日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業するなら節税の知識は必須です!事業所得について知っておこう!

クラウドソーシング

  1. 副業するなら節税の知識は必須です!事業所得について知っておこう!


副業するなら節税の知識は必須です!事業所得について知っておこう!


節税の知識

引用元:写真AC

副業をしていると、会社が通常してくれている税金に関する手続きも自分でしなくちゃいけなくなりますよね。

いざ自分で手続きする際に税金を払いすぎたり、脱税にならないように、これからお話しする内容をしっかり把握しておいてください!

■確定申告について知ろう

確定申告を知ろう

引用元:写真AC

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日まで自分が得た所得を計算して申告・納税をする手続きのことをいいます。
個人事業主はもちろんのこと、会社から給与が支給されているサラリーマンであっても、申告の対象となることがあります。

というのも、「源泉徴収」という形で事前に税金を納めていた場合に、実際に得た所得よりも多く税金を納めていた場合は、確定申告によって過剰に払っていた税金が戻ってくるというケースがあるからです。

つまり、確定申告は税金を計算することで、事前に払っている税金との清算を行う手続きである、といえます。

■事業所得と雑所得

事業所得と雑所得

引用元:写真AC

事業所得とは、その事業から生ずる所得のことをいい、雑所得とは分類できないその他の収入のことをいいます。

どういったものがそれに該当するかですが、例としては公的年金、株やFXなどでの利益、副業として行った講演料や原稿料、インターネットオークションでの売り上げなどがあげられます。

よく「副業は雑収入として挙げられる」とありますが、それらはこの「副業として行ったもの」が含まれていることに由来します。したがって、副業で得た所得が「事業所得」であれば、損益通算の制度によって、事業所得の赤字分を給与所得から控除することが可能なのです。

あなたが副業をする場合は「事業所得」と「雑収入」の違いと、控除についての知識を事前に身に着けておくようにしましょう。

■副業の赤字に要注意!

赤字に要注意

引用元:写真AC

先ほどご紹介した損益通算の制度を悪用して副業をわざと赤字申告し、給与所得を減らすことで、納めた所得税を還付させる脱税が話題になったことがあります。

継続的に発生する収入が「事業所得」なので、はじめた当初ならともかく、毎回赤字の事業はそもそも事業として成り立っているとはいえません。

このようなケースでは税務署の目も厳しく、脱税が発覚する可能性は極めて高いといえます。
制度を悪用せず、きちんと計算して正しい金額の税金を納めるようにしましょう。

■まとめ

今回ご紹介した内容は、国民の義務である「納税の義務」を果たすためにも、必ず押さえなくてはならないポイントです。
適切な税金に対する知識を身につけて、上手に節税するようにしてください。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る