日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 特別徴収って何?副業をする際に注意する特別徴収とは?

クラウドソーシング

  1. 特別徴収って何?副業をする際に注意する特別徴収とは?


特別徴収って何?副業をする際に注意する特別徴収とは?


特別徴収って?

引用元:ぱくたそ

突然ですが特別徴収って言葉、ご存知ですか?

副業を何年も行っていて自分で確定申告をしている方にとっては知ってて当たり前の話かもしれませんが、今年初めて副業をしたような確定申告をしたことがない人にとって馴染みがないかもしれません。

これまで会社に頼って税金を払ってもらっていると、確定申告をする必要がなく、特別徴収の存在を知らない方もいるのではと思います。

しかし、副業を始めた方、特に会社に黙って始めた方は、特別徴収のことを知らないと後々大変なことになるかもしれません。

■実は会社が払っていた特別徴収

会社が払う

引用元:ぱくたそ

通常、会社が給与を振り込む時に税金を差し引いています。その際、様々な種類の税金を払ってくれているのですが、特別徴収もその内の1つです。

特別徴収とは簡単に言うと住民税のことです。住民税を払う方法には特別徴収と普通徴収の2つがあり、特別徴収は事業主が給与から自分が支払う住民税を天引きして、自分の代わりに住民税を納めてくれる制度になります。

■副業をしていると起こる特別徴収の問題点

特別徴収の問題点

引用元:ぱくたそ

住民税は、お金を稼いだ分によって納める金額が違います。特別徴収だと会社の給与に加え副業で稼いだ金額の住民税が事業主に請求されてしまうので、請求された金額で会社に副業の存在がバレてしまいます。

■会社に副業がバレないようにするためにできること

バレないために

引用元:ぱくたそ

副業をしているのに、特別徴収によって住民税を納めていると会社に副業がバレてしまう可能性が高いです。副業がバレないようにするには、副業の住民税を普通徴収で納める方法をおすすめします。

普通徴収ならば住民税の請求が自分のところに来るため、会社に副業がバレる可能性が下がります。しかし、必ずバレないという保証があるわけではありません。

副業が給与所得で入ったり、赤字になってしまうと、副業の普通徴収として認められません。つまり会社にもその分の金額が徴収されてしまう為、バレる可能性もあるのです。

普通徴収を使っても絶対にバレないとは限らないことに注意しましょう。

■まとめ

会社にバレないように副業をするのなら、副業で稼いだ分の住民税は普通徴収で納めるようにしましょう。

副業の給与のもらい方によってはバレる可能性もよりますが、普通に特別徴収で納めるよりもバレない可能性は高いです。

もし万が一バレた時の対応を考えて副業をするのがいいでしょう。

あなたにぴったりの副業
おすすめ副業特集

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
副業のお役立ち情報ページの上部に戻る
▴ ページ上部へ戻る