日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 新聞記事の書き方に適した誠実でスマートな文章

クラウドソーシング

  1. 新聞記事の書き方に適した誠実でスマートな文章


新聞記事の書き方に適した誠実でスマートな文章


インターネットの普及によってだんだんと発行部数が減少しているといわれる新聞ですが、
それでも巷の旬のニュースをコンパクトにまとめて読むことが出来る非常に便利な存在です。
インターネットのニュースサイトもそうですが、テレビから流れるニュースのような受動的な形と違い、
自分の気になるトピックスを拾って読むことが出来る点が新聞に限らず印刷媒体の便利さです。

新聞が我々にとって常に身近な存在である最大の理由は記事を構成する文章力の巧みさに他なりません。
普段何気なく新聞を読んでいるほとんどの人が改まって意識することは少ないと思いますが、
新聞記事の文章構成はとても整理されており率直かつ、明瞭でとても誠実な文章といった印象を受けます。

文章力を勉強するなら是非とも参考にしたいのが新聞記事の書き方です。
新聞記事の文章にはどのような特徴があるといえるのでしょうか?

記事の文章は率直で無ければ読まれません

new_339242aadcb4c2068f96d63e093dd950_s
引用元:写真AC
新聞を始め、プロが書くいわゆる「記事」の文章で多くみられる共通項として
結論をなるべく早めに書き記して読者の興味を引くという手法が見られます。

新聞の場合は一行がおよそ13文字、10行で一段落という構成になっています。
記事内容の重要な部分は遅くても二段落までに記し、
その重要な内容に引っ掛ける感じの見出しをつけることが原則です。
機会があれば是非とも実際の新聞記事を読んで確認してみてください。
ほとんどの場合は二段落部分までに記事の主要な情報は記されているはずです。

このように新聞記事の文章はなるべく最初のほうで結論を出し、
そこから、なぜその結論に至ったかを解説するという流れが基本であり黄金パターンです。
そして記事の見出しも記事内容の結論と直結しているような、10文字以内の簡潔な内容が望ましいです。
変に捻った言い回しや冗長な見出しは歯切れの悪さを印象として与え、スマートではありません。
新聞を読む人の目的は決して興味本位や面白いもの見たさではありません。
そのためコミカルな文章のような娯楽性は必要ありません。全く別のベクトルと考えるべきです。

新聞を読む人が欲していることは単純に情報であり率直な事実です
(有名各紙では文化欄などでは多少のユーモアを意識的に取り入れています)。
そのため結論がなかなか見えてこないような、持って回った言い回しはNGです。
この点から考えても結論は遅くても二段落目までに伝えることが大切です。

起承転結の【結】から書き出すイメージ

物語の筋書きを考える際に基本となるのが起承転結ですが、同じ文章でも新聞記事を書く際の構成は全く逆です。
最初に起承転結でいうところの【結】の部分から書き出します。

その次に捕捉としての説明と続きます。この部分はすでに、時間があれば読んで下さいね、
というニュアンスの内容です。そして記者の主観となるような意見は最後に持ってくるべきです。

最後の主観となる意見は読まれないかもしれませんからそのくらいのつもりで、
そこを読まないと全体の意味が伝わらないような構成はNGです。
どうしても起承転結で書いてしまう癖のある人は、とりあえず自分の一番やり易い構成で書いて完成させ、
それを推敲するという形で整えていけば、多少時間はかかりますが、きちんとした形にすることは可能です。

そもそも良い文章を書こうと思ったらそれなりに時間がかかります。
とりあえず一度目は伝えるべき情報を詰め込むことに集中して書く、
そしてそれを手直しで読みやすい文章構成にするという二段構えで執筆するようにすれば
書いていて迷うことは少なくなるので結果的には効率が上がるでしょう。

新聞記事の文章構成は出来る限り早めに結論を述べ、
後半は時間のある人、興味のある人が任意で読むような構成にする。
時間のある人にも無い人にもそれなりに有用性のある記事を意識して、
余計な情報はなるべく省くようにして、スマートな文章を心がけましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
記事代行・コンテンツ制作のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る