日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 弁護士って副業できるの?所属しているところの就業規則がポイント!

クラウドソーシング

  1. 弁護士って副業できるの?所属しているところの就業規則がポイント!


弁護士って副業できるの?所属しているところの就業規則がポイント!


弁護士といえば、法律の専門家です。
その弁護士が、副業をしてもいいかどうかご存知ですか?

弁護士が副業をしていいかどうか?

1 (24)
引用元:写真AC

結論から言います、法律的には可能です。

弁護士になるには、国家資格である司法試験を合格する必要があります。

司法試験を合格した後、司法研修所にて研修を受けた後、試験を経て正式な弁護士と名乗ることができます。弁護士として仕事が可能になるだけで、必ずしも弁護士なる必要はありません。

弁護士として働く際、弁護士事務所や企業に属する場合や、独立して自分の事務所を開く場合などさまざまです。

弁護士が副業を考える時、法律的には可能ですが、自分が属している企業や事務所の就業規則が、どのように副業を規約しているかが問題になってきます。

就業規則で副業が禁止されているか

2 (23)
引用元:写真AC

弁護士といえど、企業や弁護士事務所に属していれば、一従業員として就業規則を守る必要があります。

多くの企業の場合、就業規則で副業に対しての規約を定めており、従業員はそれに従う必要があります。副業といっても、アルバイトや株式投資、不動産運営などさまざまですが、どの範囲を副業として扱うかについては、会社によって異なります。

例えば、親からマンションや山・山林などを相続し、所得が生まれる場合、それを副業といて扱うのかどうか、などです。

不動産運営については、副業としてみなさない場合もありますので、ご自分の会社の就業規則をきちんと確認するようにしてください。

公務員は副業が法律で禁止されている

3 (1)
引用元:写真AC

日本の労働法において、兼業することは禁止されていません。

ただし、自分が働いている会社の就業規則で副業が禁止はされている可能性はあるので、副業ができるかどうかは、会社の就業規則に従う必要があります。

一方、公務員は副業が禁止されています。弁護士であっても、公務員として働いている場合は副業をしてはいけません。

禁止されている副業が会社にバレた場合、直ちに懲戒処分されるわけではありませんが、副業の内容や会社側への影響、秩序などを考慮したうえで、懲戒するかどうかの判断がなされます。

どちらにしても、属している会社や組織の就業規則をきちんと確かめて、守ることが大事です。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る