズる秘訣3つを押さえてから、さっそく記事を書いてみましょう。

①記事タイトルそのものが“バズる”

画像1 (41)
引用元:pixabay.com

記事、投稿が話題となってバズっている現象には、まず必ず、タイトル自体がバズる要素を持っています。
どんな要素を、どのように持ってくるか。じっくり考えるべき最初のポイントです。タイトルそのものが、記事PVの伸びや拡散を決めています。

鉄板ルール タイトルは32文字以内に

32文字以内のルールを覚えてきます。これはタイトルが表示される限度枠なので、ユーザーが一目で見やすいというメリットがあります。
30文字以内で表現できれば、SNS閲覧トップに来たとき、タイトル表示が一行に収まるので更に見栄えがします。

数字を賢く活用する

タイトルにテーマがあるかチェックします。
「驚き」がある。「疑問」を提起する。「発見・意外性」の面白みがある。「お金・収入」など誰もが気にしている。などなど。
このようなことを意識して、タイトルを決めます。

さらに「数字」を入れることでPV数が跳ね上がる現象はよく知られています。「5つの法則」「7つの知恵」と表現すれば、「知恵が7つもあるの?」と興味をひきます。
記事も明瞭に7つに分割できるので、読み手にも分かりやすい構成を組むことが可能です。

②話題になりやすい? 友達にシェアされることを意識する

画像2 (38)
引用元:pixabay.com

記事のタイトルがキャッチャーで、かつ話題が友人や仲間シェアされやすい内容なら、バズる要素が固まってきます。

弾む話になっているか

お喋りの場で、その話題が「弾む」話題かどうかもポイントです。
時流に乗った話題、意外性のあるトリビアネタ、「それってあるある!」とみんなで共有できる隠された一般性など、ネタとして弾むものを考えましょう。

話題にオチがあるか

友人と盛り上がって、かつ「オチ」まであれば完璧です。
「〇〇だと思ってたみたいなのに、でも本当は〇〇だったんだよ」というオチによって、最後まで話題を引っ張ることができます。
漫才ネタと同じで、オチがつかないネタは引き締まった感じがせずに、ぼんやりします。今ひとつバズることができないなら、オチをつけることを考えてみます。

③一話完結の読みやすさを意識する

画像3 (37)
引用元:pixabay.com

ぱっと火がつくためには、一話で完結しているかも重要なポイントです。友人と話題をシェアするには、一話に凝縮された面白さや興味深さが必要です。

誰に何を伝えたいか 一点張りでいく

一話の記事には、「誰に」「何を」伝えたいかを、ブレずに書きます。「何を」は、一つに絞りこみます。いくつものことを伝えようとせずに、一つだけに集中します。1記事につき、一点張りです。

次に伝えたい「何を」が見つかったら、それはまた別の記事にします。記事一本の中身に詰まっているのは、「何を」が、たった一つで十分です。ユーザーは「次の何を」を知りたくなり、ふたたび記事に訪れてきます。

アイキャッチな画像で「何を」を、強く表現する

伝えたいことを一つみつけたら、その記事を代弁するようなアイキャッチな画像を選択します。
見た目のインパクトは絶大なので、記事のタイトルとよくマッチした画像と組み合わせてあると、記事は一気に人目につきます。

読んでみたいと思わせるのは、言葉だけではなく視覚そのものも重要です。
人物に魅力がある写真や、構成がよく練られた写真など、人目を引く写真を選びます。記事タイトルを捕捉するような写真だったり、逆に記事タイトルの意味をもっと知りたいと思わせる意外性のある写真も、バズらせるための大きな要素となります。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る