日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 副業するなら知っておこう、非課税所得について

クラウドソーシング

  1. 副業するなら知っておこう、非課税所得について


副業するなら知っておこう、非課税所得について


副業時の非課税

引用元:写真AC

副業をしていると税金の話題からは逃れられません。

稼いだ額によって確定申告が必要になると、手間も加わってくるのでいくらからこういた手続きが必要になるか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、確定申告が不要な非課税所得についてのお話です。

■非課税の条件

非課税の条件

引用元:写真AC

非課税と判断されるには、「前年の年収が20万未満の場合」となります。

よって、今年どんなに稼いでいても、前年の年収が20万円未満であれば、確定申告をする必要はありません。

■非課税所得とは

非課税所得とは

引用元:写真AC

収入として得るものの中には、「非課税所得」というものがあります。

非課税所得とは所得税がかからない儲けのことで、オークションやフリーマーケットなど生活に必要なものを売って得たものや、失業給付金、宝くじで得た収入などが該当します。

よって「非課税所得で稼ぐ」という方法もあります。

■こういう場合には非課税になりません

非課税にならない場合

引用元:写真AC

年収20万円未満であれば非課税となりますが、実は例外があります。

それが「2か所以上で給与所得を得ている場合」です。

金額の比率に関わらず、2か所以上で給与所得をしていれば、課税対象となるため、確定申告が必要となります。

■会社にバレないためにも

バレない為に

引用元:写真AC

非課税について調べている方の多くは、「本業である会社に副業がバレることを危惧している」と思います。

本業である会社にバレないようにするためには、副業を年収20万円未満に抑える、もしくは確定申告を自分で行うなどの対策が必要です。

逆を言えば、何の対策もしないで副業を始めてしまうと高確率で本業にバレてしまう、ということです。

中には本業が副業そのものを禁止している会社もあるため、もしバレてしまうと本業に多大な影響を及ぼしかねません。

副業を始める際には、「本業が副業を禁止していないか」、また万が一バレてしまっても大丈夫なようにあらかじめ対策を練っておく必要があります。

■まとめ

副業を成功させるには、本業とうまく両立させる必要があります。

特に副業がバレてしまう原因として挙げられているのが「収入が増えたことで税金が高くなっていたから」ということがあげられます。

税金については、本業の業種によって様々な対策方法がありますので、それらを事前によく調べて置き、必要な知識を得た上で行うことをお勧めします。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る