日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業の日払いバイトって会社にバレるの?住民税の額でわかるんです!

クラウドソーシング

  1. 副業の日払いバイトって会社にバレるの?住民税の額でわかるんです!


副業の日払いバイトって会社にバレるの?住民税の額でわかるんです!


副収入を得るため、給与手渡しの日払いのアルバイトをした場合、副業として会社にはバレないのでしょうか?
それとも、会社にはやはり副業をしているということがバレてしまうのでしょうか?

副業をする際は、会社が副業禁止のところもありますので、十分に確認・注意したうえで取り組む必要があります。
今回は、日払いのアルバイトは副業としてバレないのか?について解説します。

日払いアルバイトの副業について

① (14)
引用元:写真AC

結論からいうと、手渡しの日払いバイトの場合でも、会社に副業はバレてしまいます。
なぜ、バレてしまうかというと、住民税の額で判明してしまうからです。

手渡しでアルバイト先からアルバイト代をもらった場合、バイト代を支払う会社の帳簿には、支給額等が記録されますし、税務署に「いつ、誰に、いくら払った」という情報が入るようになっています。

上記により、アルバイト代に関しても「いつ、誰が、いくら収入を得た」という情報は税務署・役所に入るようになるのです。

そこで、本業で務めている会社は、毎月の給料額をベースに住民税の計算をしますが、役所から会社に通知される住民税の額は、本業の給料とアルバイト代を足した収入額で算出したものです。

ここに差異が生まれることで、「何か別の収入を得ているようだ。副業をしているかも?」という具合にバレてしまう訳です。

例えバイト代が手渡しであり、年間の副業収入が20万以下で確定申告が必要ない場合だったとしても、住民税を理由に会社に副業をしていることはバレてしまうのです。

そのため、副業禁止の会社に在籍している場合は、日払いバイトでも引っ掛かってしまうことがあります。

副業禁止の場合であれば日払いアルバイトも難しい

② (14)
引用元:写真AC

数回のアルバイト程度であれば、会社も黙認するケースが多いと思いますが、年間で10万円を超える程度の副収入になる場合は、副業禁止の会社であれば指摘が入る可能性があります。

副業を行う場合は、まず、会社の就業規則をしっかりと確認しましょう。
その上で、どこまでの副業であれば問題ないのかを把握することが大事です。

副業の規定に関しては、一律で決まっている訳ではなく会社ごとに違いますので、しっかりと確認したうえで取り組みましょう。

もちろん、副業が問題ない場合でも、本業に支障が出ない範囲で行うようにしてください。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る