日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 在宅レタッチャーのすすめ!主要メリットと副次的メリットを教えます

クラウドソーシング

  1. 在宅レタッチャーのすすめ!主要メリットと副次的メリットを教えます


在宅レタッチャーのすすめ!主要メリットと副次的メリットを教えます


はじめに

3557_1
引用元: 株式会社タカミコーポレーション

レタッチという仕事をご存じでしょうか?

写真をはじめ、画像を加工処理して仕上げる作業のことをいいます。一昔前までは、専門のソフトやノウハウが必要だったため、一般の人には馴染の無い作業でした。しかし、デジカメの普及にともなって画像がデジタル化されると、家庭用レタッチソフトやノウハウ情報が充実してきたことで、一般の人でもレタッチ作業が可能になりました。

始めてすぐに身につく技術ではありませんが、一度身につけてしまえば重宝する技術です。レタッチ技術を身につけて副業に活かしてみませんか?

レタッチ作業は在宅勤務可能

レタッチ作業ができるようになれば、画像加工を行う副業がやりやすくなります。レタッチ作業は対象となるデータをPCに保存しておけばインターネットに繋げなくても作業できるため、場所や時間を選ばない仕事です。要領が掴めるようになると数がこなせるので、一件あたりの単価が比較的高いレタッチ作業は、在宅の副業としては非常におすすめです。

ノルマは自分で決められる

レタッチの仕事は、世間の相場を見て自分で一枚あたりの値段を設定し、インターネット上で仕事を募集することも可能です。もちろん、作業のノルマも自分で自由に設定が可能です。企業に所属していると、ノルマの調整は困難ですが、在宅の副業であれば、それも回避可能です。在宅でやる理由としては、家庭を優先したい、子供の世話をする為、など時間に対して制約があるが故のケースが多いので、自分で仕事量をコントロールできるのは大きなメリットといえるでしょう。

働く場所や時間を自分でコントロールしやすいので、主婦の方にも人気です。

タスクマネジメントを自分で出来る

自分でコントロールできる、というのは逆に言えばタスクマネジメントを自分でする必要があるということです。在宅ワークを長く続けるためには、家族や周りの理解を得ることが重要です。チームで連携しないとできないようなシステム開発ワークであれば、在宅で働く場合もタスクの切りだしが難しいのですが、レタッチのような切りだしやすいタスクであれば、クライアントと自分だけのやりとりで、タスクマネジメントもしやすいでしょう。

まとめ

3557_2
引用元: イラスト日記 のっぽんぽん

レタッチでお仕事ができるようになることで、上記した以外にも副次的なメリットがあります。写真加工のスキルは、日常の場面でも多く活用できるのですが、結婚式やお祝い写真の加工や、古いアナログ写真のデジタル化などが挙げられます。その為、友人や家族などの依頼に応えることで、そういった人たちの幸せに貢献できる機会も得られるのです。

自分の為、周囲の人たちの為に、レタッチ作業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る