日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業をしていたら会社規定に違反する!?副業の定義とは?

クラウドソーシング

  1. 副業をしていたら会社規定に違反する!?副業の定義とは?


副業をしていたら会社規定に違反する!?副業の定義とは?


今回は副業についてです。副業という言葉はありますが、副業とは一体どこからどこまでを指すのでしょうか。

フリマやオークションで取引をしたら副業になるのか?
クラウドソーシングで1年で1度だけ仕事をして報酬を得たら副業になるのか?
空いている時間にスマートフォンでポイントサイトで稼いだポイントで商品券を得たら副業になるのか

など、副業の定義というものが気になった人も多いはず。
というのも、仕事や会社によっては、会社規定というルールで副業を禁止しているところもあるからです。さらに、この会社規定を違反してしまうと、会社をクビになったり、減俸になったりと、処分されてしまう可能性もあります。「たった1000円しか稼いでいないのに副業扱いにされ、会社規定を違反扱いになりクビになった」などあれば、もったいないですし、シャレになりません。

しっかりと副業について把握をしたうえで取り組むようにしていきましょう。

副業とは何なのか

1 (93)
引用元:写真AC

ウィキペディアによると

副業とは、「副業は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。サイドビジネス、兼業ともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。また、収入が形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される」とありますが、いったいどこからどこまでを副業と言うのでしょうか?

法律の専門家によると

副業の明確な定義というのはなく、基本的に本業とは別に収入を得ている仕事については副業と呼ばれるそうです。クラウドソーシングを通してのブログ作成やデータ入力、記事作成などや、株式投資、FX、アフィリエイト、フリマやオークションでの売買、アルバイトなど、多くの副業が存在します。

しかし、これらの副業をやっているからといって、必ずしも副業を会社規定で禁止している会社で違反扱いになるかというと必ずしもそうではないそうです。最終的にどこまでを副業とみなし、会社規定違反にするかは会社の判断になるそうですが、例えばフリマやオークションで販売し月に2万円稼いだというのも副業ですが、このころで会社規定違反になるかというと、ならないところの方が多いでしょう。

会社規定には副業禁止と明記してありますが、結局は、副業のやりすぎで本業が明らかにおろそかになっている場合など、目に余る場合のみだけが会社の規定違反になるそうです。とは言っても、会社によって、または調査する人によって、判断の仕方が違うので、1つの参考として把握をしておいてください。

副業は会社の規定違反になるのか

2asdfccx
引用元:写真AC

平均年収が減っていく中、副業で少しでも稼ぎたいと考える会社員は多いです。空き時間を利用して、株やFX、クラウドソーシング、アルバイト、フリマ・オークションなどの仕事をし、月に数万円〜数十万円の収入を得ており、場合によっては昇給をするよりも早く確実に稼ぐことができるようになります。

しかし、公務員をはじめ副業を禁止している会社もあります。これは、副業をすることにより、本業に支障がでる可能性があるため、会社規定で禁止されており、副業をした場合は規定違反により処分されるケースがあります。こういう時代ですが、会社規定で副業を禁止している会社はまだまだ多いです。

どこからどこまでが副業といえるのか

結局、副業というのは法律的に、ここからここまで、という枠は決まってないそうです。

特に副業に関しての会社規定がない場合は良いのですが、会社規定で禁止されている場合、副業の定義に関しては、その会社の判断によるものとなります。

一般的には、単発で稼ぐものは副業認知されず、その代わり、毎日のように収入を得る目的で反復継続をしていく仕事に関しては、副業とみなすところが多いようです。どちらにせよ、自身の勤める会社の副業に対しての会社規定をしっかりと確認したうえで、取り組むようにしてください。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る