日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業とWワークとはどう違うの?税金の違いまで徹底解説!

クラウドソーシング

  1. 副業とWワークとはどう違うの?税金の違いまで徹底解説!


副業とWワークとはどう違うの?税金の違いまで徹底解説!


副業とWワークとは?

1-90
引用元:写真AC

副業とWワーク。
アルバイト雑誌などを読んでいると、この二つの言葉はよく見かけるかと思います。
しかし、この二つの言葉について、聞いたことがあるけれど、実際にはどのようなものなのか、どのような違いがあるのかについてご存知の方は、意外と少ないのではないのでしょうか?

今回は、副業とWワークについて、そして収入にまつわる税金の違いについて、解説していきましょう。

そもそも、副業とは?

2-88
引用元:写真AC

副業とは、「本業以外に収入を得る行為」のことです。
このときの本業とは原則として「正職員として働いていること」を対象としています。
そのため、「平日は仕事をしていて、休日はフリーマーケットで自作のアクセサリーを趣味で売っている」という場合、「フリーマーケットで収入を得ている」部分については「副業である」といえます。

副業で稼ぐ場合、年間20万円以上の収入がある場合には、本業の収入に副業での収入をあわせ、決められた税率に基づいた所得税を納める必要があります。

中には副業そのものを禁止している企業もあるため、副業を開始する際には副業を規則として禁止していないかを確認することが、まず大切となります。また、合計した収入によって税率も変わりますが、正職員として社会保険に加入しているか、扶養している家族がいるかどうかなどによっても、支払う金額は変わってきます。

そのため、副業として年間20万円以上収入を得たい場合には、「どのくらい税率がかかるのか」「どれくらい稼ぐと副業をすることによって十分な収益を上げることができるのか」を事前に確認することが大切となります。

Wワークとは?副業との違いは?

3-91
引用元:写真AC

副業と並んでよく聞く言葉が「Wワーク」ですが、この言葉は「副業」と同じ意味でつかわれることがある一方で、「アルバイト」など、正社員として働いていない状態で仕事を掛け持ちしている場合に「Wワーク」という言葉を使うこともあります。

正社員として働いている場合には、副業の収入が20万以上の場合課税対象となりますが、非正規雇用の掛け持ちをしている場合には、二つ以上の仕事の収入合計が103万円以上となった場合に、課税対象となる場合があります。

Wワークをしている方の多くは、親や配偶者の控除を受けているため、103万以上となると控除の対象から外れてしまう可能性があります。そのため、Wワークとして働いている場合には、収入が103万円を超えないようにするように仕事量を調節する必要があります。

Wワーク・副業の始める際に気をつけることは

Wワーク・副業を始める際に気をつけることは、スケジュール管理です。正社員の方は、本業後の夜や休日に仕事をすることになります。
そのため本業が忙しい時期にWワーク・副業の仕事が重なると、納品に間に合わなかったり、Wワーク・副業先に出勤できなくなってしまう場合があります。そうなると、勤めている企業に迷惑をかけてしまうことになりかねません。

自分のペースでWワーク・副業を始めるには

本業の忙しい時期や急な予定が入ってしまうのが不安でWワーク・副業を始めたくても始められない方が多くいらっしゃいます。そんな方におすすめなのがクラウドソーシングです。
クラウドソーシングなら、仕事の応募から契約、報酬の受け取りまで全てオンラインで完結するため、パソコンさえあれば、Wワーク・副業ができます。
クラウドソーシングならいつでもどこでもWワーク・副業をすることができます。

日本最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」なら、仕事の種類は246種類。データ入力やライティングなど未経験でもできる仕事から、デザインや翻訳、開発などのスキルや経験が活かせる仕事まで幅広く掲載されています。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る