日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業からの独立で失敗しないための資金管理とは?

クラウドソーシング

  1. 副業からの独立で失敗しないための資金管理とは?


副業からの独立で失敗しないための資金管理とは?


1 (1)
引用元:写真AC

インターネットの普及により、自宅で簡単に始められる副業が身近になり、多くの方がサラリーマンやOLの仕事をしながら副業を始めています。そして副業である程度稼げるようになり、副業に対するスキルや自信がついてくると、「副業から独立」ということを、少なからず意識してくるようになります。

しかしいざ独立といっても、突然会社を辞めてすぐに独立!というわけにはいきません
そこで、副業からスタートし、独立する為にやるべき3か条をまとめました。

1、独立してから、少なくても半年は暮らせる資金を用意する

独立した後の一番のリスクは、万が一思うように収入が得られなくなった場合の生活資金不足になります。もちろん副業からの独立なので、それ相応の収入が得られる可能性は高いですが、それでもやはり何が起こるかわかりません。何が起こっても、最低半年以上は生活できる蓄えは必ず持っておくようにしましょう。

2、独立後の資金不足回避のため、クレジットカードは、信用のあるうちに準備しておく

2 (1)
引用元:写真AC

副業の内容によっては初期投資がかかる場合があります。もちろん余裕資金があれば問題ありませんが、思わぬ出費や収入が少なかった時期など、持ち合わせが極端に減ってしまうタイミングが意外と来てしまう可能性があります。そういったときのためにも、保険としてクレジットカードを持っておきましょう。クレジットカードは、社会的信用が重要です。信用のない独立直後などは、カードが作れない可能性があるので、サラリーマンやOLなど、信用のあるうちに用意しておくのがベストです。

3、独立後の経費や出費をきちんと管理

会社勤めをしていると、給与明細から自動的に控除されるお金があります。健康保険料や厚生年金、税金などになりますが、独立すると給与という形態ではなくなるため、保険料や税金の支払いをしないといけません。得られた収入に対して、どれくらい控除支払いがあるのか、また、収入を得るために発生する経費などの支払いがどれくらいあるのか、しっかりと管理する必要があります。

独立には計画的な準備が必要

いかがでしょうか?
副業をしている間はサラリーマンやOLなどの本業があるため、出費をあまり気にする必要はありません。しかし独立すると収入も支出もすべて自己管理となりますので、しっかりと資金管理を行わないと独立後の生活に支障をきたす可能性があります。
そうならないためにも、独立を考えだした時点で、このような資金管理を視野に入れ、事前に準備しておくようにしましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る