日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « ネットショップの経営は大変?自分の店が持てる喜びを持続させよう!

クラウドソーシング

  1. ネットショップの経営は大変?自分の店が持てる喜びを持続させよう!


ネットショップの経営は大変?自分の店が持てる喜びを持続させよう!


平日の隙間時間や土日の時間を利用して、自分のネットショップを起ち上げたい。

自分の好きなものを、自分の好きなように売る。

制約が多く、自分の思い通りにならない会社では、なかなか実現が難しいことですよね。
そんな副業でのネットショップ。憧れだけで終わらせないために、具体的にその実現を考えてみましょう。

準備・構想

1 (37)
引用元:pixaboy

一番楽しい時期かもしれません。しかし、何をどのように売るのか。そのために何が必要なのか。古本などを売る場合なら、古物商の許可取得が必要になりますし、他の店と同じ売れ筋商品だけを売っていても、なかなか売れるものではありません。

それに、品数でいえば大手サイトに敵うはずがありません。個人だからこそできる少数精鋭の商品ラインナップを、どのように見せて売るか、具体的に考える必要があります。

並行して、個人事業主等の登録手続きも事前に行っておきます。足場固めを着実に進めていきましょう。

ショップの起ち上げは1日でできる!

2 (53)
pixaboy

ネットショップ経営というと、まず市場への参入が大変というイメージがあるかもしれません。しかし、起ち上げるだけなら、様々なサービスを利用して、あっという間に実現が可能です。

ASP型サイト

まずstore.jp、BASE、等のASP型のサイトに登録します。

販売する商品の個数や種類によっても手順は異なりますが、オリジナルのHPで、まずは小さく始めたいということであれば、これらを利用するのが最も手軽です。

モール型サイト

Yahoo!ショッピング、楽天市場など既存のECモールに出店します。

Yahoo!についてはプレミアム会員になることで出店無料で、すぐに起ち上げが可能ですが、楽天の場合は出店料が必要です。サービスの良し悪しを比較して、希望に沿ったサービスを利用してください。

フリマ・オークションアプリ

あえて、独立したお店としてHPを持たず、メルカリやヤフオク等のサイトに出品する、という方法もあります。一度使ったことがある方ならご存じだと思いますが、検索性や知名度等を考えると、売りやすさだけならおそらくダントツかもしれません。いかに購入したいと思わせる商品紹介ができるかがポイントです。

継続は力なり、ショップ運営を続ける方法

こうしたネットショップサービスが充実しているおかげで、ショップの起ち上げはだれでも簡単にできるようになりました。しかし肝心なのは、続ける方法です

仕入れ・出品

仕入れが必要な場合、その時間と予算を確保することが重要です。

出品作業はできる限り効率化できるよう工夫が必要です。大手サイトへの出品であれば、テンプレートや出品ツールがあるケースもあるのでよく確認しましょう。この時間を短縮することで、限られた時間の中で多くの商品を掲載し、売上を伸ばすことができます。

宣伝・広告

商品を魅力的に伝えるのに費用が掛からず、最も効果的なのは方法として、Twitter、Instagramが挙げられます。

関心が高いと思われるユーザーや同業者をフォローし、商品の魅力をつぶやいていきます。特に最近注目度が高いのがInstagramです。写真の雰囲気を統一し、透明感ある写真を掲載、ハッシュタグを使うなどで検索性を高め、広くアピールしていく方法です。

決済・連絡・発送

基本的に既存サービスを利用しての出店であれば、決済や連絡の機能は整っています。あとは丁寧な対応と迅速な発送を心がけます。連絡は遅くとも24時間以内、発送も決済後2営業日以内が望ましいです。この対応によって店の信頼度が変わります。

検証・改善・更新

基本的な取引は上記の流れの繰り返しにはなりますが、長期的にショップを運営していく場合には、定期的に商品を新しくしたり、見せ方を変えたり、DMをはじめとした様々な案内を出したりと、顧客に飽きられない戦略が求められます。そのためにも、これまでの見せ方を検証し、改善・更新をしていく必要があります。

まとめ

副業の限られた時間の中で、これらすべてを一人で行うのはなかなか難しいかもしれませんが、
「自分のお店」を持つことの喜びはその苦労を吹き飛ばしてくれるに違いありません。

ぜひ、魅力あるお店づくりにチャレンジしてみてください。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る